乃木坂46五期生菅原咲月さんの配信やTwitterアカウントなどの流出の詳細や自粛となるのかなど徹底解説

乃木坂46

乃木坂46五期生の菅原咲月さんの流出が話題になっています。

五期生菅原咲月さんの流出の詳細や問題となるのかなどを徹底解説していきます。




乃木坂46五期生の菅原咲月さんの流出が話題に

乃木坂46五期生も加入からしばらく経ち、乃木中に出演したり冠番組を持ったり活躍し始めています。

自粛となっていた中西アルノさんと岡本姫奈さんも復帰。11人全員が揃った二度目のお見立て会も行われ、本格的な活動時期に入ったと見られています。

そんな乃木坂46五期生ですが、人気メンバーの菅原咲月さんの流出が話題となっています。

過去のミクチャでの配信

乃木坂46五期生は岡本姫奈さんの情報流出が大きな問題になりました。これはMVや練習風景など、本来出してはいけないグループの機密情報を外に出した行為でした。

菅原咲月さんの場合は情報流出した訳ではなく、過去にミクチャで配信していたと見られる動画や切り抜いた画像が流出となりました。

当時菅原咲月さんと見られる配信主は小学6年生。ミクチャの規約に抵触する恐れのある薄着で配信を行っていました。

岡本姫奈さんの流出に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

乃木坂46五期生の岡本姫奈さんの活動自粛や引退の噂の理由について徹底解説

過去のTwitterやTikTokも話題に

菅原咲月さんはミクチャでの配信だけでなくだけでなく、過去のTwitterアカウントやTikTokへの投稿も発見されたと話題となっています。五期生は岡本姫奈さんや中西アルノさんが課kのアカウント発見で炎上しています。

特に中西アルノさんがTwitterの投稿内容で活動休止になっているため、菅原咲月さんのアカウントの投稿内容にも注目が集まっています。

中西アルノさんの投稿や活動自粛については、以下の記事で詳しく解説しています。

乃木坂46の5期生のリークや炎上騒動の流れや中西アルノさんで話題の被写体モデルについて徹底解説

フェイクではないかとの声も

菅原咲月さんのミクチャでの配信やTwitterなどのアカウントについては、「本人ではなくフェイクなのでは?」との声も多く出ています

特にミクチャについてはフェイクだという声が多数見られます。ただミクチャの画像についてはSNSでは削除対象・BANにされる内容であるため、本人派とフェイク派含めて、画像を示しての詳しい意見のすり合わせは難しい状態です。

SNSのアカウントについては、「IDの後の数字が誕生日と違う」という理由から否定はされています。菅原咲月さんの誕生日が10月31日なので、IDが○○○○1031の筈なのに、実際は○○○○1116になっていると言う話です。

実際IDに誕生日を使う方はいますが、IDの数字はランダムだったり適当だったりする事も多いのではっきりしたことは言えないでしょう。

顔のパーツが同じで自身をさつきと呼んでいる

TikTokのアカウントについては、中学生くらいの年齢と見られています。現在菅原さんは16歳の高校生。化粧や成長で変わってはいますが、面影は既に確認できます。

ほくろの位置や耳の形も似ていますし、自分自身の事を「さつき」と呼んでいます。

本人であるとは断言できませんが、本人と言えるぐらい似ているのは間違いないでしょう。

舌を出す癖が同じ

菅原咲月さんはぺろりと舌を出して素早く引っ込める癖があり、これがファンの間ではかわいいと人気です。今回菅原咲月さんと見られているアカウントの動画では、この舌を出す癖が見られます

癖と言うのはなかなか治らないものなので、「本人ではないか?」という声が強くなっています。

勿論たまたま同じ癖と言う事も有り得はします。そのため癖だけを見て本人であると断言はできないでしょう。

菅原咲月さんの流出は問題になるのか?

下記では菅原咲月さんの流出が問題になるのかについて紹介していきます。

小6の話なので主にリスナーや運営側の問題

菅原咲月さんとされるミクチャの配信は、小学6年生の女の子のものです。義務教育も終わっていない小学生で、物事に自分自身で責任を持てる年でもありません。

実際ミクチャも配信の年齢制限はありませんが、未成年の配信は保護者の同意を必要としています。

社会通念に照らし合わせるのであれば、配信者が菅原咲月さんであろうとなかろうと、(推奨される行為ではなく、アカウントBANの可能性であることは確かですが)本人のみに責任があるとは言い難いでしょう。

本人の周りの大人やリスナー、ミクチャ運営側にも責任が発生する問題との声が大多数です。

1時間ほど煽った結果の一場面とされる

菅原咲月さんと見られる小6の配信者の方は、薄着で体育座りをし、その一場面が切り取られて問題とされています。

当時の配信を知っていると言う方は、事の経緯として「一時間ほど視聴者が煽り、問題のシーンとなった」としています。

この時に視聴者は200人ほど(900人見ていたという方も)と言われ、配信側が恐怖を感じていた可能性もあります。とは言えその後もミクチャ自体は続けていたとの事なので、実際のどう感じての行動だったのかは不明です。

因みに視聴者は「当時から配信者は性格が良く、彼氏を作りそうなタイプでもなかった」「やらかしたのは初回だけで、以降は他の配信者と同じ感じだった」としています。

Twitterから元々乃木坂46のファンだったことが伺える

Twitterの流出と言えば、何かしらの裏の顔が明らかになって問題になる事が殆どです。

ただ菅原咲月さんのものとされるアカウントは、西野七瀬さんや川後陽菜さん関連を含めて乃木坂46や欅坂46(櫻坂46)の投稿の多くにいいねやRTをしたり歌やパフォーマンスへの感動のツイートを行うなど、昔から乃木坂46のファンであったと見られることが話題になっています。

乃木坂46は3期生や4期生は元々乃木坂46のファンで、ライブや握手会に行っており、憧れて乃木坂46に入ったと言うメンバーが多く見られます。

元々2期生の伊藤かりんさんが1期生の高山一実さんのファンで、加入前から握手会に行っていたことが有名。この事から「元々乃木坂46が好きで、乃木坂46のメンバーになる」というのを伝統のように感じているファンもいます。

ただ五期生は元々乃木坂に興味が無かったと言うメンバーも少なくなく、伝統が途切れるように感じて寂しく思っているファンもいました。

そんな中で菅原咲月さんと見られるアカウントが元々乃木坂46を好きだったと見られることから、好意的に捉えるファンも多い訳です。

大々的に取り上げられることは無く自粛などは無いと見られる

今回の菅原咲月さんの流出は、本人か否かは確定されていません。そもそも小学6年生の女の子の流出に関する事なので、検証が進む事は無いでしょうし、大々的に取り上げられる可能性も低いでしょう。

また何か機密情報を流出させた訳ではなく、自身の過去が明らかになった(可能性がある)に過ぎません。

基本的に乃木坂46は加入前の出来事には不問としているので、自粛を含めた処分は下されないと見られています。

強要被害の可能性があり運営に辞退を直談判した可能性

菅原咲月さんと見られるTwitterアカウントは、2017年12月19日に「人を信用していいのかわかんない。」とツイートしています。単発のツイートなので正確な話の流れは不明ですが、ミクチャを含めたリスナーやネットとの繋がりに不信感を覚えていた可能性も示唆されています。

またそういったネットへの不信感や怖さを知っている菅原咲月さんが、「運営に活動自体を申し込んだのでは?」と心配する声も挙がっています。

実は同じ五期生の中西アルノさんと岡本姫奈さんが炎上して活動自粛をしたタイミングで、運営に活動辞退を申し出たメンバーがいたと言う話が週刊誌から出ていました。そしてこのメンバーが「菅原咲月さんなのではないか?」と予想されている訳です。

乃木坂46中西アルノさんと岡本姫奈さんが解雇との噂について徹底解説

乃木坂46 乃木坂46五期生の中西アルノさんと岡本姫奈さんの解雇が話題になっています。 今回は中西アルノさんと岡本姫奈さんの解雇の噂の詳細や実際に解雇されるのかなどについて徹底解説していきます。 コン ...

続きを見る

 

-芸能
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.