RUST大会でEZの葛葉さん達が上げた花火が炎上している詳細や問題なのかについて徹底解説

STEAM

RUST大会で葛葉さん達がEZの花火を打ち上げて論争になっています。

今回はRUST大会でBチームが花火を打ち上げて論争になった詳細や問題なのかなどについて徹底解説していきます。




EZの花火が炎上

6月16日18日19日にはRUSTのストリーマー大会VCR STREAMERS RUSTも開催されています。葛葉さんや渋谷ハルさんなど有名ストリーマーが6人6チームで競い、大変な盛り上がりが見られました。

大会では熾烈なプレイが繰り広げられ、見事チームBのEZが優勝しました。Bチームは元々活躍が期待されていませんでしたが、最後の逆転など奇跡的な勝利を掴みました。

そういった経緯もあり、Bチームは優勝決定時にEZ(Easy)の花火を打ち上げて喜びを表現しました。ただこの花火の打ち上げに疑問を抱く人が出てきています

RUSTについては以下の記事で詳しく解説しています。

今話題のRUST配信についてやApexエーペックスに変わって盛り上がっていくのかなど徹底解説

チームBのメンバーは以下の通りです。

チームB

  • StylishNoobさん
  • 葛葉さん
  • k4senさん
  • ソバルトさん
  • CPTさん
  • らっだぁさん

優勝決定時に花火を打ち上げた

Bチームは残り時間が少ない中、チームCの敵拠点に襲撃を掛けました。そしてソバルトさんがドッグタグ7000を獲得。残り時間4分程度で全員撤退し、ソバルトさんを守り切り試合が終了します。

結果発表で2位と約3000の差でBチームの1位が確定。そのタイミングで葛葉さんがEZの花火を打ち上げました。

この花火は公式のものではなくBチーム側が用意したもので、他のプレイヤーに見えるように大きくEZ(優勝がEasyだと言う意味)が表示されるようになっています。

多くのストリーマーが発表の瞬間の花火を見ましたが、祝福の声と共に「煽られてない?」「煽りですかこれー」という声も聞こえています。視聴者側でもこれを煽り行為や負けた側への配慮がなっていないと受け取る方がおり話題となりました。

またCチームがドッグタグを取られて戦意を喪失した後も、Bチームを含む他のチームから攻撃を受け続けていたことを「可哀想だった」と見る方もいました。

EZの花火は問題となるのか

下記ではEZの花火が問題となるのかについて徹底解説していきます。

ストリーマー側も両方に理解を示している

EZの花火に賛否両論が出ている事について後日聞いた渋谷ハルさんは、賛否が出ていること自体に驚いていました。

これはEZの花火を打ち上げて喜びを表現したことも、他のストリーマーが煽りではないかと反応したことも、ストリーマー同士のプロレスで、悪意ある事ではないと理解している事から来ています。

ただEZの花火に苦言を呈している方に対しても、「難しい問題」だと一定の理解を示しています。

特に大会という性質上、負けたチームのファンが悔しいと感じて(場合によっては勝ったチームに攻撃になってしまうのは)しまうのは、それだけ惹きつけるプレイをしていた結果と言えるでしょう。

Cチームにファンの思い入れがあったのは確か

大会では6人6チームで開催されましたが、特にCチームの下馬評は低めでした。RUSTのプレイに慣れていない方が多く、シャカさんやだるまさんのようにRustで目立つプレイヤーが見られなかったのも理由の1つです。

拠点も挟まれる位置で有利ではなかった上に、最終的にフォーカスされて逆転の起点となってしまいました。それでもCチームは必死の耐えを見せ、落ちてしまったとは言え、リスナーを大いに沸かせていました。

そう言った事もあり、Cチームに思い入れが強い方が多かったのも今回の騒動に繋がっています

EZ花火もファンを盛り上げるための演出でもある

Bチームは戦意を失ったCチームに最後まで攻撃を仕掛けており、中にはそれをやり過ぎではないかと感じた方もいます。

ただBチーム視点から見れば勝利を確定するために、最後まで気の抜けない状況でした。特に最後まで相手の進路を警戒して攻撃を続けていた葛葉さんは大会にも多く出ており、試合終了まで逆転の可能性を摘む動きが身についています。

Cチームの戦意が削がれている事を他のチームが知る由もありませんし、なによりCチームも諦めていると言いながらも、ストリーマーらしく諦めずにEZを追う動きを見せていました

そういった息詰まる攻防の末の勝利であり、その勝利をファンとお祝いするためにBチームは側はわざわざEZの花火を用意した形です。

RUST自体荒れ気味だった

最近のRUSTは多くのストリーマーさんが突発的にコラボやイベント事が起きるなど、大変な盛り上がりが見られていました。

しかしそれ故に大きく注目されるようになり、鳩や荒らしなどマナーを守らないリスナー問題も増え始めていました。

さらにゆふなさんやローレンさんのように、RUST配信で炎上した方も出始めています。こういった荒れやすい環境になっていたことも、EZの花火に賛否が出た一因と言えるでしょう。

RUST関連の炎上については、以下の記事で詳しく解説しています。

ゲーム配信者ゆふなさんの炎上を徹底解説

にじさんじのローレンさんの騒動や署名活動の賛否について徹底解説

Bチームの荒らしがデマなどを書き込んでいた

CチームはTCをうまく隠しており、他のチームは中々見つけられませんでした。Bチームが発見してドッグタグを奪ったのは、諦めない突撃と運の賜物と言えるでしょう。

しかしこの時Cチームのコメント欄に、「Bチームは鳩によってTCの位置を知った」というコメントが見られました。

これを信じた方が少なからずおり、チャット欄が荒れる事となりました。

ただBチームの配信やコメを確認すれば、こちらがデマだったことは分かります。Bチームに悪意を持った荒らしの方が、煽る目的で書き込んだと見られています

今話題のRUST配信についてやApexエーペックスに変わって盛り上がっていくのかなど徹底解説

STEAM 最近RUSTの配信が面白いと話題になっています。 今回はRUSTの配信が貰がっている詳細や今後も盛り上がっていくのかなど徹底解説していきます。 コンテンツ1 RUSTの配信が面白いと話題に ...

続きを見る

 

-YouTuber
-, , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.