LINEアップデート後に公式アカウントが消えた!友達も減った!詳細と原因は?

LINEバージョン9.6.5のアップデートが、5月7日におこなわれました。

最新アップデートにて、新たな機能の追加に伴い、ユーザー側でも など多少なりの困惑が出ているようです。

今回はアップデートの内容や「友達が消えた!」「公式LINEが消えた!」に関しても解説をしていきます。


最新アップデートの内容

5月7日のアップデートに伴い、ホームタブの登場が新しい機能となりました。

ホームタブの登場

まずは、友だちタブがリニューアルされました。これまで友だちタブとしての機能がホームタブに変更となりました。

引用:LINE公式ブログ

このホームタブは、友だち・公式アカウント・サービス・スタンプ・着せかえの5つにカテゴライズされています。

ブロックや非表示は「長押し」に

表示されている友だちの名前を長押しするとメニューが表示され、電話やトークルームなど、使いたい機能を選択できます。

以前のように横スワイプを行うとメニューが切り替わってしまうので注意です。

横スワイプもしくはメニュータップで画面切り替え

各カテゴリーをチェックするには、メニューにある各アイコンをタップするか、画面を横スワイプすることで可能となります。

お気に入りするとホームの上部に優先表示

ホーム画面で☆マークをタップすると、友達をお気に入り登録をすることができます。

友だちの数多く、検索が面倒な方は、お気に入り登録をしておくことで、スムーズに操作できるでしょう。

最近更新されたプロフィールが非表示に!

友達がプロフィールを更新する度に表示されていた「最近更新されたプロフィール」が今回のアップデートで無くなりました。

アップデートで公式アカウントが消えた!?

今回のアップデートに伴い、ユーザーの中に、公式アカウントとして友だち追加していたものが、消えてしまったという意見が上がっています。

原因は、従来は友だちというカテゴリーの中に公式アカウントも含まれていましたが、今回のアップデートで、友だちと公式アカウントが区別されたからと考えられます。

よって、正常にアップデートが完了しているのであれば、公式アカウントが消えた訳ではありません。

公式アカウントというホームタブの中にあるメニューバーを選択し、確認してみましょう。

非表示の友達が友達欄に登場する

非表示の設定をしていた友達が、友達欄に登場しているという声もあります。

これは、アップデートによる仕様の変更で、友だちや公式アカウントの非表示・ブロックの方法が変わっていることが考えられ、アップデートによる不具合ではないでしょう。

なお、ホームタブの友だちリストは以下の画像のように表示されます。

SNSの反応

今回のアップデートの仕様の変化で、非表示にしてた人が出てきたという意見が、SNSでも見られます。

https://twitter.com/to___0608/status/1125898364619345920?s=21

https://twitter.com/jjjiaddjt/status/1125637493469003778?s=21

友達が減った!?

さらには、友だちが減ったという声も上がっています。結論、アップデートが正常に完了しているならば、減ってはいません。

ただ、相手側がアカウントを削除した場合などは除きます。その場合、減っていて当然です。

今回のアップデートで、友だちと公式アカウントが区別されたようなカテゴリー分けが行われているので、友だちの数を見ると減っているかもしれませんが、公式アカウントなどは友だちとは別枠で数えられています。

アップデート前には、公式アカウントも含めて、友だちの人数とカウントされていました。

今回のアップデートでは、それぞれ区別されていることがわかりますね。(公式LINEの数は友だちの部分にはカウントされなくなりました。

よって、友だちの数が減ったからといて、友だち自体の人数は変更していないと考えられます。

大幅に友だち数が減っていると感じた場合、アップデート前の友だち全体に占める公式アカウントの割合が高かったことなどが考えられます。

LINEで送信取消したいのに削除をしてしまった!!場合の対処法を徹底解説

 

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.