解説、アプリの使い方

SNSデイズ

Apple利用規約変更!?同意して大丈夫?同意できない場合の詳細や対処法徹底解説

投稿日:

今回は、Apple利用規約変更で、同意して大丈夫?かどうかと同意できない場合の対処法徹底解説していきます。

Appleは、2018年9月18日に「iOS12」の配信が決定され、iPhoneやiTunes、Apple性タブレットを利用しているユーザーのため、iOSをよりよいものにするアップデートがなされました。

それに伴い、「Apple利用規約」も変更され、、iPhoneやiTunes、Apple性タブレットを利用するユーザーは、これに同意しなければいけなくなりました。

今回のアップデートに同意してもそこまで大きく影響はありませんが、ある1点のみ非常に不便になる可能性があります。それは、「アプリに課金する場合」です。

今回は、Apple利用規約の詳細を見ていくと同時に、同意できない場合や同意できず課金失敗するケースについて詳しく見ていきましょう。


2018年9月18日のApple利用規約変更について

2018年9月18日以降、iPhoneやiTunesでアプリ本体を更新しようとしたり、様々なアプリ内で課金をしようとした場合、上記のような注意事項が出てくるようになりました。

これはどういうことかというと「利用規約が変更したので、もう一度確認して同意をしてください」という案内です。

つまり、Appleの利用規約に目を通してもう一度同意する旨の操作をしなくてはいけないわけです。

しかし、Apple利用規約は非常に長く、全文章にいちいち目を向ける必要はありません。

特にユーザーの不利益になるような内容はありませんので、文章を流し読みして「同意する」を押して構いません。

中には「そんな簡単に同意するかどうか決めていいの?」と思う人もいるかもしれませんが、この同意ボタンを押さないと、アップデートや課金、さらには新規アプリのインストールを行うことができなくなります。

要するに、同意ボタンを押さないと自身のiPhoneやiTunesのサービスをフル活用することができないことになります。

「Appleメディアサービス利用規約」の同意ボタンを何も考えずに押しても構いません。

Apple利用規約に同意できない場合の対処法

Apple利用規約は基本的に「同意する」のボタンを押したら即座に利用規約に同意したとみなされ、アプリの課金やアプリアップデートを行えるようになります。

しかし、Apple利用規約に同意することができないパターンがあるようです。

特に「アプリで課金する場合」は注意が必要で、もしかしたらうまく課金ができない場合があります。

アプリで課金したいけど利用規約に同意できない!?

Apple利用規約変更が実施された2018年9月18日以降、アプリ内で課金しようとすると、「Apple利用規約への同意」を求められますが、「同意する」を押してもエラーが出てくる場合があります。

原因はわかりませんが、アプリの課金においてのみ同意ができないバグのようなものが存在します。

ボタンを押しても反応せず、「問題が発生しました」などの一文が出てきて、課金選択画面に戻されてしまいます(アプリによって違います)。

もちろん、「課金に失敗した」わけなので、決済自体は済んでいないことになります。

したがって、本体内で決済が行われ、お金を払ったことになっているのに課金されていない状態ではありません。

どうしても不安な場合、課金に失敗した直後の「課金履歴」をアプリ内で確認するといいでしょう。

また、中には「スムーズに課金することができた」という人もいるので、この症状が出るユーザーにばらつきがあるようです。

課金したいのにできない場合の対処法は!?

自分の好きなアプリに課金をしてそのアプリを思う存分楽しみたいという人にとっては明確なマイナス要素ですが、あらかじめ防ぐ方法があります。

それは、Apple利用規約にあらかじめ同意しておく方法です。

Apple利用規約の同意は、アプリに課金するとき以外では、アプリをインストールしたり更新、アップデートしたい場合にも同意が求められます。

しかし、インストールやアップデート時に出てくるApple利用規約の同意ボタンを押しても、課金時とは違いスムーズに同意できるようになっていて、今現在そちらの不具合は確認されていません。

一度同意した場合、これ以降課金でもインストールでもアップデートでも再同意する操作は必要ありませんので、これ以降同意ボタンは出てこず、今まで通り「課金額選択」→「購入に関する同意」だけで課金することができます。

要するに、最初からApple利用規約に同意して課金するというわけです。

Apple利用規約の同意の詳細と同意できない場合の対処法まとめ

今回は、Apple利用規約の同意の詳細と同意できない場合の対処法を紹介しました。

利用規約の変更といっても、こちらが行うべく操作は「同意する」のボタンを押すだけですので、そこまで不便ではありません。

課金時に同意できない可能性さえ頭に入っておけば、今まで通り問題なく自身のiPhoneやiTunesを利用することができます。

 

-iPhone

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.