ピクミンブルームの白ピクミンについて 詳細や育成方法、優先して育てていいかを徹底解説

ピクミンブルームの「白ピクミン」について、育成可能条件や性能・優先して育てるべきかを紹介していきます。

特殊ピクミンの1種なので赤・黄・青ピクミンよりは性能が高いですが、現時点ではおつかいもしくは白色のキノコのチャレンジ特効で活用します。他のピクミンと比較した育成優先順位もチェックしておきたいです。


ピクミンブルームの白ピクミンについて

白ピクミンの初出は「ピクミン2」という作品で、設定では足が速くて猛毒を持っています。

今作ではチャッピーやブタドックリといった原生生物が今のところは出てきていないため毒を持っている設定は活かされていませんが、足が速いという部分がおつかいに反映されています。

他のピクミンと比べて目が違うためなんとなく物珍しさを放っていて、綺麗なタイプのピクミンなので人気が非常に高いです。

レベル16で育成可能

ピクミンブルームで白ピクミンを育てられるようになるのは、「レベル16」になってからです。

レベル16になって「白色の苗」が手に入りますが、この苗をセットして必要歩数を歩けば白ピクミンが誕生します。レベルアップ条件は「レベル15で解放されるチャレンジ(かんたん)をクリア」「累計63000歩歩く」です。

おおよその赤・黄・青・紫ピクミンの数は揃えられているケースがほとんどで、レベル16になって白ピクミン量産のための育成方針を取ってもいいかもしれません。また、レベル17になるために白色の苗からピクミンを誕生させる必要があるため、1匹は必ず作るようにしてください。

白ピクミンの性能

ピクミンブルームにおいての白ピクミンの性能について紹介します。

おつかいで役に立ってくれるピクミンですが、紫ピクミン、羽ピクミンもおつかいタイプのピクミンなので、役割はやや被りがちです。

おつかい時間短縮効果あり

白ピクミンはおつかいを完了させるまでの速度が優秀で、赤・黄・青ピクミンと比べて1匹あたり約2倍の速さでおつかいを完了させられます。

1時間かかるおつかい(赤ピクミン1匹の場合)だと、白ピクミン1匹で30分で帰って来れます。ピクミンを多くおつかいに出す際も、白ピクミン同士で集めるとさらに時間が短縮されます。

白ピクミン1匹にさらに他の白ピクミンを合わせて、おおよそ3分から8分まで時間を短縮させられます。

羽ピクミン・紫ピクミンとの比較

まず、同じくおつかい完了時間に長けている羽ピクミンとの比較です。

羽ピクミン1匹あたりのおつかい完了時間と、赤ピクミン1匹あたりのおつかい完了時間の差は、おおよそ4倍です。例えば、赤ピクミンが30分かかるおつかいだと、羽ピクミンは8分で帰って来れます。

白ピクミンは赤・黄・青ピクミンの2倍のスピードしかないため、羽ピクミン1匹あたりと比較すると、白ピクミンはどうしても性能が劣ってしまいます。

また、距離が離れたり同じピクミン同士で複数のピクミンを組ませた場合は、さらに差が広がります。

また、上記は通常ピクミンで2時間16分後に帰ってこれるおつかいを白・紫それぞれ1匹ずつ出した場合の時間です。

上記画像を比較すると紫ピクミンの方がおつかいから戻ってくる時間が優れていて、紫ピクミンの方がおつかい方面でも優秀だと判断ができます。

しかし、この例はあくまでも「ピクミン1匹あたりの時間」で、これが仮にさらに長時間のおつかいになったり、白ピクミン・紫ピクミンをそれぞれ複数編成しておつかいに出た場合だと、白ピクミン編成の方が時間は早くなります。

白ピクミン2匹、紫ピクミン2匹でも既に白ピクミンの方がおつかいスピードが速く、参考までに赤ピクミンで5時間かかる場合だと、白ピクミンは2時間30分、紫ピクミンは2時間50分前後です。

白ピクミン1匹だけでも時間短縮が可能

ピクミン単体の性能だけ見ると白ピクミンは羽ピクミンの劣化版だと思われがちですが、白ピクミンは羽ピクミンのように編成全部が白ピクミンでなくても、時間短縮が可能です。

白ピクミンが1匹で後は全部通常ピクミンだとしても、全員赤・黄・青の場合と比べて、元々の完了時間にもよりますがおおよそ3分から10分までおつかい時間を短縮させられます(かなりの長距離だとさらに短縮時間も長くなります)。

おつかいに行ってもらうピクミンを全員白ピクミンに揃える必要がないのは、育成する上でありがたいポイントです。数がいればいるだけありがたいのは変わりませんが、何チームもおつかいに出す場合は白ピクミンを分散させた方が効率がよくなる可能性もあります。

必要歩数は3000歩

白ピクミンが誕生するまでに必要な歩数は「3000歩」です。

歩数は紫ピクミンと同じですが、レベル16で白ピクミンが解放されるのに対して、紫ピクミンはレベル13から育成を開始できます。

そのため、白ピクミンがどうしても好きというユーザー以外は、おおよそ同じ歩数で誕生できるとしても紫ピクミンの方が数が多いです。

また、赤・黄・青ピクミンは1000歩で誕生、岩・羽ピクミンは5000歩必要です。

ピクミンブルームの白ピクミンは優先して育てるべきか

ピクミンブルームでは白ピクミンは優先して育成すべきなのかも紹介していきます。

性能が高いとはいえ、あくまでも通常ピクミンと比較しての問題で、羽ピクミンや岩ピクミンと比べると話は変わってきます。

赤・黄・青よりは優先できる

赤・黄・青ピクミンはそれぞれ1000歩で誕生できるため、ただ闇雲にピクミンの数だけ欲しい場合の育成には向いています。

しかし、白ピクミンにはおつかい時間がおおよそ2倍速くなるメリットがあるため、性能で考えると白ピクミンは通常ピクミンよりも優先度は高いです(チャレンジ性能だと通常ピクミンより劣る可能性があります)。

問題は必要歩数の3000歩と白ピクミンの性能の費用対効果が合っているかどうかです。

おつかいの距離にもよりますが、白ピクミン1匹と通常ピクミン3匹(必要歩数が白ピクミンの3分の1なので3匹です)だと、白ピクミンの方がおつかい完了時間が長いケースがほとんどです。よほどの短距離のおつかいばかりを頼むのでない場合は、白ピクミンを優先して育成した方がお得です。

おつかい短縮時間が紫ピクミンと一長一短なのがポイント

次に紫ピクミンとの比較を行いますが、おつかい短縮時間の仕様が違うため、やや比較しづらいです。

1匹あたりのおつかい時間だと紫ピクミンの方が時間短縮率が高いですが、複数集まった状態だと白ピクミン複数編成の方がおつかい時間が早いです。

そのため、たくさん集めておつかいに出すのであれば白ピクミンの方が向いていますが、紫ピクミンはチャレンジに向いているピクミンです(公式は名言していませんが、紫ピクミンを編成するとタイムが速くなる傾向があります)。

つかいだけを見るなら優先度は白ピクミンの方が上で、チャレンジまで視野に入れたい場合は紫ピクミンの方が育成優先度は上です。

ピクミンブルームの紫ピクミンと手に入れる方法、 誕生の仕方や性能について徹底解説

おつかい時に何匹かいればいいので量産は羽ピクミン優先

白ピクミンはおつかい時に他の種類のピクミンが数匹紛れていてもおつかい時間が長くはならないため、極端な話おつかい時に1匹でもいれば効果を発揮します(その分短縮時間は少ないです)。

しかし、羽ピクミンはおつかいに出す際の編成で羽ピクミンだけを集めないと時間が通常ピクミンと同じになってしまいます。

羽ピクミンでおつかい艦隊を組むのであればそれなりの数が必要で、編成に何匹かいればいい白ピクミンと比べると優先度は高くなります。

羽ピクミン解放はレベル19までなので、それまでは白ピクミン(紫ピクミン)を育成して、19になった瞬間に羽ピクミン育成に切り替えるのをおすすめします。

ピクミンブルームの羽ピクミンの詳細、入手方法やおつかいでのメリットを徹底解説

今後のチャレンジで活躍する可能性あり

現時点でのチャレンジは「キノコ破壊チャレンジ」のみで、力が弱い白ピクミン(羽ピクミン)は、他のピクミンと比べるとスコアが低いケースがほとんどです。

そのため、チャレンジを考えるのであれば現状だと白ピクミン育成の優先度は低いのですが、今後「チャッピー討伐」「パンモドキ来襲」のようなチャレンジが出てこないとも限りません。

原生生物討伐のチャレンジが来た場合、毒を持っている白ピクミンは戦力として期待できる可能性が高いです。新しいチャレンジが来ると見越して今のうちに白ピクミンのストックを増やしておくのはありです。

ただし、新しいチャレンジで原生生物討伐が追加されるかは未定で、そもそも追加されない可能性もあります。

アプリ ピクミンブルームの遊び方、攻略を徹底解説

新作位置情報アプリ「ピクミン ブルーム」は、歩いてピクミンを誕生させてピクミンと一緒に散歩するアプリです。 Nintendoで古くから愛されてきたピクミンシリーズのマスコットキャラクターともいえる存在 ...

続きを見る

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

Dragonicle:ドラゴンガーディアン

Dragonicle:ドラゴンガーディアンは広大で幻想的な世界を旅する事が出来るファンタジーMMORPG。4K高画質対応の美しい世界を堪能する事ができます。

「パラディン」「シャドウ」「メイジ」「アーチャー」の4つの職業から選択するシステム。性別や体格は職業に依存し、顔や髪形など目立つ部分は自分でキャラメイクを行う事が可能です。

Dragonicle:ドラゴンガーディアンの大きな特徴が、龍魂システムです。選んだお供と一緒に戦闘に繰り出し、支援して貰う事ができます。

龍魂は非常にかわいらしい姿をしており、龍魂は自身で育てていく事が出来るのも魅力。成長するに連れて強く、外見も人型の美しいキャラクターに変化していきます。

オートプレイやアプリを閉じている間の自動鍛錬モードも搭載で、時間の無い方でも放置系アプリの様に遊ぶことができます。

バトルや育成システムなど全体的にテンポがよく、レベルもガンガン上がるのでストレスフリー。成長に合わせて強化が解放されるので、システム的にも分かり易くなっています

おすすめポイント

  • 広大で幻想的なファンタジーMMORPG
  • 4K対応のハイクオリティグラフィック
  • バトルや育成の店舗が良くレベルがどんどん上がる
  • キャラメイク可能
  • お手軽オートで放置育成可能
  • 龍魂のお供がカワイイ

ファントムオブキル

ファントムオブキルは、神器の名前を持つ少女たちを育成して戦うタクティカルRPGです。

広いマップにキャラ移動距離や攻撃範囲の異なるキャラを配置し、ターンごとにキャラを動かして戦っていく戦略性の高いゲームになっています。

「有料でも買う」との声も多々見られるほどハイクオリティで、操作性も高いと好評です。

美しいイラストの魅力的なキャラたちには、剣や弓など様々な役割が割り振られています。

キャラの配置や動かし方、装備が重要になる戦略的なゲームなので、「気に入ったキャラが弱くて全く使えない」なんて心配はありません

更に同じキャラでも姫タイプによってステータスの伸びが違うため、自分だけの編成を見付ける楽しさもあります。

ファントムオブキルはストーリーも重厚で、特にキャラごとのクエストストーリーに力が入っています

美しい一枚絵と知らなかったキャラの素顔に、更にのめり込んでしまう事でしょう。

対人要素やコラボも豊富に行われており、長く楽しめるアプリになっています。

おすすめポイント

  • ハイクオリティなタクティカルRPG
  • 高い戦略性で楽しめる
  • 美麗なキャライラスト
  • ストーリーやキャラも魅力的
  • 対人要素やコラボも豊富

 

-ゲーム
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.