Discordにスレッド機能が登場!使い方と使えない場合の対処法を徹底解説

Discord公式Twitterから、2021年初めに開発中との発表のあったスレッド機能が遂に登場しました。

今回はこのスレッド機能の使い方、使えない場合の対処法を徹底解説していきます。


Discordにスレッド機能が登場

Discordブログ

以前から追加要望の多かったスレッド機能が、遂に米国時間7月27日から使用可能になりました。

スレッド機能とは

Discordブログ

そもそもスレッドとは、ある話題に関する投稿の集まりを意味する言葉です。

Discordのスレッド機能とは、コミュニティ内の各チャンネル(話題)に関して任意のメンバーのみでチャットができる機能のことです。

スレッド機能の使い方

スレッドの立て方から通知設定など、スレッド機能の使い方を解説していきます。

スレッドの立て方

スレッドの立て方を説明します。

まずDiscordアプリを開いて左のような画面になればスレッド機能が使えるようになっています。

次に任意のチャンネル画面を開き、右上のスレッドアイコンをタップします。

スレッドを作成ボタンをタップします。

次の画面の上からスレッド名の入力、プライベートスレッド(有料)にするかの選択、自動アーカイブ時間の選択、最初のメッセージの送信をするとスレッド作成が完了です。

ここで注意が必要なのがプライベートスレッドにするかどうかです。プライベートスレッドにするかどうかは、この画面でしか選択できません。

また、プライベートスレッドにできるのは月額$9.99のNitroに加入しているもしくは、Discord早期サポーターかつNitroを継続しているユーザーのみです。

スレッドの返信と編集

スレッドの返信と編集方法について説明します。

返信したいメッセージを長押しするとメニュー画面が出てくるので、返信をタップするとメッセージ欄に飛び、入力して送信ボタンをタップで完了です。

返信以外は、メニュー画面の上から絵文字、メッセージを編集、テキストをコピー、メッセージを削除、ピン留め、未読にする、メンション、リンクのコピーとありますので、それぞれをタップで使用できます。

スレッドごとの通知設定方法

スレッド機能ではチャンネルごとに通知設定できるように、スレッドごとも通知設定ができるので、設定方法を説明します。

通知設定したいスレッド名を長押しするとスレッドメニューが出てくるので、一番上の通知設定をタップします。

デフォルトは全てのメッセージが選択されていますので、メンションのみ通知しないを選択して通知設定完了です。

スレッドをアーカイブする方法

任意のタイミングでスレッドをアーカイブする方法を説明します。

アーカイブしたいスレッド名を長押しするとスレッドメニューが出てくるので、スレッドのアーカイブをタップでアーカイブ完了です。

スレッドが自動アーカイブされる期間の変更方法

スレッドはスレッド内で一定期間メッセージが送信されないと自動でアーカイブされます

デフォルトは24時間に設定されていますが、この期間を変更する方法を説明します。

自動アーカイブの時間を変更したいスレッド名を長押しするとスレッドメニューが出てくるので、任意の期間を選択すると設定完了です。

ここで注意が必要なのが、3日間はブーストレベル1以上、1週間はブーストレベル2以上が必要となります。

アーカイブ解除方法

アーカイブされたスレッドのアーカイブ解除方法を説明します。

復元したいスレッドのあるチャンネルを選択し、右上のスレッドアイコンをタップします。

次の画面のアーカイブ済みをタップするとアーカイブされたスレッドが一覧で表示されるので、アーカイブ解除したいスレッドをタップします。

スレッド画面が表示されたら右上のアーカイブ解除をタップでスレッドのアーカイブ解除完了です。

スレッドの退出方法

スレッドの退出方法を説明します。

退出したいスレッド名を長押しするとスレッドメニューが出てくるので、スレッドを退出をタップで退出完了です。

スレッドの検索方法

チャンネルと同じようにスレッドも検索できるので、検索方法を説明します。

メイン画面下の検索アイコンをタップします。

入力欄にキーワードを入力するとチャンネルとスレッド混在で一覧が表示されて検索完了です。

探していたスレッド名をタップするとスレッドページに飛びます。

使えない場合の対処法

スレッド機能が使えない場合の対処法を解説していきます。

アプリのアップデート

アプリが最新バージョンになっていないとスレッド機能は使用できません。

ストアからアプリを開こうとして、アップデートを要求されなければ最新バージョンになっています。

8月17日までは使用できないサーバーもある

Discordブログ

Discordブログによると、一部のコミュニティーサーバーは2021年8月17日までに機能が有効となるのことで、現時点ではスレッド機能が使用できないサーバーがあるようです。

もし該当するコミュニティーサーバーの管理者、ユーザーは機能が有効になるまでお待ち下さい。

また、非コミュニティーサーバーでは利用できないという報告はありませんが、もしアプリのアップデートでも解決しない場合は公式Twitterに問い合わせすることをお勧めします。

問い合わせ方法は、今回の告知のあったtweetに返信するかたちで質問すると、迅速な回答が得られます。

Discord Nitroの無料登録メールが届かない時の原因と対処法を徹底解説

Epic Games(エピックゲームス)ストアでのDiscord(ディスコード)取り扱いを記念した、3か月間Discord Nitro無料ライセンスの認証メールが届かないと話題になっています。 今回は ...

続きを見る

 

-Discord
-, , ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.