ジャニーズで今何が起こっているのかとジャニーズの闇が見える時系列を徹底解説

2022年10月から11月にかけてジャニーズ内で解散や退社・休養のニュースが多く報道されています。

11月になってもジャニーズ副社長兼ジャニーズアイランド代表の滝沢さんが電撃退社して、その直後にはキンプリ(King&Prince)メンバーの脱退も発表されました。今ジャニーズで何が起こっているのか、ジャニーズの闇が見える部分の時系列を紹介していきます。


ジャニーズで滝沢さんが退社したのちキスマイから3人脱退退社が報道

Johnny's net

「今ジャニーズに何が起こっているのか」という疑問は、11月に入ってから発表された滝沢秀明元副社長の退社と、キンプリ(King&Prince)の平野さん・岸さん・神宮寺さんの脱退発表があったことです。

滝沢さんに関しては10月31日に退社して11月1日に報道されるという、いわゆる「電撃退社」にて周知されました。キンプリの3人も翌年5月22日まではグループに在籍するとはいえ、滝沢さんの直後に発表があったことはファンからは気になっている部分です。

キンプリ脱退と滝沢さんの退社に関しては下記を参考にしてください。

King&Princeキンプリが3人脱退退所して事実上の解散となる詳細やタッキーさんについて行くのかなど徹底解説

滝沢さんタッキーのジャニーズ退所でSnow Manがついて行くのかとの噂の詳細や今後の動向など徹底解説

ジャニーズの闇が見えると言われている部分を時系列で紹介

「ジャニーズの闇が見える」と言われていた脱退や解散・退社の時系列を紹介していきます。

2016年にSMAP解散とSMAPマネージャーの退社

ジャニーズの闇が見えたことで一時期話題になっていたのが「SMAPの解散騒動」です。

SMAPは2016年に解散していて、メンバーのうち草薙剛さん・香取慎吾さん・稲垣吾郎さんはジャニーズ事務所を退所してCULEN(カレン)という事務所に所属しています。木村拓哉さんはジャニーズ事務所に残り、中居正広さんはその時はジャニーズに残ったものの2020年には退社しています。

この解散騒動の原因となったのが「ジャニーズ上層部の対立」だとメディアで大きく報道されていて、実際にインタビューで当時の副社長だったメリー喜多川さんとSMAPのマネージャーだった飯島さんの対立が取り上げられました。

きっかけとなったのが週刊文春からのインタビューで、次期社長候補の話題が出た時にメリーさんが娘のジュリーさんを次期社長にすると告げた直後に、飯島さんへの一部批判を浴びせたことです。

その後ジャニーズ内で話し合いが行われ、インタビューでも「飯島さんは辞めさせる」「派閥があるようなことを思わせるのであればSMAPと共に出ていけ」との発言がインタビューから出ています。

飯島さんはSMAPが売れていなかったころにマネージャーに就任して以降、SMAPを国民的アイドルに導いたといっても過言ではない貢献をしています。SMAPメンバーも飯島さんへの恩を感じていたのもあり、飯島さんがジャニーズを追い出される形になるのに納得ができず、飯島さんとSMAPで独立して活動することを決めました。

しかし、SMAPメンバーで木村さんが様々な意見や自身の置かれている立場を考えて退社と思いとどまり、SMAPの中でも意見が対立した結果、SMAPは解散しました。

ジャニーズの派閥問題・上層部の対立が一般市民の目に触れた一番大きな事件で、解散したアイドルがSMAPという日本でも最も知名度の高いと言われるアイドルだったのも問題点です。

2019年にジャニーさん死去

2019年にジャニーズ設立者であり社長だったジャニー喜多川さんが亡くなったことが報道されました。

長年男性アイドルグループ事務所を回してきた手腕があるためジャニーズグループの中でも一番発言力がある人物でしたが、突如として亡くなったため「ジャニーズ内でのバランスが崩れるのではないか」とも不安の声がありました。

SMAP解散事件からおおよそ3年経過した状態で、上層部で新たな対立があるのではないかとファンの不安が大きくなっていた時期です。

2020年にはメリーさんが表舞台から引いてジュリーさんに引き継がれる

2020年にはメリー喜多川さんが解任して名誉会長となり、社長としての立場は娘の藤島ジュリー景子さんに引き継がれました。

SMAP解散にも一枚噛んでいたメリーさんが表舞台から離れたことでジャニーズの闇がいくらか緩和されるのではないかとファンは考えていましたが、2016年から2020年の間にも、ベテランジャニーズタレントが一部退社しています。

期間中退社したタレント

  • 錦戸亮さん(理由不明)
  • 渋谷すばるさん(海外で音楽を学ぶ)
  • 嵐(活動休止)
  • 長瀬智也さん(裏方希望)

このうちどの程度上層部との兼ね合いや派閥が原因での退所・活動休止かは不明です(少なくとも長瀬さんは同時期に起こっていた山口達也さんの問題の影響の方が強いと見られます)。

また、メリーさんが名誉会長になったことで直接経営には関わらず、派閥争いがあったとしたら「メリー派」は「ジュリー派」へと移行した形になったと予想もされていました。

2022年10月31日に滝沢さんが電撃退社

ジュリーさんの体制になっておおよそ1年後、2022年11月1日に副社長の滝沢さんが退社したことが告げられました。

9月の時点で滝沢さんが退社する意向を既にジャニーズ側に伝えていて、一部のメディアでは「円満退社」と伝えられたものの、同時に「弁護士を通して辞任処理をしている」とも報道されています。本当に円満なら弁護士を通す必要はないのを考えると、本当に円満なのかは疑問が残る部分です。

また、滝沢さんはジャニーさんから直々に副社長を任された人物で先輩・後輩からの信頼も厚いとされている人物です。そんな人物が退社することにほとんどのジャニーズアイドルがSNSやブログで意見や気持ちを出していませんでした。

唯一インタビューに答えたのは滝沢さんの後任である元V6の井ノ原さんのみで、「ジャニーズ側の圧力で所属タレントは意見を公表できないのではないか」とも言われています。

滝沢さんに続いてキンプリの平野さん岸さん神宮寺さんが脱退

滝沢さんに続いて、11月4日にはキンプリ(King&Prince)の平野紫耀さん・岸優太さん・神宮寺勇太さんが脱退・退社することがジャニーズ公式からアナウンスがありました。

仲が良いと言われていたキンプリ脱退というだけでも驚きの声が多い中、「滝沢さんの退社から期間が短すぎて関連がありそう」とも思われています。

脱退理由は3人とも「海外進出がこのままだと難しいから」と伝えていますが、滝沢さんとの関連は各自コメントでは見られません。詳しくは下記を参考にしてください。

King&Princeキンプリが3人脱退退所して事実上の解散となる詳細やタッキーさんについて行くのかなど徹底解説

滝沢さんが辞めキンプリ一部が脱退した問題がSMAP解散と酷似している

滝沢さんおよびキンプリが退社・脱退した問題が、ジャニーズの闇が囁かれはじめた2016年のSMAP解散と似ていると話題を集めています。

共通点

  • 上層部が辞めている
  • 辞めた上層部の後を追う形でタレントが脱退・退社している
  • 派閥関係が背景にあると考察できる材料がある
  • 辞めた上層部からのコメント・表明が一切ない
  • 脱退・退社するアイドルも突拍子なく報道されている

2016年のパターンではそれまで普通に活動していたSMAPでしたが、メリーさんと飯島さんの対立が世間に露見した後は少しづつ活動に消極的になっていました。

キンプリの場合は直前に新シングル「ツキヨミ/彩り」を発表したにも関わらず脱退・退社の表明が出されました。ファンの多くは「普通こんなタイミングで言わない」とも意見が出ています。

本当に突拍子なく辞めるような出来事があったのではないかと考察できる材料にもなります。

また、「辞めた上層部の後を追う形で脱退・退社」に関しては、現時点で滝沢さんとキンプリ3人の脱退の関連に確定的証拠がないため推測の域を出ていません。

時系列からジャニーズに何が起こっているのかを考察

ジャニーズの闇が見えた時系列から、現在のジャニーズでは何が起こっているかの考察を紹介していきます。

ただし、あくまでも考察の域を出ていません。ジャニーズ側から声明があればそちらを最優先に信じて構いません。

前提として派閥はあると考えるのが自然

2022年の時点で、ジャニーズ内でなんらかの上層部の派閥があるとは充分考えられます。

2016年時点ではメリーさんが「派閥はない」と断言した上で派閥があるような振る舞いをしたとしてSMAP元マネージャーの飯島さんを批判していました。しかし、「メリーさんが意見を出して飯島さん・SMAPが反発を起こした」というだけでも厳密に言えば派閥としては成り立ちます。

2022年の場合は滝沢さんが管轄するタレント・ジュリーさんが管轄するタレントとわかりやすい形でおおよその派閥が形成されているとの説が濃く、おおよそ下記になります。

ジャニーズの派閥

滝沢さん派閥と考えられるタレント

  • SixTONES(ジュリーさんお気に入りの噂あり)
  • スノーマン(ジュリーさんお気に入りの噂あり)
  • Travis Japan(上記3組とも滝沢さんが直接手掛けた)
  • ジャニーズJr(滝沢さんが育成・指導)

ジュリーさん派閥と考えられるタレント

  • 嵐(活動休止)
  • TOKIO
  • 関ジャニ∞
  • KAT-TUN
  • news
  • Hey!Say!JUMP!
  • King&Prince
  • なにわ男子(特にお気に入りとの声あり)
  • kis-my-ft2(飯島さん派だったため冷遇の噂あり)
  • 中山優馬さん(飯島さん派だったため冷遇の噂あり)
  • sexy zone(飯島さん派だったため冷遇の噂あり)
  • ジャニーズwest(飯島さん派だったため冷遇の噂あり)

中立(ジャニーさん派)

  • KinkiKids
  • タッキー&翼(解散する前まで)
  • V6(解散する前まで)

ここでいう「派閥」とは、タレント同士の相性や仲の悪さではなく、あくまでも「どの上層部に影響を受けつつ活動しているか」です。関係がある部分だと、例えば同じ派閥のタレントの共演が多い部分くらいです。

ただし、「派閥に入っていない・方針に従っていない」という理由でなんらかの冷遇があるとも考えられてはいます(確定ではありません)。

派閥の理由は経営方針やプロデュースの方向性との説が濃厚

2022年時点での派閥の根本となる原因は「プロデュース方針や経営方針」が理由だと考えられています。

例えば、キンプリが海外進出の有無を理由に3人が脱退を宣言しましたが、海外進出をすべきかどうか、ジャニーズアイドルを売り出す方針をどうするべきなのかの部分です(ただし、どの派閥がどのような思考を持っていたかは明言がありません)。

2016年の場合は「メリーさんが飯島さんのプロデュース・マネージャーとしての手腕が高く娘のジュリーさんが窮地に立たされるのではないか」が根本的な対立の理由でした。

2022年の場合は上層部としての立場や出世は特に関係がないとの説が濃厚です。

滝沢さんが受け持ったタレントの管轄を外されて退社問題に発展した可能性あり

滝沢さんはほぼ同時期に「SixTONES」「スノーマン」をデビューさせ、2グループとも快進撃を続けています。しかし、上記2グループとも「管轄が滝沢さんからジュリーさんに移った」との噂が流れています。

なぜ管轄が移ったかですが、「売れたから」という世間の声が特に強く、仮に売れ出したから管轄を外されたのだとしたら、滝沢さんからしたら対立のきっかけになり得る場合があります。

管轄が移ったのも情報のソースが週刊誌で、なおかつ肝心の滝沢さんが退社したため現時点で本当に滝沢さんがSixTONES・スノーマンの管轄から外されたかは確認できません。

キンプリの3人が滝沢さんについて行くために退社した説について

キンプリで脱退・退社の意向を伝えた3人(平野さん・岸さん・神宮寺さん)ですが、発表のタイミングを考えて「滝沢さんについていく気ではないのか」とも噂されています。

この仮説が正しい場合、滝沢さんは海外進出に積極的(実際滝沢さんが手がけたTravis Japanは今アメリカで活動中です)で、ジュリーさんは逆に消極的もしくは他のタレントに力を入れるべきだと考えていると推測できます。

ただし、キンプリは今まで考えられていた派閥位置は「ジュリーさん派」で、派閥を考えると一部矛盾しています(メンバーごとに派閥が違った場合・ジュリーさんについていけないと考えていた場合は別です)。

キンプリがジュリーさんから冷遇される理由もなくはないです。

過去に嵐の松本潤さんがキンプリのプロデュースをしたいと打診した際、キンプリメンバーが打診を断った「松本潤拒否事件」とファンから呼ばれる事案が発生しました。

嵐はジュリーさんが直接プロデュースしたタレントで、そのタレントを拒否したとなると心象が悪くなったと考えるのは自然です。実際にキンプリ出演のオファーをテレビ局が出したところ、なかなかOKを貰えなかったとも噂されています。

逆にキンプリと滝沢さんが対立してジュリーさんが対応を重くした説もある

揉めたのはジュリーさんではなく「キンプリと滝沢さんではないか」との考察も出ていました。

海外進出を理由に脱退・退社の話が出ていたため海外進出が話の中心となり両者(キンプリで脱退する3人と滝沢さん)が対立した結果、キンプリでの活動を断念して3人が退社に至ったパターンです。

この問題を重く見てジュリーさんが滝沢さんに重く対応して、最終的に退社にまで発展したという説です。

ただし、キンプリ自体はジュリーさん管轄のタレントで、キンプリと滝沢さんが対立するというそもそもの構図に違和感があります。

滝沢さんが手掛けたタレントが干されるケースはほぼ考えられない

滝沢さんが辞めたことでファンが気にしている部分が「滝沢さんがプロデュースしたスノーマンやSixTONESが干されるのではないか」です。

少なくとも2タレントが干される可能性は低く、既にジュリーさんが管轄になっている・ジュリーさんが特にSixTONESを気に入っている噂がある・現在の売上に特に貢献している等の理由があります。

干される可能性があるとしたら、現在海外進出中とは言え滝沢さん管轄だったと考えられる「Travis Japan」、滝沢さんが育成・管轄していた「東京ジャニーズJr」です。もちろん確実に干されるわけではなく、スノーマンやSixTONESと比較した場合だと考えてください。

また、ジャニーズに残ったとはいえ「闇を残した」と一部で言われているキンプリの永瀬廉・高橋海人に関しても「もしかしたら後日流れで退社するのでは」と不安がられています。

他にはジャニーさんに恩を感じていた「Kinki Kids」も滝沢さんが舞台の指導・楽曲提供を任せることで退社・解散の引き止め工作を行っていた説が出ています。滝沢さんが辞めた今Kinki Kidsも次に退社・解散するのではないかと噂が流れていました。

King&Princeキンプリが3人脱退退所して事実上の解散となる詳細やタッキーさんについて行くのかなど徹底解説

King&Princeが事実上の解散だと話題になっています。 今回はKing&Princeの事実上の解散の詳細やタッキーさんについて行くのかなど徹底解説していきます。 コンテンツ1 キンプリが事実上解 ...

続きを見る

 

-芸能
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.