「Microsoft Teams」にサインインできない問題の詳細と対処法を徹底解説

グループチャットサービスの「Microsoft Teams」において、サインインすることができず、Teamsを利用できないといったトラブルが報告されています。

Teamsにサインインできない原因と対処法を詳しく解説します。


「Microsoft Teams」にサインインできない

「Microsoft Teams」を利用するには、Microsoftアカウントでのサインインが必要になります。

しかし、一部のユーザーから「Teamsへのサインインができない!」というトラブルが報告されています。

主に多発しているサインイントラブルでは、パスワード入力後にTeamsアプリケーション起動時に画面が真っ白になってしまい、いつまで経ってもTeamsへアクセスすることができないといった問題が発生しています。

また、サインイン時にエラーメッセージが表示される場合も確認されています。

ポイント

  • 【0xCAA20003】認証の問題が発生しました。
    →日付と時刻が正しく設定されているか。
  • 【0xCAA82EE2】要求はタイムアウトしました。
    →通信状態の確認を行う。
  • 【0xCAA82EE7】サーバー名を解決できませんでした。
    →通信状態が安定しているか。ファイアウォールが影響していない確認する。
  • 【0xCAA20004】要求はリソース所有者または認証サーバーによって承認される必要があります。
    →管理者にAAD構成ポリシーに準拠しているか確認する。
  • 【0xCAA90018】正しい資格情報を使用していません。
    →サインイン情報が誤っているため、正しい情報が入力されている確認する。
  • 【エラーメッセージ無し】スマート カードを使用して PIN を再度入力する必要があります。
    →スマートカードを採用している場合、再挿入とカードの効力があるか確認する。

サインインを試みてもTeamsへアクセスすることができない要因としては、次のものが考えられます。

テレワークで大活躍!グループチャットサービス「Microsoft Teams」の使い方を徹底解説

アカウント情報が誤っている

入力したアカウントが間違っている可能性があります。

キーボード上の「CapsLock」が有効になっていると、入力している文字列が全角になっていることでサインインに失敗してしまうケースに繋がります。
サインイン時には、アカウントを正しく、間違いが無い事を確認してサインインを試みてみましょう。

デバイスの設定・利用時の環境が影響している

デバイスの設定が影響を与えている可能性があります。

よくある原因

  • 利用地域の「日付と時刻」が正しくない。
  • セキュリティソフトが影響している。
  • ファイアウォールが影響している。
  • 通信環境が不安定。

上記の設定を確認・変更することによって問題を解消できるかもしれません。

ブラウザやアプリケーションに問題が生じている

サインインに失敗してしまう原因として、Teamsで利用するブラウザやTeams専用アプリケーションに問題が生じていることが考えられます。

一時的に別のブラウザを利用することや、アプリケーションの再起動・再インストールによって改善される可能性があります。

通信環境が不安定である

Teamsサインイン時の通信環境が不安定になっていることでサインインができない問題を引き起こしていることも考えられます。

アクセスポイントの確認、有線LAN接続、ネットワーク機器の再設定で改善される傾向があります。

対処法

Microsoft Teamsにサインインできない問題に直面した場合は、

主な対処法

  • ブラウザ・アプリの再起動。
  • デバイスの再起動。
  • デバイスのOSを最新バージョンへアップデートする。
  • ブラウザのキャッシュデータ、Cookie、閲覧履歴を消去する。
  • ブラウザアドオンを利用している場合は、一時的に無効にする。

上記の対処法を試してみましょう。

クライアントアプリもしくはデスクトップ版の双方でサインインできるか確認する

サインインできない場合は、片方の利用形態で再度サインインを試してみましょう。

例えば、普段からクライアントアプリでTeamsを利用している方はブラウザ版を。またはその逆を試してください。

どちらもサインインに失敗してしまう場合は、

原因

  • Microsoft側のサービスに何らかの障害が発生している。
  • アカウントに問題がある。
  • デバイスの設定等に問題がある。

以上の原因が影響していることが考えられます。
どちらもサインインできない場合は、別の対処法を試してみましょう。

アカウントの再発行

アカウント情報が正しくないことでサインインすることができない原因に繋がっているかもしれません。

パスワード等の再発行を行うことで状況が改善する可能性があります。

Teams等のMicrosoftアカウントサインイン画面で、「アカウントにアクセスできない場合」を開きます。

サインインに問題が生じているアカウントの種類を選択してください。

登録時のメールアドレス、電話番号、名前のいずれかで再発行手続きを進めてください。

日付と時刻が正しく設定されているか確認する

デバイスの日付、時刻が利用地域に合っていないとサインインできないことがあります。
ユーザー側が日付・時刻を手動設定にしている場合など、ズレが生じてしまう場合があり、サインインできない状況に陥っていることも考えられます。

日付・時刻設定の確認および変更は、次の手順で行います。

「Windowsボタン(キー)」を押し、歯車アイコンの「設定」をクリックして開きましょう。

Windows設定の「時刻と言語」を開きましょう。

「時刻を自動的に設定する」のスイッチをオンにしましょう。

他に起動中のアプリケーションを終了する

他に起動中のアプリケーションがある場合は、すべて終了してみましょう。

タスクを空けることによってサインインができるようになる可能性があります。

別のブラウザを利用する

普段から利用しているブラウザから、別のブラウザをインストールしてTeamsへのサインインを試してみましょう。

別のブラウザを利用することによってスムーズに解決するかもしれません。

プロキシを無効にしてサインインする

プロキシを無効にすることによってサインインできるようになる可能性があります。

「Windowsボタン(キー)」を押し、歯車アイコンの「設定」をクリックして開きましょう。

「ネットワークとセキュリティ」を開いてください。

左側のタブに表示されている「プロキシ」をクリックして開きます。

「設定を自動的に検出する」のスイッチをオフにします。

設定完了後にパソコンを再起動してください。

インストールされているセキュリティを一時的に停止する

デバイスにインストールしているセキュリティソフトがサインイン問題を引き起こしているケースがあるため、導入中のセキュリティソフトを一時的に停止しましょう。

セキュリティソフトを停止した状態でもサインインできない場合は、「ファイアウォール」を無効にすることでサインインできるようになる場合があります。

注意

ファイアウォール無効によって、デバイスのセキュリティにリスクが生じやすくなります。実行は自己責任で行いましょう。

ファイアウォールを無効にする場合は、「コントロールパネル」を開きます。

  「システムとセキュリティ」を開いてください。

続いて「Windows Defender ファイアウォール」を開きます。左側メニュー欄の「Windows Defender ファイアウォールの有効化または無効化」を開きます。

「無効化にする」をクリックすることで、ファイアウォールが無効になります。

無効化にした状態でサインインを試し、試した後は直ちにファイアウォールを再度有効にしましょう。

Microsoft Teamsで声が聞こえない問題発生!詳細と対処法を徹底解説

 

-ダウンロードアプリ
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.