解説、アプリの使い方

SNSデイズ

LINEpayで本人確認ができない!原因と対処法を徹底解説

更新日:

各社様々なキャンペーンを行い盛り上がりを見せているキャッスレスサービス。

そんなキャッシュレスサービスの1つであるLINEPayで、本人確認ができない不具合が発生しています。

今回はLINEPayで本人確認ができない場合の原因や対処法について、徹底解説していきます。




LINEPayで本人確認できない不具合

「祝令和 全員にあげちゃう300億円祭」が開催され、LINEPayが盛り上がりを見せています。

しかし、LINEPayでは本人確認ができない不具合が発生して、LINEPayがうまく使えないユーザーが多発しています。

LINEPayで本人確認できない不具合の詳細と原因

下記では、LINEPayの本人確認で発声している不具合の詳細と原因を紹介していきます。

本人確認が終わらない

LINEpayでは、「写真をアップロード」「銀行口座設定」「郵送」で本人確認を行えます。

郵送による本人確認では、当然時間が掛かります。

しかし、「写真をアップロード」や「銀行口座設定」の本人確認が、中々完了しない事態が発生しています。

銀行口座での本人確認がうまくいかない

LINEPayでは、引き落としの銀行口座を設定することで本人確認を済ませることができます。

けれど、この銀行口座の設定がうまくいかないというユーザーも少なくないようです。

写真での本人確認にOKがでない

LINEPayでは写真をアップロードして本人確認をすることができます。

この写真をアップロードしての本人確認では、時間が掛かったり、OKが出ないなどの事態が発生しています。

本人確認には3日掛かることも

LINEPayの本人確認は、実は結構な時間が掛かります。銀行口座の設定では数時間、写真のアップロードでは数時間から数日掛かります。

中には、本人確認が完了するまで3日掛かったというユーザーもいるそうです。

本人確認に時間が掛かると不安になりますが、他のユーザーも時間が掛かっているので不具合ではないようです。

通帳最終残高を間違えている

銀行口座設定での本人確認の場合、連携させる銀行によっては「通帳最終残高」を入力しなければいけません。

注意しなければいけないのは、これは通帳に記載されている残高です。最新の残高ではありません。

通帳がどこに行ってしまったか分からない場合は、銀行の窓口で問い合わせてみましょう。

銀行口座になんらかの不具合がある

暗証番号を間違えていたり、紛失届を出したままになっていたりすると、銀行口座の設定がうまくいかないこともあるようです。

心当たりがある場合は、銀行に問い合わせてみましょう。

古い口座では住所を登録していないことも

古い銀行口座では、住所の登録をせずに作成されたものがあります。

住所其の物のデータが無いので、「住所不一致」になってしまいます。その場合は、銀行で手続きを行う必要があります。

LINEPayで本人確認できない不具合の対処法

下記では、LINEPayで本人確認できない場合の対処法を紹介していきます。

LINE pay 本人確認手順と受け取り方

LINE Pay「祝・令和 全員にあげちゃう300億円祭」の本人確認手順と受け取り方を徹底解説

郵送で本人確認をする

  1. 「郵送本人確認」を選択し、下部の「OK」をタップします。
  2. 登録情報をフォーム内に入力します。
  3. 本人確認書類を選択します。
  4. 本人確認書類の裏面と表面を撮影し、アップロードします。
  5. 後日時着に到着するハガキに記載されているQRコードもしくは16ケタの英数字を入力すると完了です。

銀行口座による本人確認をする

銀行口座による本人確認方法は、口座登録時に行います。

赤枠のチャージアイコンをタップします。

チャージ方法を選択する画面が出てきます。

「銀行口座」をタップします。

各種金曜機関名が出てきます。

金融機関によって登録方法が異なりますので、詳しくは以下のページをご覧ください。

お問い合わせ

もし3日以上経っても、本人確認されない場合は、LINE運営事務局に問い合わせをしましょう。

お問い合わせページはこちら

写真で本人確認を突破する時のコツ


LINEpay公式HP

LINEPayの写真をアップロードしての本人確認では、ただでさえ時間が掛かってしまいます。

その上、OKが出ずに撮り直しになることもあります。

下記では、写真をアップロードしての本人確認の際に、1発でOK出るように確認しておくべき点を紹介していきます。

住所変更がないか確認

写真での本人確認のためには、スマホに入力した住所等と身分証の住所が一致していなければいけません。

免許証などの住所変更手続きを済ませておらず、新しい住所に記載がない場合は本人確認ができません。

必要な場合は先に住所変更の手続きを済ませましょう。

光が反射してないか確認

身分証に光りが反射してしまい、一部が読み取れない場合は本人確認ができません。撮影した写真を確認してみましょう。

枠内に収まっているか確認

身分証や顔が、LINEPayの指定する枠内に収まていない場合は本人確認ができません。

枠の中に入ってさえいればいいので、枠ピッタリにする必要はありません。余裕を持って枠内に入れましょう。

ピントが合っているか確認

身分証の文字がボヤケて見えにくい場合は、本人確認ができません。撮った写真を確認してみましょう。

また、免許証などをケースに入れて持ち運んでいる方は、ケースから出して写真を撮った方が良いかも知れません。

指で隠していないか確認

LINEPayの本人確認では、顔と身分証を同時に撮る必要があります。

顔の下に身分証を出して写真を撮る時に、指で身分証を隠してしまわないように注意して下さい。

暗くなっていないか確認

写真が暗くなってしまい。文字が不鮮明になっている場合も本人確認ができません。

漢字の一部が不鮮明で佑か祐か分からない程度でも、OKが出ないかも知れません。注意して確認してみましょう。

前髪やメガネなども確認

LINEPayの写真をアップロードしての本人確認では、AIでの顔認識を使っているようです。

前髪が目に掛かっていたり、メガネのフレームで目の一部が隠れていたりすると認証できないこともあるようです。

できるだけ身分証明書の写真と同じような写真を撮るようにしてみましょう。

LINE Pay「祝・令和 全員にあげちゃう300億円祭」スタートしたけどバナーが出ない!対処法を徹底解説

他にキャンペーンの多いオススメの電子マネーは?

PayPay(ペイペイ)

PayPayの魅力としては、まずお得さが挙げられます。

ペイペイは「ワクワクペイペイ」などの高還元率のキャンペーンが毎月行われています。これまで継続的に10%~20%程の高還元率を受けることができましたし、これからもワクワクペイペイキャンペーンは続けられていくものと思われます。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

ワクワクペイペイでは還元の上限も高く設定されており、月に最大で30000円還ってきます。更に、PayPayでは銀行口座からのチャージなら常時3%が還元が行われていますし、20回に1回最大で1000円還ってくるPayPayチャンスも好評を得ています。

更に、PayPayは銀行口座とクレジットカードの2つの方法でチャージできるのも魅力です。中でもYahoo!マネーカードによるチャージであれば、3%の還元に加えて1%がTポイントが付与され、実質4%の還元を受けることができます。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

また、PayPayには手数料無料で残高を他の人に送金できるサービスもあります。知り合いに立替えて貰った時や皆で割り勘をする時など、大変便利です。

多くの便利機能が魅力的なPayPayですが、更に大切なポイントとしては知名度が高いという事でしょう。現在様々なコード決済がありますが、PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」などでユーザーも増加し、多くの知名度ランキングで上位にランクインしています。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

PayPayのおすすめポイント

  • 毎月高還元のキャンペーンを行っている
  • 常に3%のポイント還元
  • 銀行口座とクレカでチャージできる
  • 送金ができる
  • ユーザーが多い
 

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.