解説、アプリの使い方

SNSデイズ

AR測定アプリMeasureの精度は!?使い方など

投稿日:




今回は、アプリ「Measure」の使い方を解説します。

テレビで紹介され、話題になっているようですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

測定アプリ「Measure」とは

Measure
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

アプリ「Measure」とは、その名の通り、ものの長さを測定することができるアプリです。

無料で使える上に、AR技術を駆使して、ものにかざすだけで長さを測定できるなんて、素晴らしいですね!

遠くのものも測定することができます!

東京タワーや、キリンの首まで測ることができるなんて素晴らしいですね!笑

Measureの使い方

Measureの使い方はちょっとコツがいります。

基本的に、測定したい部分の端と端の部分で2回タップすることになります。

  1. 測定したい部分の端に画面上の丸を合わせる
  2. その状態でタップ
  3. 丸をもう片方の端にもっていく
  4. タップ

という流れです。

こちらは、測定部分の二個目の端に丸を持ってきた状態。その状態で、画面上のどこかをタップしてくださいね。すると、自動的に計測してくれます。

長さが出ました!73.8cmだそうです!

Measureの精度は!?

実際にドアの長さを測定してみましょう。

本物のメジャーで測った結果、78cmぐらいでした。誤差は4cm程度。ちゃんと測定すれば、もっと誤差は縮まると思います。

それにしても、かざすだけで測定できて、誤差もこの程度というのは素晴らしいですね!

また、画面の並んだアイコンのうち、カメラのアイコンは、長さが表示された状態で撮影することができます!痒いところに手が届きますね!

Measureの設定

また、設定では以下の内容を変更することができます。

  • 長さの単位
  • メジャーの色
  • 懐中電灯のオン・オフ
  • 連続測定モードのオン・オフ

右の画像は、連続測定モードで測定してみている図です。一箇所だけじゃなくてもOKなんですね。

編集後記

今回は、カメラをかざすだけであらゆるものを測定できる、魔法のようなアプリ「Measure」を解説しました。

引っ越しのとき、イベントのときなどに便利ですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました\(^o^)/

-ユーティリティ

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.