アプリ「ヴァンガードZERO」がTCG版とルールが違う!変更点について徹底解説

今回は、アプリ「ヴァンガードZERO」がTCG版とルールが違う!変更点について徹底解説していきます。

人気TCGのヴァンガードからヴァンガードZEROというアプリがリリースされましたが、TCGのヴァンガードと細かいルールの違いがあることが発覚しました。

どのような変更点が加えられたのか紹介します。


ヴァンガードZEROとTCGの違いを徹底解説

デッキ構築が変更される

現実のヴァンガードのデッキ枚数は50枚で、グレード枚数はファーストヴァンガード(以下FV)含む0は17枚(FVは1枚です)、グレード1・2・3に関してはデッキ枚数を超過しない程度に好きな枚数を選択して構いません。

しかし、ヴァンガードZEROではグレード0がFVのみになって、グレード1・2・3のカードに関しても、13枚ずつと枚数が固定されてしまいました。

1から3までのグレードが13枚にFV1枚なので、合計で「40枚」がデッキ構築枚数となります。

デッキ枚数が少なくなったことによって1回のゲーム効率・スピードが早くなったので、サクサクプレイを意識して対戦できるようになりました。

トリガー設定の仕様変更

これもデッキ構築に関係のある仕様変更部分ですが、「トリガー」に関する仕様も変わっています。

TCG版ではカードの効果がそのまま記載されているので、トリガーに関しては変更することができず、なおかつトリガーは「グレード0のカード」に付与されていました。

ヴァンガードZEROからはグレード0がFVしかないので、「グレード3のカード」にトリガーが設定されるようになり、なおかつどのトリガーをセットするかはあらかじめ自分で決定することができるようになりました。

「クリティカル」「ドロー」「スタンド」「ヒール」の4つのトリガーがありますが、ヒールのトリガーに関しては4枚まで設定でき、その他のトリガーは最大で9枚設定することができます。

完全ガード(守護者)の発動が強制

ヴァンガードにおける完全ガードとは、「守護者」のスキルを持ったカードに付与されている効果で、ヴァンガードがダメージを受ける際にダメージを軽減する効果を持っています。

TCG版で守護者の効果を使いたい場合は、手札に守護者のカードがある場合は敵のトリガー前に効果発動を宣言することができ、手札から1枚カードを捨てなければいけません(強制ではなく任意です)。

ヴァンガードZEROでは、敵トリガー後に「ダメージが累計6になるかクリティカル2以上のダメージを食らい残りダメージが1か0になる場合」に手札から完全ガードが強制的に発動され、手札からカードを捨てる必要もなくなります。

プレイミスによりゲームに敗北してしまうケースがないように対処したのでしょう。

守護者コールできなくなる

これも守護者に関する仕様変更ですが、守護者のカードはリアガードとしてフィールドにコール(場に出すこと)ことができなくなりました。

TCG版の守護者のカードの効果は非常に強力で、場に出してダメージを軽減、完全ガードを行うことができましたが、アプリ版ではできなくなっています。

完全ガードの仕様変更と含め守護者に関するルールが大きく変更されているので、実際にゲームして慣れる必要があります。

インターセプトの発動も強制

ヴァンガードには「インターセプト」という仕様があり、グレード2のリアガードが自分のFVの隣(フィールドの前列)にいる場合、後列のガーディアンサークルに移動させて、敵の攻撃を防ぐことができます。

TCG版ではインターセプトの効果発動は任意ですので、盤面によってインターセプトを使うかどうかといった戦略を考えることができました。

ヴァンガードZEROではインターセプトの効果は強制で、前列にグレード2のインターセプト効果を持っているカードを置いておくことで、このグレード2のカードを優先的に攻撃させることができるようになっています。

グレード2が肉壁になってくれるので、間接的にFVへの攻撃を強制的に防いでくれるので、それに合わせた戦略の見直しが必要です。

ドライブチェックのカードが手札へ行かなくなる

ヴァンガードには敵のFVに攻撃したタイミングで「ドライブチェック」という、トリガーを持つカードを引いたらその効果を上乗せして攻撃する仕様がありました(攻撃された側はダメージチェックを行います)。

TCG版だとドライブチェックを行ってトリガーを持つカード以外(TCGだとグレード0以外)を引いたらそのカードを手札に加えることができましたが、ヴァンガードZEROでは手札に加えることができません。

トリガー効果以外のカードは山札か捨て札へ行ってしまうので、TCG版と比べて手札を増やす手段が少なくなってしまいました。

ヴァンガードでも自分の手札の状態をコントロールするのは大切な戦略なので、ドローを増やすカード等が優先して採用される可能性が高くなっています。

ダメージ計算とヴァンガード戦闘力上乗せの変更

ダメージ計算や戦闘力上乗せの仕様も変更されています。

まず、FVがダメージを受ける際、そのターン内限定で戦闘力が5000上乗せされるようになりました(TCG版はダメージ上乗せなし)。

ドライブチェックで「クリティカル」の効果を持つカードが出た場合も戦闘力を上乗せできましたが、ヴァンガードZEROでは戦闘力をアップできる対象がヴァンガード限定です(TCGではリアガードも上乗せできました)。

後攻1ターン目ドローが2枚になる

上記のドライブチェックの仕様変更があって、どうしてもカードをドローするタイミングがTCG版と比べて乏しくなってしまいました。

その対策のためか、ヴァンガードZEROでは後攻1ターン目だとカードを2枚ドローできるようになっています。

TCG版だと1枚ドローしかできませんでしたが、これで多少手札を温存することができます。

ただし、ドライブチェックの仕様変更されていないTCGだとドライブチェックの度に手札を増やすことができたことを考えると、総合的に見てヴァンガードZEROでは手札が少なくなる傾向がありました。

アプリ版とTCG版の違いまとめ

ヴァンガードZEROとヴァンガードTCGの仕様変更の部分を表にしてまとめてみました。

ヴァンガードZEROヴァンガードTCG
デッキ枚数40枚50枚
ドロー後攻1ターン目は2枚後攻1ターン目も1枚
デッキ構築グレード0はFVのみ

グレード1・2・3は13枚ずつ

グレード0はFV含め14枚

デッキ枚数を越さない限りグレード1・2・3は好きな枚数入れれる

完全ガード発動強制(ダメージ6を超す・クリティカル2以上でダメージ残り1以下になる場合)任意
守護者コール不可可能
ドライブチェックドライブ効果以外のものは山札か捨て札行きドライブ効果以外のものは手札へ
インターセプト強制(グレード2のリアガードが前列にいる場合)任意
ダメージ計算ターン内限定で5000上乗せなし
クリティカルトリガーFVのみリアガードも対象

上記表を確認すると、おおまかな変更点はチェックできます。

全体的に見てルールや試合の流れ等の変更点は少ないので、今までヴァンガードをプレイしていたユーザーもすぐに慣れることができるでしょう。

現実のヴァンガードTCGとルールがごちゃ混ぜになるのはデメリットですがヴァンガードZEROにはヴァンガードZEROの面白さがあるので、こちらも試しにプレイしてみることをおすすめします!

遊戯王スイッチが配信停止!!詳細や原因、再度配信はある?

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

ファントムオブキル

ファントムオブキルは、神器の名前を持つ少女たちを育成して戦うタクティカルRPGです。

広いマップにキャラ移動距離や攻撃範囲の異なるキャラを配置し、ターンごとにキャラを動かして戦っていく戦略性の高いゲームになっています。

「有料でも買う」との声も多々見られるほどハイクオリティで、操作性も高いと好評です。

美しいイラストの魅力的なキャラたちには、剣や弓など様々な役割が割り振られています。

キャラの配置や動かし方、装備が重要になる戦略的なゲームなので、「気に入ったキャラが弱くて全く使えない」なんて心配はありません

更に同じキャラでも姫タイプによってステータスの伸びが違うため、自分だけの編成を見付ける楽しさもあります。

ファントムオブキルはストーリーも重厚で、特にキャラごとのクエストストーリーに力が入っています

美しい一枚絵と知らなかったキャラの素顔に、更にのめり込んでしまう事でしょう。

対人要素やコラボも豊富に行われており、長く楽しめるアプリになっています。

おすすめポイント

  • ハイクオリティなタクティカルRPG
  • 高い戦略性で楽しめる
  • 美麗なキャライラスト
  • ストーリーやキャラも魅力的
  • 対人要素やコラボも豊富

Dragonicle:ドラゴンガーディアン

Dragonicle:ドラゴンガーディアンは広大で幻想的な世界を旅する事が出来るファンタジーMMORPG。4K高画質対応の美しい世界を堪能する事ができます。

「パラディン」「シャドウ」「メイジ」「アーチャー」の4つの職業から選択するシステム。性別や体格は職業に依存し、顔や髪形など目立つ部分は自分でキャラメイクを行う事が可能です。

Dragonicle:ドラゴンガーディアンの大きな特徴が、龍魂システムです。選んだお供と一緒に戦闘に繰り出し、支援して貰う事ができます。

龍魂は非常にかわいらしい姿をしており、龍魂は自身で育てていく事が出来るのも魅力。成長するに連れて強く、外見も人型の美しいキャラクターに変化していきます。

オートプレイやアプリを閉じている間の自動鍛錬モードも搭載で、時間の無い方でも放置系アプリの様に遊ぶことができます。

バトルや育成システムなど全体的にテンポがよく、レベルもガンガン上がるのでストレスフリー。成長に合わせて強化が解放されるので、システム的にも分かり易くなっています

おすすめポイント

  • 広大で幻想的なファンタジーMMORPG
  • 4K対応のハイクオリティグラフィック
  • バトルや育成の店舗が良くレベルがどんどん上がる
  • キャラメイク可能
  • お手軽オートで放置育成可能
  • 龍魂のお供がカワイイ

龍が如く

大人気シリーズである龍が如くのアプリ「龍が如く ONLINE」は、基本プレイ無料で遊べるファン必携の作品です。

歴代のキャラクターを集めて編成し、ストーリー攻略やPVP、ギルドバトルを行います。

シリーズお馴染みのキャバクラにも力が入っており、会話の中で好感度を上げて攻略していく楽しみがあります。

本作は桐生に代って「春日一番」を新たな主人公中心とした物語となり、6から続くシリーズの正統続編となっています。

また郷田龍司を主人公にした「黄龍放浪記」、桐生の戦いを追憶する「桐生一馬伝」のストーリーに加え、歴代登場キャラを掘り下げるキャラストーリーも充実しています。

特にキャラストーリーは掘り下げや本編の前・後日談が充実しており、キャラの魅力は勿論、本編の矛盾点や疑問点に応えるものにもなっています。

PVPであるタイマンやギルドバトルであるドンパチも龍が如く ONLINEの大きな魅力です。

特にドンパチはド迫力で戦略性も高いシステム。連合内で殲滅役、連撃役、強襲役、防御役を受け持ち、奥義や号令を駆使して戦います

おすすめポイント

  • 歴代キャラクターが登場
  • 6から続くシリーズの正統続編
  • 戦略性の高いタイマンやドンパチ

 

-ゲーム

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.