iOS13.7のアップデート詳細と発生している不具合まとめについて徹底解説

今回は、2020年9月2日より可能となった、 iOS13.7のアップデート詳細と発生している不具合について徹底解説していきます。


iOS13.7のアップデート詳細

アップデートの詳細

  • iPhoneの所要時間→約10分
  • iPadの所要時間→約10分
  • iPhoneの容量→約160MB
  • iPadの容量→約150MB

アップデートの容量や時間は、通信環境や搭載しているOSによって変動します。
上記の時間、データはiOS13.6からのアップデートとなっています。

iOS13.7はマイナーアップデートとなっており、少ない時間でのアップデートが可能です。

接触通知システムが追加

iOS13.7では新型コロナウイルスの接触通知システムが利用可能になりました。
対応状況はお住まいの地域によって異なるため、厚労省接触確認アプリ「COCOA」が必要ではないということではありません

iOS13.7にアップデートをしたら、先ず「設定」の接触通知より機能が有効なのか確認してみてください。

「接触通知をオンにする」をタップします。

お住まいの国・地域をタップして選択してください。

対応している場合は「この国/地域はすでに追加されています」と表示され、アプリのダウンロードの必要はありません。
「完了」をタップして、操作を完了してしまいましょう。

また「COCOA」をインストールしていれば、共有することも可能です。

対応していない場合は「この国/地域には接触通知Appがあります」と表示されるので、Appを開くよりCOCOAをダウンロードしておく必要があります。

接触通知をオフにするをタップすれば接触のデータが全て削除されます。

新しいミー文字ステッカーとファイルAppでiCloud Driveフォルダ共有が導入

iOS13.7では、ミー文字ステッカーやファイルAppに入れているデータをiCloud Driveフォルダで共有可能となりました。

iCloud Driveフォルダでフォルダ共有を行う場合はAppleIDで2ファクタ認証を有効にしておく必要があります。
設定画面より、自身のアイコンをタップしてください。

「パスワードとセキュリティ」をタップします。

「2ファクタ認証」をタップしてオンにしてください。

次に一つ画面を戻り「iCloud」をタップしてください。

iCloud Driveをタップし、オンにしておけばフォルダ共有が行えるようになります。

ミー文字の作成方法や使い方については下記記事で紹介しています。

【iOS13】ミー文字(アニ文字)の作り方と送り方、送れない時の対処法を徹底解説!

iOS13.6.1で発生していた不具合の修正

バグ修正がメインであった、前回のOS「iOS13.6.1」でも一部アプリが正常に操作できないといった不具合が発生していました。

iOS13.7では、不具合の修正も含まれています。
全てが修正されたわけではありませんが、デバイスによっては修正されることもあるので不具合が多い場合はアップデートがおすすめです。

発生している不具合

iOS13.7にアップデートすることで、一部デバイスや環境下で不具合が発生しています。

アップデート内容に以前の内容が記載されている

iOS13.7にアップデートを実行しようとすると、以前のアップデートの内容が誤って表示されるバグが発生しています。
13.7で実際に実装された機能は2つのみです。

大きく機能が変わることはないので、安心してアップデートを行いましょう。

容量がその他に圧迫される

アップデートの際に実装されるデータは、iPhoneストレージのその他の部分に含まれます。
ストレージを確認してみると、その他に圧迫され新しくアプリなどのインストールができなくなっています。

実際には2.5MBほど増えるのが正常の数値となっています。

デバイスが異常に熱くなる

iOS13.7にアップデート後、デバイスが異常に熱くなる不具合も発生しています。
操作をしていても、アプリが落ちやすい状況となっており、正常な操作が行えません。

冷ます行為が有効となっており、電源を落としてしばらく置いてからもう一度操作をしてみましょう。

ミュージックでホームシェアリングが使えない

iOSでは、同じAppleIDを使用することで、ホームシェアリングを使うことができます。
ホームシェアリングは同じWi-Fiを使っているデバイスとメディアの共有ができる機能です。

アップデート後に、ミュージックよりホームシェアリングをうしようとしてもアクセス出来ない不具合が発生しています。

修正されていない不具合もある

発生している不具合

  • アプリ使用中にリロードが発生する
  • アプリが急に落ちる
  • 画面表示が正しく表示されない
  • バッテリードレイン
  • Appleのロゴが表示されたままフリーズするなど

不具合の修正も含んでいるiOS13.7へのアップデートですが、一部不具合は引き続き発生しています。
特に問題になっているのが「グランブルーファンタジー(グラブル)」です。

グラブルはiOS13がインストール可能になってから、リロードが頻繁に発生するようになっており、現時点でも修正が入っていません。

iOS13.6.1で発生していた不具合は下記記事で紹介しています。

iOS13.6.1のアップデート詳細と発生している不具合まとめについて徹底解説

対処法

対処法

  • ストレージの容量を空ける
  • 不具合が発生したアプリを再インストールする
  • デバイス/アプリの再起動
  • 低電力モードのオン/オフ
  • 通信環境をリセットする
  • デバイスのリセットをする
  • リカバリーモードを使用する

iOSが原因で発生している不具合は、Appleが新しいOSをリリースするまでは、根本的な解決にはなりません。

ただ、一時的な不具合で発生しているバグの場合は再起動などを行うことで、不具合が改善することもあります。
リカバリーモードを使用すれば、工場出荷の状態に戻り不具合が解消する可能性は高いです。

対処法の詳細ややり方は下記記事で紹介しています。

iOS13.5.1のアップデート詳細と発生している不具合について徹底解説

iOS13.6のアップデートが開始!詳細や新機能・不具合一覧を徹底解説 

 

-iPhone
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.