Ulike(ユーライク)が使えない!落ちてしまう!詳細と対処法を徹底解説!

2019年11月20日(水)現在、加工カメラアプリの「Ulike」を利用しようとすると、アプリが落ちてしまい使えないという人がいるようです。Ulikeに目当てのフィルターがある人や、他にカメラアプリを利用していない人は困ってしまいます。

今回は加工カメラアプリのUlikeが使えない、落ちてしまうといった場合の詳細と対処法を徹底解説します




Ulikeが使えない!落ちる!

2019年11月10日(水)現在、加工カメラアプリ「Ulike」でアプリが利用できないという人が増えています。

アプリを開くことができない、撮った写真をカメラロールに保存しようとすると落ちてしまう、などの問題が発生する事があるようです。

Ulikeでは最近、通知の問題などもあり、不信感を抱いているユーザーが多く、アプリを消してしまう人も多いようです。

Ulikeが落ちてしまう原因

Ulikeが落ちてしまう原因としては複数考える事ができ、原因がアプリではない可能性もあります。

アプリの不具合

まず原因として考えられるのは、アプリの不具合です。アプリに何らかの不具合が発生し、特定の場面で落ちてしまうというのはよくあります。

この場合基本個人では対応できず、修正待ちとなります。

デバイスの容量

デバイス内の画像や動画が多く、容量が足りていないとアプリが落ちる事があります。

特にUlikeのようなカメラの類は、新しく画像(写真)を保存する事になるので、デバイスの空き容量が必ず必要となります。

OSとの互換性

自分が今利用しているアプリとOSのバージョンで、互換性がある可能性があります。

基本的にアプリは最新のOSに対応して作られ、推奨環境で自分のOSが記入してある際でも、不具合が出る事があります。

Ulikeが使えない場合の対処法

他のカメラアプリを利用していない、Ulikeにお気に入りのフィルターがあるといった場合、使えないのは困ってしまいます。

Ulikeが使えない場合の対処法をご紹介します。

デバイスの電源を落とす

アプリが使えない、落ちてしまうといった場合はデバイスの電源を落として下さい。

デバイスに負荷がかかっている場合などは、アプリが落ちやすくなる事があります。一度デバイスの電源を落とす事で直る事があるので、試してみましょう。

また、デバイスのホーム画面でアプリが暗くなり、タップしても反応が無い場合も同様にデバイスの電源を落とす事で直ります

ストレージの確保

デバイスの容量が足りていないとアプリが落ちる事があります。

デバイス内の画像や動画、アプリなどを削除して、ストレージを確保して下さい。

画像や動画の削除が厳しい場合は、PCに移行する、もしくはデータ管理サービスなどを利用しましょう。

アプリのアップデート

Ulikeのアップデートがある場合は、必ず最新版に更新してください。

最新版にアップデートしていない場合、不具合が起きたり、アプリが開かないことがあります。

OSのアップデート

アプリとOSで互換性がある場合、不具合が起こります。特に古いOSを利用しているほど、Ulikeに限らず他のアプリでも不具合が出る可能性が高くなります

OSを最新版にアップデートすると、不具合が直る事があるので検討してみましょう。

ただし、OSをアップデートすると、新しい不具合や、デバイス自体に問題が発生する事もあるので、よく調べてからアップデートするのが良いです。

バッテリー設定

iPhoneを利用している人は、バッテリーの設定を変える事で、アプリが落ちる現象を抑える事ができる可能性があります。

まず、ホーム画面の「設定」から「バッテリー」を選択します。

「バッテリーの状態」をタップし、「最適化されたバッテリー充電」をOFFにしましょう。

iOS13で新しく追加された機能ですが、アプリを利用する際に、デバイスが異常に熱くなる、よく落ちるなどの原因となっているようです。

ひとまずOFFにして様子を見ましょう。

Ulike(ユーライク)で「不在着信」など身に覚えの無い通知が届く!詳細や対処法を徹底解説!

 

-カメラ・画像

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.