白猫プロジェクト5周年イベントネタバレ!伏線や謎を徹底解説

白猫プロジェクトで、5周年に向けた前夜祭が始まりました。

今回は、白猫プロジェクト5周年前夜祭や、5周年のイベントの予想などについて徹底解説していきます。




白猫プロジェクトで5周年に向けたイベント開催

2014年7月14日にリリースされた白猫プロジェクトは、2019年7月14日に5周年を迎えます。

現在、『5周年前夜祭』として様々なイベントが開催されており、5周年に向けて盛り上がりを見せています。

覇戦のレガリアが開催中

5周年前夜祭の中でも最も注目を集めているのが、イベント『覇戦のレガリア』です。

5周年イベントに繋がる物語と言われており、内容もかなり力が入ったものになっています。

舞台は3国が争う島『タイカン』で、主人公達はその内の1つ『ライゴウ』に招かれます。

本格的な戦記物を想起させる物語で、今までの白猫とは一味違うストーリーを楽しむことができます。

覇戦のレガリアのあらすじ

※以下、5周年前夜祭のネタバレがあるので注意してください

物語は、主人公達がタイカンを訪れる所から始まります。

主人公達は、タイカン出身であるハオとメイリンと再会し、ライゴウの王宮へと招かれます。

王宮でライゴウの王であるケンセイ、副官であるリーランに出会います。

彼らによれば、ライゴウと争っているオードは闇の力に与しており、オードの王ゴーマは恐怖で国を支配しているとのことです。

そして、ケンセイが今すぐにでもオードと対決するつもりである事を知ります。

ライゴウの兵力は5万。オードの兵力は20万。

かなり不利な戦況で、リーランは交戦に反対しています。

しかし、ケンセイは『せねばならないことがある』と言って、進軍を強行します

少ない兵力で勝つために、ケンセイは危険な山越えからの奇襲を指示します。

副官であるリーランは反対しますが、戦力差を考えると他に手立てもありません。

軍は正面からオード軍とぶつかる助隊と、山越えをする本隊に分けられます。

主人公達は、ライゴウやリーランと共に本隊に振り分けられ、危険な山越えルートに参加します。

何とか山を越えようとする主人公達の下に、オードの軍師であるシンラが現れます

闇の勢力であるシンラはリーランを眠らせて彼女に化け、ライゴウを惑わせます。

実はケンセイは元々奴隷で、ゴーマこそが彼の主人でした。

しかし、ある時ゴーマはケンセイこそは王の器だと口にし、ケンセイを逃がしたのです。

そして、その際にゴーマの口から、『タイカンの平和を求めていること』が語られたのです。

実はケンセイは、嘗てタイカンの平和を口にしながら、闇の力に与して国を恐怖で縛り上げるゴーマの真意を確かめるために進軍を行っていたのでした。

そんな私情で軍を動かしたことを、ケンセイは少し後悔します。

しかし、リーランは王は自由に振る舞うべきだと笑い飛ばし、皆がケンセイの背中に『タイカンの平和』を夢見ているのだと語ります。

その頃、既にライゴウの兵とオードの兵の激突は始まっていました。

奇襲の為に主力を割いているライゴウ軍は、次第に追い詰められていきます。

山を越えていたライゴウの部隊は、山の部族であるバルガ族に襲われます

殿の主人公とリーランに5000の兵を預け、ケンセイは先に山を下ります。

バルガ族を撃退したリーランですが、オードに子供達を人質に取られているバルガ族の事情を鑑み、彼らを許すことにしました。

バルガ族はお詫びとして、リーラン達に山を下る近道を教えます。

無事に山を越えたリーラン達ですが、戦場には敵軍もケンセイの姿もありません

ハオに事情を聞くと、ケンセイは行方不明となり、敵は奇襲を読んで部隊を後退させていたのでした。

奇襲は失敗し、ケンセイは行方知れず。

そんな混乱の中、更に悪い事にライゴウ軍の後方にオード軍16万が出現します。

前にはゴーマの8万の兵、後方に奇襲部隊16万。対するライゴウ軍の残像兵力は35000。

危機的状況に浮足立つライゴウ軍でしたが、リーランの一喝で統制を取り戻します。

ライゴウ軍は、ゴーマを討つべく前進を開始します。とは言え、戦力差は歴然。

ライゴウ軍は奮闘しますが、次第に押し込まれていきます。

そんな時、突然ケンセイがオード軍の背後に現れます。

しかも、傍らにはバルガ族の援軍がいます。

実はケンセイは人質に取られていたバルガ族の子供達を開放し、バルガ族の協力を取り付けたのでした。

この奇策により、形勢はライゴウ軍に傾きます。

両軍は接近し、ケンセイとゴーマは剣を交えます。

そして、ケンセイは『闇の力に与する自分を討たせることで、タイカンの平和を実現しよう』としていたゴーマの真意を知るのでした。

勝負も決しようとしたそんな時、闇の軍師シンラはゴーマを闇の力で暴走させます。

ケンセイは闇に浸食されたゴーマを仕方なく討ち、戦いは終結。タイカンはケンセイの下に統一されたのでした。

5周年について

ケンセイが体感を統一した後も、物語は少し続きます。

そして、その物語こそが5周年に繋がる伏線になっています。

次の舞台は波蝕の島

戦いの終わった主人公達は、ケンセイ達と共に『波触の島』を訪れます。

この波触の島が、5周年のイベントの舞台となると思われます。

この波触の島には『闇を操る装置』を改良したものがあり、5周年のイベントの鍵を握るアイテムになっていくと思われます。

3人の闇の後継者集結

物語の最期に『セレナ』『ヴァイス』という2人のキャラが登場します。

彼らは主人公と同じく『闇の後継者』です。

2人は主人公の味方として登場しており、5周年イベントでどういった活躍をしていくのか期待が高まるところです。

帝国、連邦、タイカンの3国が結集

波触の島には『帝国』『連邦』が軍を率いて駐屯しています。

更に『タイカン』の面々も、ハオ以外の主要キャラが同行しています。

かなりの人数が波触の島に集結しており、5周年イベントのスケールの大きさを感じさせます。

闇との決戦

『帝国』『連邦』『タイカン』が波触の島に集結したのは、闇との決戦を行うためです。

実は、上述の装置を使って闇をこの島に集め、出現する闇の王を討とうという算段なのです。

これまでずっと対立してきた闇との決着が迫っている様で、否が応にも期待が高まります。

しかし、闇の側もこの作戦を把握している様です。

寧ろ、世界を闇に染めるために波触の島に向かうとのこと。

5周年イベントがどういった展開になるのか、謎は深まるばかりです。

タイトルは『ダークラグナロク、黒の後継者』

覇戦のレガリアの最期に、5周年イベントのロゴが表示されます。

題名は『ダークラグナロク、闇の後継者』

主人公とセレナ、ヴァイスのことを指していると思われます。

ロゴにもこの3人と思われる人物が描かれています。

ラグナロクとは北欧神話の最終決戦のことで、ラグナロクでは殆どの神が死んでしまいます。ほんの僅かな神だけが生き残り、新しい世界を作っていくという物語です。

不穏な雰囲気のするタイトルで、

  • 5周年イベントはどんなものなのか
  • 5周年イベントで闇との決戦が終わった後、白猫プロジェクトはどういった展開をしていくのか

など、期待と謎は深まるばかりです。

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

放置少女

おすすめポイント

  • 女の子たちが圧倒的にかわいい
  • 三国志の世界観を擬人化美少女が贈る
  • 「放置」するだけでキャラクター育成可能
  • 隙間時間にプレイしたいと思っている人にぴったり
  • 放置ゲーながらプレイできるコンテンツが豊富

成り上がり 華と武の戦国

アプリ「成り上がり 華と武の戦国」は、戦国美人×武将×育成カードRPGです。主人公は名立たる英雄ではなく、ありふれた日常を送る主人公。

乱世を彩る美人や勇猛果敢な武将たちと戦い、協力しながら、歴史を変える成り上がりストーリーを楽しむことができます。

メインとなるのは国の運営で、家臣の育成や資産経営をしていきます。歴史上の姫達との結婚や子育ても可能

ガチャが存在しない為、殆どのキャラを無課金で手に入れることが出来ます。

ゲームは奥深いですが、ボタンタップで簡単操作。放置系なので遊んでいる他のゲームと同時に遊べます。

戦闘も自動で行ってくれるので、戦闘操作が不安な方でも楽しめます

何をしたらいいのか迷った時は、次にやるべき課題を表示できるので安心です。

海外の運営ですが、日本語訳も自然。ストーリーも本格的なものになっています。

同盟(ギルド)機能も充実しており、対戦やプレイヤー同士での跡取り縁談、宴会の開催まで行えてしまいます。

おすすめポイント

  • 戦国美人×武将×育成カードRPG
  • 平凡な主人公の成り上がり
  • 奥深い国運営系RPG
  • 美しい姫と結婚や子育てもできる
  • ガチャが存在しないのでキャラを手に入れ易い
  • 同盟(ギルド)で対戦や交流が出来る
  • 簡単操作&自動戦闘
  • 放置系で他のゲームと併用で遊べる
  • 何をすればいいのか分からない時は課題を表示してくれる
  • メインストーリーも本格的

グランドサマナーズ

最強クオリティのドットRPG誕生!!初回ガチャ最高レア進化ユニット確定!!最大4人同時プレイ可能!!

 

-ゲーム

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.