ios15新機能プライベートリレーの使い方や注意点を徹底解説

iOS15にアップデートすると、iCloud+に加入しているユーザーであれば新機能であるプライベートリレーを利用することが出来るようになります。

今回はプライベートリレーとはどんな機能なのか、使い方や注意点、IPアドレスの位置情報を変更する方法などを徹底解説していきます。


iOS15で新機能「プライベートリレー」が利用可能に

Apple公式サイト

iPhoneをiOS15にアップデートすることで、iCloud+に加入中のユーザーであれば誰でもプライベートリレーを利用できるようになりました。

プライベートリレーとは、Webブラウザを閲覧する際にセキュリティをより強化することで情報の漏洩を防いでくれる機能です。

iOS15リリース時よりベータ版での提供が行われており、一部のユーザーにとっては注意して利用する必要があるため、各通信キャリアが警告を公表したりプライベートリレーを利用するのは危険なのではないかと話題になっています。

プライベートリレーを利用するための条件

AppleOne公式サイト

プライベートリレーを利用するには、以下の条件をクリアしている必要があります。

プライベートリレーを利用するための条件

  • iPhoneユーザーであること
  • iCloud+に加入していること
  • 端末のバージョンがiOS15にアップデートされていること
  • ブラウザアプリは、Safariを使用していること

iCloud+の加入については、AppleOneやファミリー共有などによって別のAppleIDからiCloud+の権利を共有されているユーザーでも、プライベートリレーを利用することが可能です。

プライベートリレーの仕組み

Apple公式サイト

プライベートリレーを利用する前に、どのような仕組みでセキュリティが強化されているのか確認しておきましょう。

通常、Webサイトを閲覧する時にはIPアドレスという情報を利用しています。

IPアドレスは住所のようなもので、見たいサイトへIPアドレスを渡すことでWebサイトを閲覧するために必要なテキストや画像などの情報がIPアドレスを元に送られてきます。

プライベートリレーの場合は、以下のような手順でWebサイトが閲覧できるようになっています。

プライベートリレーをオンにすると、見たいサイトのURLをSafariが暗号化してくれます。

プライベートリレーの流れ

  1. SafariからiCloudへ端末のIPアドレスと暗号化されたサイトURLが送られます。
  2. iCloudから暗号化されたサイトURLがAppleの提携している第3機関に送信され、第3機関はIPアドレスが分からない状態で暗号化されているサイトURLを解読します。
  3. どのサイトを見たいのか判断した第3機関が、見たいサイトに対しテキストや画像を要求します。
  4. サイト側はIPアドレスが分からないので、どの端末がアクセスしようとしているのか分からない状態でテキストや画像を第3機関に送信します。
  5. 第3機関からiCloudを経由してSafariへとサイトを見るために必要な情報が送られます。

この仕組みによって、Webサイト側にこちら側の情報を送らないまま安全に閲覧できるようになっているのです。

プライベートリレーを利用するメリット

プライベートリレーを利用することで、以下のようなメリットを享受することができます。

ポイント

  • 情報が悪用されにくくなる
  • 詐欺サイトに接続されにくくなる
  • 会社や公共のWiFiへ気軽に接続しやすくなる

情報が悪用されにくくなる

ユーザーの端末(Safari)は端末のIPアドレスと閲覧したいサイトのURLを、iCloudはIPアドレスを、第3機関はサイトURLを把握しています。

そして、見たいサイト側はどのページを閲覧したいのかだけを知っています。

把握している情報がそれぞれに分散されているので、どんな機種を使用しているのか、他にどんなサイトを閲覧しているのかなどの情報が漏洩するのを防ぎやすくなります。

詐欺サイトに接続されにくくなる

詐欺サイトの多くは、ユーザーの利用情報(どんなページを閲覧しているか、どのブラウザを使用しているのか、どんな機種でブラウザを利用しているかなど)を元に詐欺広告や詐欺サイトを表示するように作られています。

しかし、プライベートリレーを利用していると利用情報が分からない状態で閲覧しているので詐欺サイト側が情報を取得できず、結果的に弱体化しているのです。

完全に防げるわけではありませんが、うっかり詐欺サイトを開いたり詐欺広告をタップしてしまう可能性を削減することが出来るようになります。

会社や公共のWi-Fiへ気軽に接続しやすくなる

スターバックス公式サイト

どの端末がどんなサイトに接続しているのか分からないようにすることが出来るので、情報漏洩が心配な公共Wi-Fiや閲覧情報を辿られたくない会社のWi-Fiなどへ気軽に接続しやすくなりました。

会社のWi-Fiを利用したいけれど、万が一自分がWi-Fiに接続していたことやどんなサイトを閲覧していたのか調べられてしまうのを防ぎたい場合は、プライベートリレーをオンにした状態で会社のWi-Fiに接続すればバレにくくなるので便利です。

プライベートリレーのオン・オフを切り替える方法

①設定アプリを開きます。

②設定の画面上部にある、赤枠の自分のAppleアカウントをタップします。

③iCloudを選択します。

④iCloud+(有料版iCloud)に加入している場合は、右の画像のようにプライベートリレー(ベータ版)という項目が出てきます。

この項目が無い人はiCloud+に加入できていない可能性が高いので、画面上部のストレージを管理より加入状況の確認をしましょう。

最後に、赤枠のスイッチをタップすればプライベートリレーのオン、オフを切り替えることが出来ます。

IPアドレスの位置情報を変更する方法

①設定アプリを開きます。

②設定の画面上部にある、赤枠の自分のAppleアカウントをタップします。

③iCloudを選択します。

④プライベートリレーを選択します。

⑤IPアドレス位置情報を選択します。

この表示が出てこない場合は、下の項目にあるプライベートリレー(データ版)のスイッチがオンになっているか確認しましょう。

⑥おおよその位置情報を保持、あるいは国と時間帯を使用のどちらかを選択します。

おおよその位置情報を保持自分の位置情報ではなく、おおよそのIP情報を表示します。この場合、国と都道府県までが表示されます。
国と時間帯を使用今自分がいる国までが表示されます。

デフォルトの設定では、おおよその位置情報を保持になっています。

よりIPアドレスの位置情報を不明瞭にしたい場合は、国と時間帯を使用に変更しておきましょう。

プライベートリレーをオンにしておく場合の注意点

プライベートリレーはかなりセキュリティを引き上げることが出来る便利な機能ですが、セキュリティが強すぎるために発生してしまうデメリットも存在します。

そのため、プライベートリレーをオンにしておく場合、以下の事に注意して利用する必要があります。

自分の端末や契約している通信キャリアを確認して、快適に利用しましょう。

携帯料金が高額になる可能性がある

例えば、動画の閲覧にかかるデータ通信料が無料になるサービスに加入しているとします。

通常、端末から送られてくるIPアドレスを利用してそのユーザーがデータ通信料無料プランに加入しているかどうかを判断しているので、プライベートリレーがオンになっているとIPアドレスが送信されず「プラン未加入のユーザーが動画を閲覧している」とサイト側に判断されてしまい、後日高額な通信料金を請求されてしまう可能性があります。

無料版iCloudでは使用できない

プライベートリレーは、iCloudの有料版であるiCloud+に加入しているユーザーのみ利用可能です。

50GB以上の容量を契約していないとプライベートリレーは利用できないので注意しましょう。

ファミリー共有やAppleOneで利用権限を共有されている場合は、自分のアカウントが適用されるアカウントなのかどうか確認しましょう。

自分に合った広告が表示されにくくなる

ブラウザを利用されている時に表示される広告は、各サービス・サイトの設定にもよりますがユーザーの利用履歴や端末情報などからユーザーの需要に合った広告が表示されるようになっています。

しかしプライベートリレーをオンにしているとユーザーの利用履歴や端末情報を把握することが出来なくなってしまうので、ユーザーの需要に合った広告が表示されにくくなってしまいます。

そのため、不適切な広告や興味のない広告が表示される可能性が高くなります。

一部のサービスが利用できない場合がある

ソフトバンク公式サイト

プライベートリレーを利用することで、一部のサービスにおいて利用できない可能性があります。

特に動画やLINEなどの利用量カウントやフィルタリングを利用できなくなることで、本来はデータ通信量にカウントされないはずなのにデータ量を消費したカウントにされてしまったり、子どもの端末のブラウザで見れないようにしたはずのジャンルのサイトが見れるようになってしまう場合があります。

不具合が起きやすい

プライベートリレーはあくまでもまだベータ版でのサービス提供であり、様々な不具合が起こっています。

先日話題になったiPhoneの容量不足バグもプライベートリレーの影響で発生しており、次のiOSアップデートが行われるまで基本的に歯修正が効かないため、不満を持つユーザーも増加しています。

他の不具合には、以下のようなものがあります。

プライベートリレーで起こる不具合

  • Wi-Fi接続が途切れる
  • モバイル通信が使えない時がある
  • アプリが急に落ちる(起動バグ)
  • iPhoneのストレージ通知バグ

プライベートリレーを利用するのは危険なのか

LINEMO公式サイト

現在、iPhoneユーザー達の間にプライベートリレーは利用しない方が良いのではないのかと話題になっています。

これはプライベートリレーのセキュリティ強化効果が強すぎて逆に不便になり得る場合があるためです。

基本的にはオフにしておき、情報を抜かれる危険性が高いサイトにアクセスする際にオンにしておくと良いでしょう。

それで何か不具合が発生するようであれば、プライベートリレーをオフにしましょう。

プライベートリレーはVPNの代わりに成り得るのか

プライベートリレーは、似たような性質を持つVPNの代わりに成り得ますし、むしろVPNよりも高性能です。

通常、VPNの場合はユーザーがどのような操作をしているのかが把握されています。

しかし、プライベートリレーの場合はSafariの時点でどのサイトを見たいのかが暗号化されているので、Appleすらユーザーの利用情報を把握できないようになっています。

更にプライベートリレーではIPアドレスの位置情報を変更することもできるのでより安全にWebサイトを閲覧できるのです。

VPNを利用するメリットと注意点

プライベートリレーでは国を変更することはできませんが、VPNの場合は国すらも変更できます。

そのため日本に居ながら海外のサービスを利用したい時にはプライベートリレーよりも便利ですが、情報を抜き取られてしまう危険性が高いので注意しましょう。

また、プライベートリレーはSafariでしか使用できないため、GoogleChromeやFireFoxなどの他のブラウザを利用したい場合はVPNを使用する必要があります。

iOS15でiPhoneとiPadのストレージが十分にあるのにiPhoneの空き容量が残りわずかですと表示される原因と対処法を徹底解説

iOS15にアップデートしたユーザー達の間で「容量は十分にあるはずなのに警告表示が消えない」と話題になっています。 今回は、iOS15でiPhone・iPadのストレージが十分にあるのに「iPhone ...

続きを見る

 

-iPhone
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.