NHKプラスで音が出ない!音が途切れてしまう!詳細と対処法を徹底解説

2020年3月1日より、スマホでもNHKの番組がリアルタイム・タイムシフトで視聴できる「NHKプラス」がリリースされました。

ただ、リリース初日よりアプリ版のみで、音が出ない・音が途切れるといった不具合が発生しています。

NHKプラスで音が出ない・音が途切れるしまう原因や対処法を徹底解説していきます。


NHKプラス 音が出ない!途切れる

音だけが止まって映像が流れる

NHKプラスは、NHKのテレビ番組を放送と同時に視聴することができます。
更に、放送日から7日間の間は、見逃した番組を見ることが可能です。

ログインなども必要がないのですが、番組を見ていると音がだけが急に止まってしまい、映像だけが流れる不具合が発生しています。
映像は流れているので、通信環境には問題はありませんが、サーバー側に問題が発生している状況です。

音が途切れながら聞こえる

映像と音は流れているものの、時折プツッと音が途切れてしまう不具合も発生しています。
音が途切れてしまう事で、ニュースなどの重要な部分が聞き取れないといった問題が発生してます。

しばらくすると音が止まってしまい、映像も止まってしまうといった状況も確認できています。

他のアプリを起動させていると聞こえない

NHKプラスは、他のアプリを起動していると音が聞こえなくなってしまいます。
通常、アプリは画面に映し出しているものが主音声として流れます。

ただ、NHKプラスでは主音声への切り替えが上手くできていません。アプリのシステム障害といえるでしょう。

バッググラウンドには非対応

バッググラウンドは、他のアプリを開いたり、ホーム画面に戻っても音声が流れるといった機能になります。
NHKプラスは流しながら、他の操作をするといったバッググラウンド操作には対応していません。

NHKプラスの音声を聞きたいのであれば、メインの画面に表示させ続ける必要があります。

アプニャン
ただ、コントロールセンターを呼び出した状態であれば、音声は流れ続けます。

特定の条件・番組は音が途切れやすい

NHKプラスでは、大リーグのニュースなどの特定の番組で音が途切れやすいです。
特に、海外中継の番組やNHKがネット配信契約を結んでいないものが条件に当てはまります。

他にも、iPhoneでは問題はありませんが、iPadだと途切れやすいなどの端末のスペックが大きく配信に影響しています。

端末側が問題の可能性もある

NHKプラスでは、いくつかの不具合が生じていますが、端末に問題がある可能性もあります。
新しく購入した端末だからと言って、初期不良などがないということでもありません。

NHKプラスで音が聞こえないときは、一度他のアプリも起動してみてください。
そこで、音声が聞こえない場合は、端末の不具合の可能性もあります。

イヤホンで聞くなどを行い、端末の不具合が発生していないか確認してみましょう。

対処法

NHKプラスの設定を変える

NHKプラスは設定画面より、再生環境などを変えることができます。

ポイント

  • 画質(モバイル回線)
  • 画質(Wi-Fi回線)
  • 音声
  • 字幕
  • 連続再生
  • サイレントスイッチ連動

画質を落とすことで、通信量を抑えることもできます。

またサイレントスイッチの連動を解除することで、端末でマナーモードを有効にしたときに音声が流れるようになります。
サイレントスイッチと連動したくない時は、オフ(左)にしておきましょう。

設定画面はホーム画面の下部右端をタップすると開くことができます。

起動しているアプリをNHKプラスのみにする

NHKプラスは、他のアプリが起動していることで、音がならないことがあります。
他のアプリは、閉じてNHKプラスだけを起動させましょう。

タスク画面は画面下部orホームボタンのダブルクリックで行えます。
そのまま、起動しているアプリに触れながらスワイプすることで、強制終了が完了します。

それでも、治らないときは、NHKプラスも一度閉じてしまい、再起動させるのがおすすめです。

マナーモードを解除する

気付かないうちにマナーモードをオンにしている可能性があります。
NHKプラスはデフォルトの状態では、マナーモードがオンの状態だと、音声は流れません。

iOSの場合は端末の左側のスイッチを切り替えることで、マナーモードのオン/オフを切り替えることができます。

Androidの場合は音量ボタンを押すと、ベルマークが表示されます。
ベルをタップすると、ベルに射線が入ったり、端末が震えているようなマークが表示されます。

ベルマークのみが表示されている状態がマナーモードを解除している状態となっています。

端末の音量ボタンを調節してみる

マナーモードを解除しても、音量が出ない場合は、端末の音量ボタンを確認してください。

iOSの場合は音量ボタンは左にあり、Androidの場合は右にあることが多いです。
音量を上げるためには、ボタンの上を押し続ける必要があります。

画面上に、音量のステータスバーが表示されるので、白くなっていけば音量が出ます。
もう一度NHKプラスを起動し、音声が流れるか確認してみましょう。

Bluetoothによる接続がないか確認する

気付かないうちに、Bluetoothに接続している可能性もあります。
Bluetoothに接続された状態だと、端末から音声が流れることはありません。

そのまま、イヤホンなどを使って聞くのもいいですが、端末から聞きたい場合は、解除しなければなりません。

Bluetoothの解除は、コントロールセンターから行えます。
画面右上or画面下部よりスワイプで、コントロールセンターを呼び出し、画像のマークをタップするとBluetoothとの接続が解除できます。

ポイント

また、Bluetoothの接続機器の電源を落とすことでも、接続の解除は可能です。

ブラウザ版で視聴する

NHKプラス

アプリ版で正しく音声を聞くことができない場合は、ブラウザ版で視聴してみましょう。
NHKプラスはアプリだけでなく、ブラウザ版でもリリースされています。

ログインなどの必要はないので、アクセスし聞いてみましょう。

イヤホンなどを使う

端末から音が流れない場合でも、イヤホン接続を利用することで音声が正しく流れることがあります。
iPhone7以降はイヤホンジャックがありませんが、Bluetoothでの接続であれば、イヤホンの使用は可能です。

他にもスピーカーなどと接続することで、正常に音声が流れるかもしれません。

その他の一般的な対処法を試す

ポイント

  • 端末の再起動
  • アプリの再起動
  • ルーターの再起動
  • 機内モードのオン/オフ
  • 通信環境の改善
  • LANケーブル関連のトラブル
  • OSのアップデート
  • 再インストール
  • 時間をおいてからアクセス

他にもアプリ側のトラブルだけでなく、通信環境が不安定な事により、音がでないなどの不具合が発生している可能性があります。
上記のような一般的な対策を行い、不具合が改善するか確認してみてください。

これらの対処法を試しても、問題が解決しない場合は、NHKに問い合わせなどを行いましょう。

NHK「SONG OF TOKYO」をスマホで無料で見る方法を徹底解説!

 

-オンラインTV
-

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.