マスターデュエルで放置botに偽装したプレイヤーの見分け方や対策法を徹底解説

現在、放置botに偽装して後攻ワンキルしてくる害悪プレイヤーが増加しています。

今回は、放置botに偽装したプレイヤーの見分け方や対策法を徹底解説していきます。


マスターデュエルで放置botに偽装したプレイヤーが増加

現在、放置botのように見せかけて先攻を譲り、後攻でワンキルしてくる偽装ユーザーが増加しています。相手が放置botだと思って、早く終わらせるためにそのままターンエンドしてしまうと実は放置ではなく後攻でワンキルされてしまうというパターンです。

更にはゲーム実況者の一部が放置botに偽装して配信していることもあり、その配信を見て興味を持ったユーザーが放置bot偽装をし始めるということもあります。

放置botについては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

マスターデュエルにいる放置botの詳細や対処法について徹底解説

マスターデュエルに放置botが大量に発生していると話題になっています。 今回はマスターデュエルの放置botについて解説します。 コンテンツ1 マスターデュエルに放置botが大量発生2 放置botとは2 ...

続きを見る

放置bot偽装プレイヤーが増加している理由

放置botだと油断している相手は、ほぼ何もせずターンエンドしてきます。そうすると相手は対抗手段がほぼない状態なので後攻でワンキルしてしまえば簡単に勝利することができます。

つまり放置bot偽装をすることで短時間で効率的にランクを上げることができるので効率が良いというメリットができてしまっているのです。勝てればどんな手でも良いと考えるプレイヤーの間では、爆速でランク上げができるので最強戦法として注目されています。

また放置bot偽装は、愉快犯の場合もあります。ただ相手を困らせたり不快にさせたいがために偽装デッキを組んでアイコンや名前をわざわざbot風にするのです。

放置botに偽装したプレイヤーの見分け方

放置botに偽装しているプレイヤーは、放置botに見えるようにアイコンやデッキを初期状態のものに設定しています。また、名前もアナグラムや不規則なカタカナの羅列にすることで初見で放置botに見えるように設定してきます。

偽装プレイヤーの特徴

  • 先攻後攻を決めるまでの時間が遅い
  • 先攻を譲ってくる
  • 放置botが湧きやすい0時~12時とゴールデンタイムに遭遇しやすい

このような動きをしているプレイヤーは放置botに偽装したプレイヤーである可能性が高いので注意しましょう。

放置botに偽装したプレイヤーがよく使用しているデッキ

基本的に、放置botに偽装しているプレイヤーは後攻ワンキルを狙っています。そのため、後攻ワンキルで活躍できるヌメロン、サイバーなどを含めたデッキを組んでいます。

また、マハーマやゴーズで受け止めた攻撃を返すユーザーもいたという報告が挙がっています。

また、偽装プレイヤーは放置botに見えるようにデッキを組んでいます。そのため、EXデッキが5枚になるよう組んでいるのも特徴の1つです。

放置botに偽装したプレイヤーへの対策法

放置botに偽装すること自体はルール違反ではないため、現時点では垢BANなどの措置は取られていません。しかし、一部のユーザーからは情けない、放置botよりも害悪だと様々な批判の声が増加しています。

ここでは、放置botに偽装したプレイヤーへの対策法を解説していきます。

プレイする時間帯をずらす

放置botに偽装する以上、放置botに見える動きをする必要があります。そのため、放置botが湧きやすくなる時間帯に偽装する可能性が高いです。

放置botが湧きやすいのは放置bot同士で戦わせやすくなる0時~12時と、ゴールデンタイム帯と呼ばれる19時~23時頃は、放置botに偽装したプレイヤーがいると想定してプレイするか、プレイする時間帯をずらすなどの工夫が必要です。

この時間帯の間はガチャを引いたりデッキ内容を見直す時間にしましょう。

botだと思っても展開しておく

万が一相手が放置botだと思っても、急にこちらが手の打ちようがない状況に追い込んでくる場合もあります。念のため展開はできる限り展開しておきましょう。相手は後攻ワンキルを狙っているので、相手に攻撃宣言をできなくさせる威嚇する咆哮や、相手フィールドの攻撃表示カードをすべて破壊できるミラーフォースを使用することでワンキルを阻止できるので、相手が勝手にサレンダーしてくれます。

可能な限り展開しておくことで、相手が妨害できないと判断した時点でサレンダーしてくる場合があります。特に、相手のカードを破壊するカードを用意しておくことで万が一突然攻撃されても対応できる場合もあるので無効系や墓地にカードを送るごとにダメージが入るカードを準備しておきましょう。

展開するだけ時間の無駄だと思うユーザーも中にはいますが、ちゃんと展開しておくだけでも偽装プレイヤー対策に繋がる場合もあるのです。

先行ワンキルでおすすめのカード

放置bot偽装プレイヤーはそれだけ厄介なプレイヤーだと認識されていると同時に、できるだけ偽装プレイヤーに対して対策を取りたいと考えるユーザーも増加しています。一番の対策は、相手がどんなプレイヤーであろうと対応できるデッキを作ることです。

例えばヌメロンデッキには灰流うららや夢幻泡影が有効ですが、抹殺の指名者と相性が悪いので拮抗勝負を入れておく必要があります。また、ネットワーク対策としてコズミックサイクロンを入れてヌメロンの効果をチェーンで阻止しましょう。

おすすめのカード

  • エクゾディア
  • デビル・フランケン
  • シモッチ
  • 夢幻泡影

これらのカードをデッキに含めることで、先行ワンキルができる可能性が高くなります。先行ワンキルを良しとしない声も少し前までは多くありましたが、今は放置botや放置botに偽装するプレイヤーの方が害悪とみられています。

また、先行ワンキルは放置bot偽装ユーザーに対して有効な対策として浸透しつつあります。

他にも、ミラーフォースやスクリーンオブレッドのような攻撃宣言ができないものや、bot偽装側が攻撃宣言した時に攻撃表示モンスターを全て破壊できるカードも同様の方法で対応することができます。特に罠カードは低いレアリティのものでも充分活躍してくれるカードが多いので、手に入りやすいカードを使って対策していきましょう。

エクゾディアで対抗する

エクゾディアはカードを揃えることで効果を発揮します。そのため、ドロー系のカードを入れていく必要があります。手札交感系のカードを組み込んでしまうと逆にパーツを揃えるためのカードを引けなくなったり手札事故を引き起こしてしまうので、手札交感系よりはドロー系のカードを優先的に入れましょう。

また、相手が一般プレイヤーだった場合にも対応できるように、再度デッキに異次元からの埋葬や王宮の鉄壁などの除外対策カードを組み込んでおきましょう。神の宣告を入れておくとLPの消費はありますが相手の発動カードを阻止できるのでデッキに余裕があれば組み込みましょう。

デビル・フランケンで対抗する

デビル・フランケンは一度墓地送りにしてからデュガレスなどで蘇生すると逆にこちら側が先行してワンキルしやすくなるので便利です。弱点が多く対策されやすいカードですが、未界域デッキとの相性が良く、様々な融合モンスターを特殊召喚できます。

そのため高火力モンスターの召喚に成功すれば先行ワンキルできる可能性が大幅に上昇し、リプロドクスでサイキック族にすれば念動増幅装置によってライフコストを抑えることも可能なのでヌメロン対策におすすめのカードです。

シモッチで対抗する

シモッチによる副作用はクラフトでも入手することができるカードです。堕天使ナース・レフィキュルの効果を利用して先行ワンキルができますが、比較的低コストで用意できるため無課金、微課金ユーザーにおすすめのデッキがシモッチバーンです。

コンボパーツを揃えてバーンダメージを相手にぶつけるだけなので立ち回りが分かりやすく、初心者でも放置bot偽装プレイヤーに対応しやすいデッキでもあります。ダークキュアを組み入れることで相手が召喚したモンスターの半分のLPを減らすことができるので予防線にも適しています。

失意の魔女を入れておけばレフィキュルを連れてくることができるので、デッキに余裕があれば組み込んでおきましょう。

夢幻泡影で対抗する

夢幻泡影は様々なデッキに入れやすい汎用性があり、相手が勝手に自壊していってく場合もあります。夢幻泡影を持っている場合は積極的にデッキに組み入れましょう。相手が夢幻泡影を持っていた場合にもミラーに使えるので有用です。

夢幻泡影の使用例

  1. 先攻で夢幻泡影を手札またはセットしてターンエンド
  2. bot偽装がワンキルモンスターを召喚、攻撃宣言をする
  3. 夢幻泡影を発動し、相手のカードを無効化する
  4. bot偽装が一撃必殺の攻撃が無効化されてしまったのでbot偽装がサレンダーする

現在夢幻泡影セットが出ているので入手しやすく、後攻にされたとしても妨害に使用できるので汎用性の高いカードです。さらに後攻ワンキルを封じることができるので扱いやすいカードではありますが、セット位置で対応されてしまうこともあるので注意しましょう。

破械で対抗する

破械を持っている場合は、積極的に使っていきましょう。破械デッキであれば放置bot、偽装プレイヤー、普通のプレイヤーすべてに遭遇しても困ることなく戦うことができます。

また、破械デッキを使用すれば一部のミッションも達成できるため、ミッション消化用にデッキに入れておくことも視野に入れましょう。

破械デッキの使用例

  1. サラマを使用してラキアを特殊召喚
  2. バトルフェイズに移行して攻撃する
  3. ラキアの効果を利用してサラマを破壊
  4. 雙極を特殊召喚する
  5. ラストアタックでワンキル成功

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は古代文明をテーマにした、世界各地の英雄が参戦するPvsPストラテジーです。

世界7700万DLを突破した人気作で、アレキサンダーやクレオパトラなどの世界の名将は勿論、源義経や本田忠勝など日本ゆかりのキャラも登場します。

本作は箱庭ゲームとしても優秀で、街の建造や世界探索、蛮族(CPU)の討伐など盛り沢山

拠点外のオープンマップでは、偵察部隊を出して視野を広げながらリアルタイムバトルができるなど、1人でも楽しめるシステムになっています。

個人で完結して遊ぶことができるため、理由なく他の人から襲われる心配は殆どなく、PvPで襲われるのが苦手な方も安心です。

勿論同盟に入ってPvPを行うのも大きな魅力。広いマップで敵味方入り乱れ、リアルタイムで行われる戦闘は戦略性が高く圧巻です。

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は新規は新規鯖に割り振られるようになっているので、サーバー内で差ができにくくなっています。

おすすめポイント

  • 古代文明をテーマにしたPvPストラテジー
  • クレオパトラや曹操など世界各地の名将で遊べる
  • 箱庭ゲームとして個人でも楽しめる
  • 世界7700万DL

おねがい社長!

おねがい社長!は美人秘書と一緒に、社長となってゼロから創業する会社経営SLGです。

主人公はリストラされて無職となりますが、美人秘書に助けられながら成り上がっていきます。

いわゆるハコニワ系でタピオカ店やカフェなどの施設を建設して、お金を稼いでいきます。

おねがい社長!の一番の魅力は、なんといってもキャラ。かわいい系やおねい様系など様々なタイプの人材や秘書と一緒にゲームをプレイする事が出来ます。

特に秘書は自由に着せ替えやボイスを変更し、プレイヤー好みに仕上げることができます

グラドルやセクシー女優とのコラボもあり、非常に豊富なキャラが揃えられています。

最初はミッションに従って入ればサクサク進み、難しくて詰まってしまう事はありません。

基本的にフルオートで進められるので、忙しい人でも手軽に遊ぶことができます。アプリを閉じている間にも、放置で資材が集まります

資材も他のアプリのように木材や石材など細かいものは無く、主にお金やコインさえ集めれば何とかなるのでシンプルで分かりやすいシステムになっています。

おすすめポイント

  • 会社経営SLG
  • キャラが魅力的
  • 秘書がセーラー服やナース、レースクイーンなど様々な着替えが可能
  • シンプルで分かりやすいシステム
  • 放置で遊べる
  • PvPでプレイヤー同士でも対戦できる

リネージュ2M

リネージュ2Mは最高クラスの美麗グラフィックで楽しめるMMORPGです。

綺麗だけどあの頃の懐かしさもある、映画のように美しいファンタジー世界を、手軽にスマホで体験することができます。

レベル上げやアイテム収集をオートで進められるので、時間の無い方にもオススメです。

オート操作は非常に充実しており、細かく設定する事が可能。20秒に1回スキルを使用するなど、戦闘の補助としても有用です。

背景や戦闘グラフィックも美しく、オート戦闘を眺めているだけでも飽きない完成度です。

1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールドで、やり込み要素が満載。どれだけでも遊ぶことができます。

ステータスは自身で割り振れますし、スキルも各自取得できる仕様。自由な育成で、自分だけのキャラクターを作り上げる事が可能です。

おすすめポイント

  • 人気作リネージュ2のモバイル版
  • 前作を遊んでいなくても楽しめる
  • 最高クラスの美麗グラフィック
  • オート機能が充実・時間が無くても遊べる
  • 1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールド

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSは、FFの世界観で行われるタクティカルRPGです。

FFタクティクスを彷彿とさせるゲームシステムで、CTの貯まったキャラをターン制で移動させて盤面を攻略していきます。

「本当に無料?」という声が見られるほどゲームの完成度が高く、歴代のFFキャラも登場するので、FFファンの方にもタクティカルRPGが好きな方にもオススメです。

FFBE幻影戦争にはFFでお馴染みのジョブやアビリティ、魔法や召喚獣などが登場します。

魔法の発動に時間が掛かったり、初手からバフを掛ける事も可能だったりと、非常に戦略性が高くなっています。

マップに高低差が有ったりキャラ育成の幅が広かったりと、やりごたえのある内容です。

FFの系譜なのでストーリーも重厚で、1人でじっくり攻略も魅力。ボス戦やレイドのような心躍るPvEも活発に行われています

他にもギルド戦やPvP、マルチと言った要素も満載。1人でも皆でも楽しめます。

オート機能も付いているので、時間がない方も安心して遊ぶことができます。

おすすめポイント

  • FFBEの世界観で行われるタクティカルRPG
  • ジャブやアビリティなどを駆使した戦略性の高いバトル
  • 重厚なストーリー
  • オート機能で時間が無くても遊べる

マスターデュエルで遭遇するbotの詳細とbot戦の対処法を徹底解説

マスターデュエルで深刻化しているbot戦問題ですが、先攻ワンキルまで仕掛けてくるマクロを組まれているせいで非常に質が悪いです。 マスターデュエルでbotとマッチした場合の対処法を紹介していきます。 コ ...

続きを見る

 

-ゲーム
-, , , , , , , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.