iPhone13を既に予約できている人は何故?どこで予約すれば予約出来るのかを解説

iPhone13の発売が発表されましたが、予約はまだ開始されていません。

しかし、SNSなどではiPhone13を予約したという意見があり、「まだ予約が始まっていないのにどうして?」と疑問を感じている方も多いと思います。

そこで今回は、注目のiPhone13を早期予約できる場所とその方法を解説します。


iPhone13の予約開始は9月17日(金)午後9時から

 

iPhone13

iPhone13の予約開始は、全国共通で9月17日(金)の午後9時からです。

以下が主要キャリアと家電量販店での予約開始日をまとめたものです。

家電量販店では、ビッグカメラが唯一SIMフリー版を取り扱っています。

主要キャリアである、docomoSoftBankau楽天も予約開始日・発売日共に統一しています。

AppleからならiPhone13の予約の予約が可能

予約開始が全国で統一されているiPhone13ですが、Appleの公式ホームページからのみ、予約を予約することが可能です。

非常にややこしいのですが、予約注文することを予約することで、予約開始と同時に予約が受け付けられる、という形です。

iPhoneシリーズは人気商品なので、Apple公式といえど、予約開始してすぐに在庫が無くなる場合もあります。

アメリカでは予約開始前に注文設定ができる

何故iPhoneの予約の予約が可能なのかと言うと、アメリカでは「Apple iPhone Upgrade Program」、日本では「予約注文の準備」という制度が設けられているからです。

「Apple iPhone Upgrade Program」「予約の準備」とは、一言で言うと、予約購入のローン審査を前もってやっておくプログラムです。

iPhoneの新作の予約開始日は、注文が殺到するため、非常に厳しい競争に勝たなくては当日に入手できません。

その際に、ローン審査などで僅かでも時間がかかってしまい、当日入荷に間に合わなかった、という状況が起こりえます。

せっかくの新作iPhoneを次回入荷まで待つのは、ユーザーにとってとても辛い状態です。

そんな状態にならないために、「Apple iPhone Upgrade Program」や「予約の準備」を使って事前にローン審査を済ませ、不利なく予約開始日を迎えられるのです。

Appleが自社製品のファンへ向けた粋な計らいなのです。

もちろんそれは日本でも同じで、アメリカに本社を置くAppleだからこそ、ファンのための注文を設定してくれています。

AppleでiPhone13の予約の予約をする方法

実際に、Apple公式サイトでiPhone13の予約の予約をする方法を解説します。

ローン審査をスムーズに通過させるための予約なので、「分割払い」を選択しないと注文できません

なお、予約の予約をするには、AppleIDが必要ですので、事前に用意しておきましょう。

まず、Apple公式サイトにアクセスし、下へスクロールしてiPhone13で「価格を見る」をクリックします。

「準備する」を選択し、欲しいiPhone13とボディカラーなどを選び、「月々の分割払い」を選びます

全て決定したら「予約注文の準備をする」をクリックし、次の画面でアクセサリや支払い方法を選択します。

以上の工程で予約の予約は完了です。

後は9月17日午後9時以降にApple公式サイトで予約注文を完了するだけです。

iPhone13を予約できると勘違いしてしまう原因

Apple公式サイトでiPhone13の予約の予約をしていると、購入と同じプロセスを踏んでいることが良くわかります。

そのため、最後まで入力すると「予約した」という感覚に陥ってしまうのが一番の原因です。

あくまでも自分が欲しいiPhoneを申告している状態なのですが、実際の購入と何ら変わらない手順のため勘違いしやすい要因となっています。

iPhone13のグローバル版なら予約が可能

iPhone13は日本以外でも発売されており、グローバル版とも呼ばれる海外版なら、予約できるサイトが存在します。

Apple公式で購入したものとグローバル版での違いは、以下になります。

ポイント

  • グローバル版の方が国内版より少しだけ安い
  • 対応周波数が違う
  • カメラのシャッター音が鳴らない
  • SIMロックされていない
  • 対応サービスやアプリが違う

上記の違いが気にならないのであれば、国内版のiPhone13を選んでおけば問題ありません。

また、グローバル版は日本の技適マークがついていませんので、ご注意ください。

ついていないからといって取り締まられることはありませんが、電波法違反になる場合があります

iPhone13のグローバル版を予約できる海外サイト

2021年9月16日(木)現在で確認できるのは、香港に本社を置く「EXPANSYS(エクスパンシス)」のみです。

EXPANSYSは日本語に完全対応しており、日本語のオンラインサポートも使えることから、日本でも人気のサイトです。

海外からの輸入になりますが、配達はヤマト運輸が扱っているので安心です。

もしiPhone13のグローバル版が欲しいなら、EXPANSYSで予約すると良いでしょう。

注意点として、関税がかかってしまうので、最終的に国内版より高くなってしまう可能性がありますので、ご注意ください。

iPhone13はどこが予約しやすい

結論からいえば、発売日に手に入れるならAppleの公式サイトで予約の予約をするのが一番確実です。

キャリアの販売店に長蛇の列を並ぶ必要もありませんし、スムーズに自宅まで届けてくれます。

一方で、既にキャリアに登録しているならば、キャリアで予約して機種変更手続きをするのが一番早いし楽です。

各方法の違い

  • キャリア契約:各キャリアで予約購入
  • サブブランド:各サブブランドで予約購入orApple公式サイトか海外サイトで予約購入
  • 格安SIM契約:Apple公式サイトか海外サイトで予約購入

iPhone13を機会にキャリアから乗り換える場合は、Apple公式サイトか海外サイトで購入するようにしましょう。

iPhoneの「Apple Books」アプリが開けず、クラッシュする不具合の対処法を徹底解説

iOS向けの「Apple Books」で、アプリ起動時にクラッシュしてしまう不具合が確認されています。 落ちてしまう原因や対処法を詳しく解説します。 コンテンツ1 「Apple Books」アプリが開 ...

続きを見る

 

-iPhone
-, , ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.