VTuber桃鈴ねねさんのトレパク疑惑の詳細と真相を徹底解説

ホロライブ所属の大人気VTuber「桃鈴ねね」さんが、自身で手掛けたとされるイラストのトレパク疑惑が出ていました。

トレパクに関しては桃鈴ねねさん自身も認めていて、ホロライブ運営と共に謝罪をしています。なぜトレパクだと疑われたのか、トレパクと認めた後の対応を徹底解説していきます。


桃鈴ねねさんのトレパク疑惑について

ホロライブ

人気VTuberの桃鈴ねねさんが公開したイラストにトレパク疑惑が出ていて、このトレパクしたとされるイラストが商用利用されているのもあって大炎上しています。

トレパクをした作品で利益を出した場合も著作権に引っかかる可能性がありますが、本当にパクったかが不確定なためグレーゾーンのような扱いを受けていました。しかし、実際に桃鈴ねねさんがトレパクを認めたのもあって、ファンが大きく動揺しています。

潤羽るしあさんの引退の真相や新しいチャンネルやインスタ投稿について徹底解説

桃鈴ねねさんトレパク疑惑が浮上した理由

桃鈴ねねさんはVTuberとして活動していく中で、自分が描いたイラストをファンに公開していました。

中には描いたイラストがそのまま販売するシングル・MVのジャケットイラストも桃鈴ねねさんが描かれたものもあります。自身のイラストを公開する機会が多ければ多いほど「元となるイラスト」を見たことがあるユーザーも増えますが、実際に「桃鈴ねねさんのイラストがこのイラストと似ている」という声は以前からありました。

実際に話が大きくなったのが2022年の3月3日で、桃鈴ねねさんのイラストの一部を元となるイラストとの比較検証が行われたことで、大々的にトレパク疑惑が浮上しています。

桃鈴ねねさんがトレパクしたとされるイラストについて

桃鈴ねねさんがトレパクしたとされるイラストは、今回検証された中では4枚存在します(今後の検証でまたトレパク疑惑のあるイラストが増えるかもしれません)。

トレパクとされているイラスト

  • 桃鈴ねねさんのシングル「モモネネ」のジャケット
  • ローソンで販売されたブロマイド
  • 桃鈴ねねさんのシングル「Lunch with me」のジャケット
  • 活動一周年記念の描き下ろしイラスト

シングル「モモネネ」のジャケットは「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」というアプリの人気キャラクター島村卯月のSSRカード(ピースフルデイズの特訓後)がトレパクされたとされていて、デレステファンのユーザーから指摘されていました。

「Lunch with me」と活動一周年記念、ローソンブロマイドはいずれも「なもり先生(Twitterアカウントはこちらです)」というイラストレーター兼漫画家のイラストと似ています。

検証では各画像のポーズや身体のライン、パーツの位置(目や鼻の位置、身体の構造)がどのくらい類似しているかが画像透過&画像重ねで検証されていて、いずれも高い類似率を叩き出していました。

なもり先生は桃鈴ねねさん本人とリプやりとりがある

トレパクされた疑惑があるなもり先生と桃鈴ねねさんはTwitter上でやりとりをしたことがあります。なもり先生が桃鈴ねねさんのファンのリクエストで桃鈴ねねさんのイラストを描いたのがおおよその流れです。

この時点で険悪な部分は一切なく思われていて、桃鈴ねねさんがなもりさんの描いた自身のイラストをTwitterアイコンにしていいかと聞いて、なもり先生が恐縮ですと喜んでいました。

しかし、やりとりの中になもり先生が「ねねさんのCDジャケットめちゃかわで大好きです!」との一文があり、この一文が「自分のイラストをトレパクしたのを知っている」と、桃鈴ねねさんをけん制したのではないかと言われています。

上記のやりとりは2021年の5月に行われていたため、4月発売の「Lunch with me」のジャケットへの反応だと推測されています。ちなみに、2021年8月にはモモノネ(なもり先生のトレパクとされるジャケット使用)が販売されています。

桃鈴ねねさん及び事務所側がトレパクを認める

2022年3月3日に、桃鈴ねねさんは自身のイラストのトレース疑惑についての謝罪配信が行われ、ホロライブ運営も事実として認めています。

大々的にトレパク疑惑が出てから謝罪までの流れにほとんど期間がなかったのもあって、炎上内容は置いておいて炎上した際の対応としては、他にも炎上したライバーよりも真っ当なものです。

トレパクを認めた際の表明について

トレパクを認めた際の桃鈴ねねさんの表明は下記の通りです。

表明まとめ

  • 一部イラストは他イラストを参考にしていた
  • 参考にした部分の度が過ぎてしまった
  • 大好きな作家のイラストを思い浮かべながらイラストを描いていたら、そのイラストをそのまま参考にしてしまっていた
  • パクリの認識はなく「参考にさせてもらう」といった気持ちだった
  • 配信・お絵描きどちらも続ける
  • 自分の実力だけでお絵描きを行うようにする

ホロライブが公表した情報もおおむね上記の通りで、事務所側が桃鈴ねねさんに厳重注意を行ったのち、アップロードされた素材のチェック体制を強化するとも説明していました。

処分については言及なし

ホロライブ側は、桃鈴ねねさんに厳重注意を行ったとは説明していますが、処分については特に発表はありません。

また、桃鈴ねねさんも謝罪時に「これからも配信・お絵描きを続ける」と意思表明を出していたため、近いうちにはまた配信が行われ、今まで通りたまに公開するイラストも復活する可能性が高いです。

万が一処分について検討している場合は、謝罪時に「処分については保留している・考え中である」と説明があるはずなので、桃鈴ねねさんに対する処分はないと考えて構いません。

公式YouTubeで桃鈴ねねさんが謝罪

3月3日17時の桃鈴ねねさんの公式YouTubeにて、一番最初の謝罪配信が行われていました。

配信の一部については桃鈴ねねさんの公式YouTubeにアップされています(こちらのチャンネルです)。コメント欄を見ると「足の長さや角度、表情が全て被るのはパクリにしか見えない、参考にしただけとは思えない」「これからもイラスト描きを続ける神経がわからない」と、批判の声が多く挙げられていました。

また、コメント欄には英語で記載されているものもあり、国際的に注目されている事案であることもわかります。

逆に擁護するコメントはほとんど存在していませんが、中には「線画の一部が似ていただけでトレパクと騒ぐのはお門違い」との擁護もありました。

トレパク疑惑のあるイラストが使われた音源は現在も販売中

トレパク疑惑のイラストが使われている音源(主にジャケット絵です)は、現在もホロライブ公式やAmazon、レコチョクで取り扱われています。

商用利用されている部分に関しては謝罪後から一切変わっていないため、謝罪が行われた後も一定数桃鈴ねねさんとホロライブを批判する声はあります。

楽曲全てがパクリとはなっていないため販売中止になる可能性は低いですが、近いうちにインターネット販売が行われるもののみジャケットが挿し替えになるかもしれません。

潤羽るしあさんの引退の真相や新しいチャンネルやインスタ投稿について徹底解説

潤羽るしあさんの引退が話題になっています。 今回は潤いるしあさんの引退の真相や戻って来ないのか?について紹介していきます。 コンテンツ1 潤羽るしあさんが引退1.1 直接の理由は情報漏えいとされている ...

続きを見る

 

-その他
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.