kep1er ゼンリー始めたって本当?詳細やアカウントについて徹底解説

友だちの位置情報を共有出来るアプリ「ゼンリー」。しかしそれを人気アイドル「Kep1er」が使用したことでSNS上で話題になりました。

結果的にゼンリーを閉鎖することになったのですが、どうして参加することになったのかなどの狙いを徹底解説していきます。


kep1erがゼンリー始めたって本当?

アイドルグループ「Kep1er」が友だちの位置共有アプリ「ゼンリー」を始めた事で話題を巻き起こしました。

ただしSNSをみる限り、Kep1erのメンバーが今何処にいるかよりも、ゼンリーを始めた事自体に衝撃が走ったようです。

kep1erとは

引用:Kep1erTwitter公式アカウント

Kep1er(ケプラー)は、「PRODUCE」や「I-LAND」といった数多くの人気番組を生み出してきた韓国のエンターテインメント企業「CJ ENM」が展開する『Girls Planet 999』というオーディションで誕生した女性アイドルグループです。

全部で9人で構成され、メンバーも日本人2人、韓国人6人、中国人1人と多国籍ですが韓国人多めの構成となっています。メンバーは、視聴者によるグローバル投票で決まりました。

Kep1erがゼンリーを使っているという話が出た理由

Kep1erがゼンリーを使っているという話が出た理由は、インスタグラムの公式アカウントにゼンリーのロゴを掲載していたからです。

それに反応したファンがSNS上で投稿し、話題を呼びました。

デビューに関するプロモーションの一環なのか

デビューする前からInstagramの公式アカウントのフォロワー数が100万を超えており、全世界から注目を集めていました。

また、デビュー後もVライブなどを活用してファンとの交流を楽しんだ事をInstagram上で報告していました。

VライブではKep1erのメンバーとファンが近況等を話し合いながらコミュニケーションを取っていた様です。

この事から、Kep1erはファンとの繋がりを大切にしているという事が分かります。したがって更なるファンとの繋がりを求めてゼンリーに参加した可能性があります。

コンセプトに関連している?

Kep1erの動画やメンバーのコンセプト写真からも神秘的で幻想的なコンセプトで打ち出している事が分かります。

しかしそれでは親近感が湧かず、更なるファン獲得が難しくなってしまいます。

そこでVライブではファンとのコミュニケーションを頻繁に取って、ファンとの距離を縮めようという狙いの元動いている可能性があります。

したがって今いる場所や何をしているのかをファンに知って貰うことで更にファンに身近に感じてもらいたいという意図でゼンリーを始めた可能性があります。

ただし、今回はそれが炎上という形で裏目に出てしまった様です。

デビューに関連した企画に関連している?

デビューに関連した企画には、メンバー9人が様々なミッションに挑むリアリティー番組「Kep1er View」があり、視聴者からは熱い支持を得ています。

しかし視聴者、つまりファンからは直接繋がってみたいという思いが強くなったに違いません。Kep1er側もその意図を汲み取ったものと思われます。

そこでKep1er Viewに比べると小さな規模ですが、Vライブのファンとの距離感を縮めたいという姿勢がゼンリー開始に関連している要因であるかもしれません。

kep1erは本当にゼンリーをやっているのか

Kep1erがゼンリーをやり始めると、ファンの間で徐々にSNS上で話題になりました。しかしそれと共に批判も殺到してしまいました。

そこで現在はどうなっているのかを調査してみました。

今はやっていない様子

結論から言うと、現在はゼンリーをやっていない様子です。一応ゼンリーアプリを使ってみて検索してみました。

ホーム画面で矢印の部分をクリックし、検索ページで「Kep1er」と入力してみます。すると赤い四角で示した様に、下に虫めがねアイコンで「一致するユーザー名を探す」が表示されるので、タップしましょう。

1件出て来ましたが、どうやら公式アカウントによるものではなさそうです。この事から、確かに今はゼンリーをやっていない事が分かります。

Yahoo知恵袋でもゼンリー上でKep1erが登録出来ない様なので、同じ現象が他の方でも起こっている様です。

kep1erがゼンリーを始めた事による批判があったからか

SNSを見ても「アイドルがゼンリーやっても良いの?」、「よそのアイドルがやってない事をやろうって感じあるけど、サセン増やしたいの?」といったコメントが殺到し、一時炎上していました。

流石にアイドルがゼンリーを使うのはタブーな様で、現在は休止しています。Twitter上では11/22日にKep1erのゼンリー使用について投稿されていたのですが、24日現在では休止されているので、やっていた期間は数日程度でした。

炎上はアイドルグループの印象を下げてしまうので、速やかに閉鎖されたものだとされます。

アイドルがゼンリーをやっても問題無いのか

アイドルがゼンリーをやってしまうとサセンという人たちにストーカーなどの危害を加えられてしまう可能性があり、非常に危険です。

サセンとは、アイドルのファンが度を越してしまい、家に押し寄せるなどのアイドルのプライベートを犯してしまう人たちの事を言います。韓国において過去には事件が起こってしまった事もあります。

特にKep1erは超人気アイドルで全世界から注目を集める位なので、居場所に押し寄せられてしまうなどプライベートを犯される危険性は非常に高いです。

ですのでゼンリー開設からわずか1〜2日程度で閉鎖に追い込まれたのでしょう。

事務所が持たせたのか?

事務所がゼンリーを持たせた可能性は低いと考えられます。なぜならKep1erの所属事務所はWAKE ONEというCJ enmが3つの企業を買収して結成した韓国では大手の事務所だからです。

韓国ではアイドルの私生活を執拗に追いかけ回す「サセン」が問題化しており、場合によっては事件化しています。

アイドルの居場所が特定出来てしまうゼンリーなど使ってしまったら、熱狂的なファンに追い回されてしまいトラブルを招きかねません。

規模の大きな事務所であればサセンによるトラブル防止のリスクマネジメントは出来るはずで、事務所がゼンリーを使用する様に指示した可能性は極めて低いです。

現状のところ、誰がゼンリーを使い始めようとしたのかは不明です。

また、誰の支持によるものなのか、はたまたメンバー自身でゼンリーを辞めたのかは今の所不明です。

ゼンリーの場所が事務所に固定されている可能性もあるので、メンバーの安全は確保された上で行われた可能性もあります。

JO1のヨントン(個別オンライントーク会)は録画できる?方法や規約について徹底解説

JO1公式 JO1のヨントン(オンライントーク会)を録画したいという方は多いです。 今回は、JO1のヨントンは「録画できるのか?」や「規約違反になるのか?」などを徹底解説していきます。 コンテンツ1 ...

続きを見る

 

-韓流
-, , ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.