LINE「送信取消」の方法と消せない場合の詳細について徹底解説

投稿日:




12月13日からLINEの「送信取消」機能が追加されました。今回はLINE「送信取消」の方法と消せない場合の詳細を徹底解説していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINE「送信取消」機能とは

12月13日よりLINEの「送信取消」機能が追加されました。

少し前にLINE「送信取消」機能が追加されると発表されてから、今か今かと待ち望んでいた新機能がついに登場です。LINEの「送信取消」機能とは、その名通り送信したメッセージを消せる機能です。

今までは間違って送信してしまったメッセージは削除することが出来ませんでした。自分のトーク画面では削除することは可能でしたが、相手側のトーク画面のメッセージは削除されませんでした。

しかし今回からは相手側のメッセージも削除することが可能になりました。

LINE「送信取消」の方法

LINE「送信取消」の方法を徹底解説していきます。まず送信取消したい相手のトーク画面を開きましょう。

そして削除したいメッセージを「長押し」して下さい。すると「送信取消」が表示されますのでタップしましょう。

次に「友だちが利用中のLINEのバージョンによっては、友だちのトークからメッセージが消えないことがあります。送信を取り消しますか? 」と表示されますので「送信取消」をタップしましょう。これで取り消し完了です。

送信取消したら相手にバレるのか

LINEでメッセージの送信取り消しを行うとトーク画面に「送信取り消し」が表示されます。自分のトーク画面には「メッセージの送信を取り消しました」と表示されます。相手のトーク画面には「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と表示されます。

送信取消機能は24時間以内のみ可能

送信取り消し機能は「24時間以内に送信したメッセージのみ」削除可能です。

24時間以上経過してしまうと削除出来ません。

メッセージ以外も削除可能

メッセージ以外にも下記の項目も削除可能です。

  • 画像
  • 動画
  • スタンプ
  • ボイスメッセージ
  • URL
  • 連絡先
  • 電話履歴

なども取り消し可能です。

既読が付いたメッセージも削除可能

既読が付いたメッセージでも、削除可能です。しかし相手はもう読んでしまっているので削除しても意味ないですが、ずっとトーク画面上に残ることは防げます。

通知は消せるのか

基本的にスマートフォンの通知は消すことが出来ません。

一部のOSバージョンではスマホに届く通知も同様に削除出来るようです。

しかし基本的に通知は消せないと思っていた方がいいでしょう。

LINE「送信取消」出来ない場合

LINEで送信取り消し出来ない場合を紹介していきます。

24時間経過している

LINEで送信取り消し出来るのは24時間以内のメッセージです。24時間経過していると取り消し出来ませんので注意して下さい。

相手がLINEを最新バージョンにアップデートしてない場合

送信取り消ししたい相手がLINEを最新バージョンにアップデートしてない場合は「送信取り消ししました」と表示されても、メッセージが消えない場合がありますので注意しましょう。

chromeでは送信取り消し出来ない

chromeでは取り消ししたメッセージは反映されますが、メッセージ自体を消すことは出来ませんので注意して下さい。

編集後記

12月13日からLINEの「送信取消」機能が追加されました。今回はLINE「送信取消」の方法と消せない場合の詳細を徹底解説させていただきました。待望の「送信取消機能」ですが細かい制限がありますので、よく確認して送信取り消ししてみて下さい。

友だち追加

SNS・アプリのおトクな情報をお届け!SNSデイズのLINE@に今すぐ登録だぁ\(^o^)/

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2018 AllRights Reserved.