解説、アプリの使い方

SNSデイズ

動画編集アプリ「ビデオリープ」が重い・落ちる!詳細と対処法を徹底解説

更新日:

今回は、動画編集アプリ「ビデオリープ」が重い・落ちる!詳細と対処法を徹底解説していきます。

動画編集においてiPhoneアプリの中で最も優秀と言われているビデオリープですが、最近では不具合が頻繁に起こるようになっていました。

主な不具合は「落ちる・重たい」といった不具合ですが、どのような対処法があるのか等を下記で解説していきます。


ビデオリープが重くて使えない場合の詳細

スマホアプリだけどPCで編集する動画となんら変わりないクオリティの動画を作り出すことができる「ビデオリープ」を使って音MAD等の動画を作成している人は多いです。

ニコニコ動画やYouTubeの動画にも、このビデオリープを利用した上で投稿・編集されている動画もたくさんありました!

しかし、このビデオリープ使用にあたって、いくつかのエラーが発生しています。

ビデオリープが落ちる・重たくなる等の症状がある

ビデオリープで起こっている主なエラーは「ビデオリープが落ちる」「ビデオリープ使用中に重たくなる」といった不具合です。

落ちるというのは文字通り「強制終了」してしまう症状で、今まで作成していた編集等も全て無駄となってしまう可能性があるエラーです。

使用中に重たくなった場合は、軽くなったタイミングで編集を保存すれば問題はありませんが、重たい状態が続くとアプリがフリーズしてしまい、編集することも保存することもできなくなります。

どちらも動画を作るにあたってあってはならないエラーなので、この症状が出るという人は早急に対策を取った方がいいです。

原因はアプリ内エラーか動画読み込みエラー

ビデオリープでエラーが起きてしまう原因については様々なものがありますが、主な原因は「アプリ内の一時的なエラー」か「読み込みに関するエラー」です。

例えば、編集する予定の元の動画が重たすぎるせいで、読み込みに時間がかかりアプリがショートしてエラーが起きてしまうのだと考えてください。

アプリ内でエラーが起こっている場合は、自分の端末が原因(容量不足等)である場合と、アプリ全体で不具合が起こっている可能性が考えられます。

これらの原因によってぴったりの対処法があるかもしれないので、確認しておくようにしましょう。

また、上記画像のように「アクセス許可をしていないせいで出るエラー」も存在します。

カメラや写真へのアクセスは必ず必要ですし、ビデオリープ内のBGM(サウンド)を使うのであれば、ミュージックやビデオ履歴のアクセス許可も必要です。

アクセスを許可していないと「おや?何かがおかしいです」等と表示されます。

機能面で出るエラーについて

アプリが落ちる・フリーズする・重たくなるといったエラーは「アプリを使っていて起こるエラー」です。

それとは他に、ビデオリープの一部機能を使っていてエラーが起きる可能性も考えられます。

下記が、機能面のエラー一覧です。

機能面のエラー

  • 動画が保存されない
  • 動画が消える
  • 音ズレが起こる
  • 一部機能を利用できない
  • カットしたはずの部分がカットされていない状態で保存される

など

どのエラーも「完成した動画に関係ある不具合」なので、これらの不具合が出た場合、どうしても完成動画の質が悪くなってしまうでしょう。

絶対に避けたいエラーですが、この原因の大半は「アプリ側のエラー」が原因なので、ユーザーではどうすることもできない可能性があります。

ビデオリープを一通り使ってみて、使えない機能(おかしな機能)がないか等を調べた上で、対処法を取った方が効率がいいです。

ビデオリープが重い・落ちる場合の対処法

ビデオリープが重い・落ちる場合の対処法を紹介します。

主な不具合として有名な重い・落ちる・フリーズするといった不具合以外の機能面の不具合も、下記の対処法で解決できるかもしれません!

どのような対処法があるかを見ていきましょう。

編集する動画を変更してみる

ビデオリープでは大抵どのような容量の動画でも編集を行うことはできます。

しかし、あまりにも重たすぎる動画だった場合、動画編集時に重たくなるエラーが出やすくなってしまいます。

重たい状態を放置していたらいつか強制終了等の二次被害に遭ってしまいますので、重たいようなエラーが出た場合も油断はできません。

一度そこまで重たくない動画編集に切り替えてみて、それでもエラーが出るか、それともエラーが出ないのかを確認することが大切です。仮にエラーが出るのだとしたら、動画の容量が原因ではないでしょう。

無料だと使えない機能を使おうとしていないかチェック

ビデオリープには「有料プラン」と「無料プラン」がありますが、一部機能は有料プランでないと使うことができません。

例えば、プレミアム素材を使った画像の加工や一部ミュージック使用、昔は有料プランでないと動画書き出しもできないという状況でしたが、今は無料プランでも動画書き出し(保存)は行えます。

自分が今から使おうとしている機能が有料プランでしか使えないという場合は、無料プランに登録していたとしても、使うことはできません。

使おうとしている機能は無料で使えるかどうかを調べた上で、ビデオリープの機能を活用してください。

アクセス許可しているか確認

ビデオリープを利用するためには、「写真」「音楽」「メディア」のアクセスが必要です。

設定画面から「ビデオリープ」を選択することで、アクセスの状態を確認できます。

上記画像のように「写真」と「メディアとAppMUSIC」という項目があるので、どちらともオンにしてください。

また、ビデオリープアプリで音楽やアルバム内の写真を使おうとした時に、自動でアクセスに関するポップアップが表示される仕様となっています。

この時に「OK」を押しておくことで、上記の設定からアクセスチェックを行う必要なく、アクセスを許可できるでしょう。

スマホ・アプリの再起動

スマホ本体やビデオリープアプリを再起動させて、一時的な小さな不具合を解消するという方法もあります。

ただし、万が一フリーズや重たいエラーが発生した場合、再起動した場合はアプリをもう一度開くことは注意しておいてください。

ビデオリープは全て自動編集保存なので問題は起こりづらいのですが、少し前に編集した内容だけ保存されていなかったというケースも実際に存在します。

通信環境をチェック

動画の読み込み・書き出しにインターネット通信が必要なケースもあります。

そのような場合は、スマホのインターネット環境(WiFi等)をチェックして、インターネットにすぐに繋ぐことができるか(繋がっているのか)を確認してください。

WiFiに繋がっていなかった場合は通信に関するエラーは出やすくなりますし、ルーターのエラーが出ていると、スマホだけでなく有線でインターネットに繋いでいるPC等も利用できなくなります。

スマホの容量をチェック

例えば、スマホ本体のストレージ容量が少なかった場合、ビデオリープで動画を書き出し(保存)する際にエラーが生じる可能性が高くなります。

書き出して保存されるはずの動画をダウンロードしたら、スマホストレージの容量がさらにギリギリとなってしまうからです。

このような場合は、スマホ内にインストールされている要らないアプリ等をアンインストールして、動画ダウンロードを試してみてください。

アプリの再インストール・更新

ビデオリープアプリの再インストールも有効です。

GooglePlayやAppStoreをチェックして、アプリページから更新できるのであれば、新しいデータに更新した上でビデオリープの機能を使うようにしてください。

再インストールする場合でも、無料プランしか使っていないのであれば、パスワード等をあえて入力する必要はなく、スムーズに再インストールしたのち今まで通り利用することができるでしょう。

他の動画編集アプリの使用を検討してみる

どうしてもビデオリープを使うことができないのであれば、他のビデオリープと似た動画編集アプリ(ソフト)の利用も考えておいてください。

例えば、iPhoneのスマホにデフォルトで設置されている「iMovie」でも動画編集が可能で、動画のカットや文字付けたしを行うことはできます(実際の機能は有料ビデオリープと比べるとやや乏しいです)。

スマホやPCに拘らないのでしたら、PCで利用できるような「AviUtl」「Windowsムービーメーカー」「VideoStudio」といった有名処の無料動画編集ソフトもおすすめです。

問い合わせについて

日本のアプリは専用公式サイト等が用意されていて、そこから問い合わせを行うことができます。

しかし、ビデオリープの場合は公式サイトが存在しない(少なくとも日本版は存在せず、英語入力でないとGoogleで検索ヒットしないので海外版も出てこない可能性が高い)ので、アプリ内から直接問い合わせを行う必要があります。

まずは、上記のホーム画面(動画編集画面)の左上にある、本のアイコン(ヘルプアイコンです)をタップしてください。

ビデオリープには機能の使い方等が詳しく明記されている専用ヘルプページがアプリ内に存在します。

この一番下に「お問い合わせ」という項目があるのですが、こちらをタップしてください。

ここから「新規メッセージ」扱いでEメールが開かれるので、ここで問い合わせ内容を入力して、運営に送信(メールアドレスは自動で記載されています)してください。

ビデオリープのストア内レビューの中に「海外で運営されているので英語で症状を記載した方がスムーズに対応してもらえる」とのことでしたが、日本語でも一応は対応してくれます。

ただし、翻訳等に時間がかかってしまうからか、どうしても対応が遅れてしまう可能性があるのだと考えてください。

どの対処法を試してもどうしてもエラーが出てしまうという人は、運営に問い合わせをして適切な対処をしてもらうことをおすすめします。

無料動画アプリのDlifeとは?配信コンテンツ一覧

 

-動画アプリ

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.