みけねこさんの原神炎上の詳細と問題点について徹底解説

みけねこさんが原神で炎上したことが話題になっています。

今回はみけねこさんが原神で炎上した詳細と、その問題点について解説していきます。


みけねこさんが原神配信を開始

2022年4月9日、みけねこさんは自身のチャンネルで原神の実況配信を開始しました。

原神はマルチプレイに対応していますが、ゲーム内で設定されたランクが一定以上にならなければ行うことはできません。

そのため初回放送はソロで行えるチュートリアルやストーリーを進行し、配信は終了しました。

リスナーもそれに合わせて原神をプレイし始める

原神はマルチプレイが魅力の一つになっており、最大4人で楽しむことができます。

みけねこさんと一緒に遊べるかもしれない、と既に原神をプレイしているリスナーは喜びの声を上げていました。

また原神を遊んだことがないリスナーの中には、これを機に遊んでみようと原神をDLする人もいました。

アカウントの売却を強要されたと告白するアカウントが現れる

そんな中、原神プレイヤーがTwitter上で「アカウントの売却を強要された」という告白を行うツイートが話題になりました。

アカウント売却強要の経緯

  • チャットでマルチプレイ解禁までどの程度時間がかかるか尋ねられる
    ゲーム内チャットで、マルチプレイが解禁になるランク16はどの程度時間がかかるか聞かれたのでおおよその目安を答えた。
  • そのレベルまで上げてほしいと言われたが、マルチプレイができないため断る
    ランク16まで上げる手伝いをしてほしいと言われたが、マルチプレイによるレベル上げができないため難しいと伝えた。
  • レベル上げ代行を求められたため断るとアカウントを売却してほしいと要求される
    パスワードを教えるのでレベル上げ代行をしてほしいと言われ断ると、アカウントを売ってほしいと突然切り出された。
  • 売却を断ると「アカウントを晒す」と脅された
    アカウントの売却はできないと伝えると、「アカウントを晒す」と伝え更に脅迫まがいの発言をした

一連の流れをハッシュタグで『#原神 #みけねこ #注意喚起』と付け、スクリーンショットを交えてツイートを行いました。

これは強要を行ったアカウント名が『ねこ』であることから「ねこ=みけねこさん」という疑惑があったためだと考えられます。

確証なくみけねこさんの名前をハッシュタグに使用した事で非難を受けましたが、ななせさんは本人から引用RTで指摘された場合消すと声明を発表しました。

ななせさんのツイートが引用RTされ騒動が広がる

ななせさんの声明を受けてか、みけねこさんはななせさんのツイートを引用RTし説明を行いました。

説明の内容は「私が関係するやり取りではなく迷惑している」・「不要なハッシュタグをつけたせいで無駄な事態に発展した」といったものです。

この説明を受けななせさんは該当するツイートを削除し、『#みけねこ』の部分を削除したツイートを再度投稿しました。

しかしその後ななせさんのアカウントには、みけねこさんのリスナーから大量の返信・引用RTが届く事になりました。

ななせさんは原神の引退とアカウント削除を宣言

その後、告白を行ったアカウントは無関係なみけねこさんを巻き込んだ件を謝罪しました。

そして今回の騒動をきっかけにTwitterアカウントの削除原神を引退するとTwitter上で報告しました。

既にみけねこさんとは和解が完了しているとも、自身のアカウントで伝えられました。

アカウントを消した理由として自身の発言の矛盾点を指摘されたくなったのでは、と主張する声もあります。

告白した人物から自作自演であったと説明がされる

一度Twitterアカウントが削除されましたが、翌4月12日に復活し新たにツイートを行いました。

そのツイート内でアカウント売却強要を行った『ねこ』のアカウントは自身が作成したものであり、今回の騒動は自作自演だったというものです。

ななせさんは現在使用しているアカウントとは別に『ねこ』のアカウントを作成し、チャットで一人二役を演じていました。

原神は同じ端末でアカウントを複数使用しているとBANされる可能性がありますが、別端末の場合その可能性を低くすることが可能です。

現時点では『ねこ』のアカウントに必要なパスワードを紛失しており、自身が作成・操作したという証拠は出ていません。

今回の炎上に関する問題点や疑問点

ここからは今回の炎上に関する問題点について解説していきます。

発言に対する影響力を見誤った

みけねこさんからすれば今回の行動は自身に向けられた言葉の訂正を行う、というシンプルな構図です。

引用RTに関してもななせさんから提案された事もあり、それに則って行うこともおかしなことではありません。

しかし穏便にDM(ダイレクトメール)で修正を伝える事が可能だったこともあり、引用RTによって騒動が大きくなった部分は少なからずあります

表立って引用RTを行ったことが、今回のみけねこさんリスナーと原神プレイヤーでの言い争いの拡大につながったと言えるでしょう。

12日に今回の騒動に関してみけねこさんのTwitterアカウントで説明が行われたことから、ファンの動向は把握しているようです。

発信されたものは自身のフォロワーを庇うものに終始したもので、その内容にSNS上では他に説明することがあると指摘する声が上がっています。

意図してファンネルを飛ばしたという疑惑

みけねこさん自身で直接攻撃はせず、自身のフォロワーを誘導してファンネル行為を行ったと指摘するアカウントも現れています。

ファンネル

ガンダムに登場する兵器の一つで、操縦者の思考に合わせてビーム攻撃を行う。

その事からインフルエンサーが誘導を行い、ファン・フォロワーに特定の行動を行わせる行為をファンネルと呼ぶようになった。

今回の場合、引用RTを利用したことで多くのフォロワーにななせさんのアカウントが認知された事が言い争い拡大のきっかけです。

いちユーザーの自作自演がここまで大きくなったことから、原神プレイヤーの対応もこの騒動の大きな要因と考えられます。

問題はないが話題になっている点

ここからは別に話題にはなっていますが、大きな問題にはならないものについて取り上げます。

海外サイトを経由した有償アイテムの譲渡

みけねこさんの原神配信中、ゲーム内ガチャに使用する『創世結晶』をリスナーから入手しました。

『創世結晶』は有償アイテムであり、基本的には課金を行い入手する必要があります。

このアイテムの入手方法に関して、ゲーム規約に触れているのではないかという指摘がSNS上でされました。

ゲーム側から認可が下りたサイトのため受け取りに問題はない

原神はサードパーティ(第三者企業)である『codashop』を利用することで、有償アイテムを相手に送ることができます

また『codashop』は原神の開発元である『miHoYo』と連携しており、公式に認可されたサービスのため利用に違法性・問題性はありません。

しかしこの課金方法を使って、第三者の利益のなる行為を行うのは『codashop』の利用規約により禁止されています。

Fraud and unlawful conduct6-2-1

Use the Services for any commercial purpose or the benefit of any third-party or any manner not permitted by the licenses granted herein; or

和訳:不正・不法行為

商業目的・第三者の利益のため利用すること。本契約で付与されたライセンスで許可されていない方法で本サービスを使用すること。

Terms & Conditions | Coda Payments

そのため有償アイテムを送った人物は『codashop』の規約違反を行っている、という指摘がなされています。

みけねこさんのツイート削除

みけねこさんは今回の件についてツイッター上で複数回投稿を行っていますが、そのうちいくつかは削除されています。

削除が行われたツイートの一部はスクリーンショットで保存されており、Twitterで検索することで見る事が可能です。

内容としては今回の騒動に関する愚痴や、自身を中傷したアカウントに対する批判をツイートしたものでした。

しかしそれをツイートという形で発表し削除を繰り返しているため、不適切な発言をするべきではないという指摘がSNS上で上がっています。

原神でTwitter連携ログインができない時の原因と対処法を徹底解説

現在、原神でTwitterアカウント連携でのログインができない不具合が発生しています。 今回は、原神でTwitterログインができない時の原因や対処法、間違えてアカウント連携を解除してしまった場合はど ...

続きを見る

 

-youtube
-, , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.