解説、アプリの使い方

SNSデイズ

最強の音楽配信アプリはどれ?音楽アプリオススメランキングベスト7

投稿日:

人気の音楽配信アプリ。お手軽にジャンルを問わず様々な音楽が聴けるので幅広い年齢層がダウンロードして利用しています。ただ最近は様々な音楽配信アプリがあるので、どのアプリを利用すればいいのか悩んでしまいますね。

そこでどの音楽配信アプリを楽しみたいけれどどれを選べばいいのか決められない、という人のためにオススメのアプリを紹介していきます。どのアプリも特徴がありユーザーによって何を好むのかが変わってきますが、記事を読めばどれが自分に合ったアプリなのかがすぐに分かりますので参考にしてみてください。

最強の音楽配信アプリはどれ?音楽アプリオススメランキングベスト7

では早速オススメの音楽アプリをランキング形式で解説していきます。分類に分けて徹底解説していきますので、気になる項目は目次から飛んでみて下さい。

1位 music.jp

music.jp(ミュージックドットジェーピー)はエムティーアイが運営する日本の音楽配信サービスサイトです。そしてmusic.jpは音楽だけでなく映画やドラマ、コミックも楽しめます。

↑詳細は上記から確認できます。

プレミアムコースに登録し、500コース、1000コースいずれかのポイントを購入することで楽曲の購入が可能になります。どちらのコースでも毎月1000ポイントの動画ポイントがついてきます。

シングル・アルバム共に買い切りで購入でき、CDを買うよりも若干安いです。若干お値段が通常の楽曲よりも高くなりますが、ハイレゾ音源の購入も可能なので、音質にこだわりがある方も満足できます。

ポイントが余ってしまう場合もありますが、音楽以外にも動画や漫画、本の購入も可能なので、ポイントは何かしら使うことができます。全てのコンテンツを含めれば作品数は740万点以上になりますから、必ず好みの作品に出会えるでしょう。

定額配信ではありませんからとにかくたくさんの楽曲が聴きたいという人にはあまりオススメできませんが、買いたい音楽がある程度頭の中で絞られていて、ついでに動画ポイントで気になる動画をチェックしたいという方ならばお得感がかなり高いサイトです。

↑詳細は上記から確認出来ます。

2位    AWA(アワ)

AWAはサイバーエージェントとエイベックス・デジタルの共同出資によって設立された音楽配信サイトです。



↑詳細は上記から確認出来ます。

定番のスタンダードプランは月額960円ですが、3ヶ月無料で聴き放題なので、とりあえず定額制の音楽配信サービスを試してみたいという人の初めてのアプリとしていいものですね。

世界最大規模の4500万曲が聴けるだけでなく、月に20時間までならば無料のフリープランで楽しめます。ただフリープランだとフル尺再生ができず90秒までしか聴けないだけでなく、オフライン再生ができないので、きちんと音楽を聴きたいならばスタンダードプランをオススメします。



 ↑詳細は上記から確認出来ます。

3位    うたパス

うたパスはauユーザー限定の音楽配信サービスとされていますが、auユーザー以外でも利用が可能です。うたパスは料金が安く、auユーザーならベーシックプランを300円で契約できます(iPhoneの場合は360円)。また月額が500円(iPhoneなら600円)になりますが、Myうたプラスに登録すれば、月に10曲までダウンロードしてオフライン再生が可能です。

料金の割に邦楽が充実していて、新曲がすぐに配信されるだけでなく、歌詞の表示も可能で、気になる楽曲の歌詞をいちいちネットで検索する必要がありません。

 ↑詳細は上記から確認出来ます。

注目はプレイリストです。アーティスト別、春や夏、入学や卒業などキーワードにぴったりの曲が10曲くらいまとめられているので、気分に合ったプレイリストを選択すればあなたの知らない音楽の世界に引き込まれることでしょう。プレイリストは4000以上から選択可能なので、聴き飽きることがありません。30日無料のお試しがあります。



 ↑詳細は上記から確認出来ます。

4位 Spotify

Spotifyはスウェーデンでサービスが開始された音楽配信サイトです。多くの音楽レーベルと契約しているので、配信曲数が非常に多く、邦楽だけではなく様々な国の音楽を聴きたいという方にオススメです。プレイリストの数はなんと20億、配信曲数は4000万曲あり、とても聴ききれません。

Spotifyの特徴は無料で楽曲が聴き放題である点です。フルで聴けますが、広告がついていること、スマホで聴く場合曲の選択ができず、ラジオのようにランダムでストリーミング再生で聴くしかできないことが難点なので、プレミアムプランへの加入をオススメします。月額980円ですが、最初の3ヶ月は100円で利用できます。また家族みんなで1480円のファミリープラン、半額の480円になる学割プランなどもあり、使い方次第では料金を安くできます。

アプリの操作性に優れていて、好きな曲やアーティストを選ぶと自動で似た曲が選ばれるので、好みのアーティストが非常に探しやすいのが特徴的です。

5位 LINE MUSIC

LINE MUSICを利用するとLINEのプロフィールにお気に入りの音楽をセットできるなど、LINE映えさせるのに使えるので、学生を中心に人気があります。

初回は3ヶ月無料で利用でき、以降は月額960円です。学割だと月額480円、年間聴き放題のプレミアムプランだと9600円になります。

Spotifyと同様の4000万曲あり、料金もほぼ変わらないのでLINEユーザーならばSpotifyを選ぶよりもこちらをオススメしますが、LINEを利用していないならば他のアプリの方がいい感じなので、あくまでもLINEユーザーのための音楽アプリという認識でけっこうです。

6位 Apple Music

Apple MusicはAppleの音楽配信サービスです。今ではiPhoneの普及によりあまり使っている人がいませんが、iPodという携帯型デジタル音楽プレイヤーが流行したとき、音楽ファンがこぞってAppleユーザーになったので、その名残でコアな音楽ファンが利用している印象があります。

月額が個人で980円、ファミリーで1480円、学生で480円となり、初回3ヶ月無料です。4500万曲と数ある音楽配信サービスの中でもトップレベルの楽曲数を誇ります。

Apple Musicの良いところは何といってもAppleのデバイスを利用している時の使いやすさです。iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV、Car Playなどの各デバイスでの利用しやすさは随一なので、Appleユーザーならばまず考えるところでしょう。

7位 Google Play Music

AndroidユーザーにオススメなのがGoogle Play Musicです。Googleのサービスで、月額980円、ファミリーでも月額1480円で利用できます。30日間無料で試せますが、3ヶ月無料のアプリが多い中で30日間しか無料期間がないのはちょっと辛いですね。

楽曲数は4000万曲あり、定額ではなくて楽曲やアルバムの単品購入も可能になっています。Googleのサービスをほとんどのユーザーは何かしら利用しているはず。Androidスマホを購入すると店舗でアカウントの作成を勧められたりしますからね。Googleアカウント内で音楽を聴けるので、たくさんのデバイスを利用している場合かなり利用しやすいという利点はあります。

ただ噂ではGoogle Play Musicは年内でサービスを終了し、その後は最近できたYou Tube Musicへと以降するという噂があります。同じGoogle内のサービスなので速やかな移行が可能とは思いますが、終了するサービスをわざわざ利用したくないという不安もあるので、難しいところですね。

編集後記

いかがでしたか。最強の音楽配信アプリを7つオススメしました。定額の音楽配信サービスが人気ですが、私は特に定額である必要はないと考えています。定額で色々な音楽に簡単にアクセスできると、楽曲の聞き込みが難しいからです。ひとつの楽曲、一枚のアルバムをじっくりと聴き込むことで、耳が鍛えられ、音楽に対するセンスも向上します。その意味であえて定額配信サービスを行っていないmusic.jpを1位にしました。

music.jpならばハイレゾ音源もあって音へのこだわりが他とは比べ物にならないですし、聴きもしない曲に興味本位でアクセスし、無駄な時間を費やしてしまうということもありません。とはいえ皆さまの利用環境によって最適な音楽配信アプリは異なります。どんなデバイスを使用しているか、邦楽が好きか、洋楽が好きかなどですね。音楽配信アプリを選ぶ前に、まずは自身の利用環境を見つめ直してみると、本当に最適なアプリが見つかるはずです。

-音楽アプリ

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.