ラグナドのオススメサーバーの選び方や注意点などを徹底解説

ラグナドールのリリースに際して「どのワールドを選ぶべき?」との声が多数見られます。

今回はラグナドールのワールドの詳細や選び方を徹底解説していきます。




ラグナドのワールド選択が話題に

ラグナドール

ゲーム性の高さやBiSHとのコラボで注目を集めるラグナドのリリースが間近に迫り、早くも話題になっています。

ラグナドは「紅」「翡翠」「瑠璃」の3つのワールドが有り、プレイ時に選択しなければいけません

これらは所謂サーバー選択になり、ワールドによる仕様やシステムの違いはないとされています。

同じワールドでないとギルドを組めない

ラグナドで「紅」「翡翠」「琉璃」の3つのワールドのどれを選んでも、システム的には大きな差はありません。

ただ同じワールドでないと、同じギルドに入れないという制限が有ります。

またサーバーによってプレイ人数が違う場合は、その人数によってメリットとデメリットが出てきます。

人数による違い

  • 人数が多い事のメリット:イベントやギルドが活発
  • 人数が多い事のデメリット:サーバーが混雑する恐れ・のんびりプレイできない事も

ラグナドのワールド選択の方法

タイトル画面下の「ワールド選択」をタップし、遊びたいワールドを選択します。

ワールドが選択された状態でタイトル画面をタップすれば、選んだワールドで遊ぶことが可能です。

ラグナドでどのワールドを選ぶべきか

下記ではラグナドで「どのワールドを選べばいいのか?」を紹介していきます。

レベル30までなら無料でワールド移住可能・3回まで

アプリでは一度サーバーを選択するとサーバー移動が出来なかったり、レアなアイテムを使わないとサーバー移動ができなかったりする事が多いです。

ただラグナドはシステム的にワールド移動が可能になっており、それほどワールド選びに悩む必要はありません。

レベル30までなら無料でワールド移動が可能で、それを超えても何かしらの移住手段が用意されていると見られます。

ただし今の所1データに付き3回までしかワールド移動できないので注意して下さい。

一度移住すると30日間移住できない

ラグナドにはワールド移住手段が用意されていますが、一度移住すると30日間は移住できない制限が有ります。

入りたかったギルドの空きが無くなったり、イベントに参加できなかったりする恐れもあるので、移住は慎重に行いましょう。

レベル30までなら無料なので、レベル30付近になるまでプレイをし、ゲームの勝手が分かってから移住を考えることをオススメします。

1人3データ持てる・本垢を決めるのは注意

ラグナドは1人3データを持つ事が可能になっています。

全てのワールドに1つずつデータを持つことも可能なので、それ程どのワールドで始めるべきかを気にする必要はないでしょう。

ただし移住したいワールドに既にデータが存在すると、そこに別のワールドから移住を行う事は出来ません

本垢を別のワールドに移す予定がある方は、一旦データは2つまでの作成にしておくと良いでしょう。

また移住先のワールドが現在のレベリキャップよりも低い場合も移住できない制限がついてしまいます。

友だちや実況者さんと同じワールドもあり

現時点でラグナドのワールド選びで重要なのは、同じワールドでないと一緒に遊べない点です。

友だちと一緒に遊びたい方は、友だちと同じワールドを選べばいいでしょう。

またラグナドはミラティブコラボが発表されており、様々なゲーム実況者さんがプレイすると見られます。

同じワールドであれば好きなゲーム実況者さんとプレイできる可能性があるので、リリース後の動向を見てからワールドを決めるのも1つの方法です。

紅が多い印象

SNS上ではリリース前にワールドを決め、事前にギルドメンバーの募集を行っている方います。

そう言った方を集計すると、サーバー1となる紅を選択している場合が一番多く、次いで瑠璃の募集が目立ちます。

賑わっているサーバーでプレイしたい方は紅、のんびりプレイしたい方は翡翠を選ぶのもいいでしょう。

ただしアプリがリリースされれば、サーバー内の人数は均されていく可能性が高いです。

3つ全てに本部・支部を置く所も

ラグナドの仕様上全てのワールドにプレイデータを作成できますし、ワールド移住も可能です。

その事から紅に本部を置き、翡翠と瑠璃にも支部を置くというギルドも見られます

今後これが主流になる可能性もあるので、ガチプレイをしたい方はリリース直後は動向をチェックしておく事をオススメします。

3つ全てにデータを作ってしまうと本垢の移行が出来ないので、入りたいギルドの本部が決まるまではプレイデータを2つにしておくと良いでしょう。

アプリ「イース6 オンライン」のサーバーの詳細や仕様、オススメサーバーの選び方など徹底解説

アプリ「イース6 オンライン」で「サーバーはどれを選べばいい?」と困ってしまう声が多数見られます。 今回はアプリ「イース6 オンライン」のサーバーの選び方について徹底解説していきます。 コンテンツ1 ...

続きを見る

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

Dragonicle:ドラゴンガーディアン

Dragonicle:ドラゴンガーディアンは広大で幻想的な世界を旅する事が出来るファンタジーMMORPG。4K高画質対応の美しい世界を堪能する事ができます。

「パラディン」「シャドウ」「メイジ」「アーチャー」の4つの職業から選択するシステム。性別や体格は職業に依存し、顔や髪形など目立つ部分は自分でキャラメイクを行う事が可能です。

Dragonicle:ドラゴンガーディアンの大きな特徴が、龍魂システムです。選んだお供と一緒に戦闘に繰り出し、支援して貰う事ができます。

龍魂は非常にかわいらしい姿をしており、龍魂は自身で育てていく事が出来るのも魅力。成長するに連れて強く、外見も人型の美しいキャラクターに変化していきます。

オートプレイやアプリを閉じている間の自動鍛錬モードも搭載で、時間の無い方でも放置系アプリの様に遊ぶことができます。

バトルや育成システムなど全体的にテンポがよく、レベルもガンガン上がるのでストレスフリー。成長に合わせて強化が解放されるので、システム的にも分かり易くなっています

おすすめポイント

  • 広大で幻想的なファンタジーMMORPG
  • 4K対応のハイクオリティグラフィック
  • バトルや育成の店舗が良くレベルがどんどん上がる
  • キャラメイク可能
  • お手軽オートで放置育成可能
  • 龍魂のお供がカワイイ

ファントムオブキル

ファントムオブキルは、神器の名前を持つ少女たちを育成して戦うタクティカルRPGです。

広いマップにキャラ移動距離や攻撃範囲の異なるキャラを配置し、ターンごとにキャラを動かして戦っていく戦略性の高いゲームになっています。

「有料でも買う」との声も多々見られるほどハイクオリティで、操作性も高いと好評です。

美しいイラストの魅力的なキャラたちには、剣や弓など様々な役割が割り振られています。

キャラの配置や動かし方、装備が重要になる戦略的なゲームなので、「気に入ったキャラが弱くて全く使えない」なんて心配はありません

更に同じキャラでも姫タイプによってステータスの伸びが違うため、自分だけの編成を見付ける楽しさもあります。

ファントムオブキルはストーリーも重厚で、特にキャラごとのクエストストーリーに力が入っています

美しい一枚絵と知らなかったキャラの素顔に、更にのめり込んでしまう事でしょう。

対人要素やコラボも豊富に行われており、長く楽しめるアプリになっています。

おすすめポイント

  • ハイクオリティなタクティカルRPG
  • 高い戦略性で楽しめる
  • 美麗なキャライラスト
  • ストーリーやキャラも魅力的
  • 対人要素やコラボも豊富

 

-ゲーム
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.