iKON全員がYGを去るのは本当に契約満了か真相を徹底解説

韓国の人気グループiKON(アイコン)が、所属事務所のYG ENTERTAINMENTを去ることが12月30日に正式発表されました。

以前から一部のファンの間では「再契約の話がない」と不安視されており、ついに現実となってしまったこの件について、YGを去る理由などを詳しく解説していきます。


iKON全員がYGを去ることの概要

12月30日の昼過ぎ、iKONメンバー全員がYGを去ることが突如として告知され、ファンを震撼させています。

まずは正式な告知内容を紐解きながら、事の詳細を確認していきましょう。

公式ホームページでiKONの契約終了が発表された

iKONメンバー全員がYGを去ることは、iKONの公式サイト内で発表されました。

公式サイト

サイト内ではメンバー個々のメッセージは公開されておらず、YG ENTERTAINMENTからの簡潔な記事のみが公開されています。

YG ENTERTAINMENTです。
弊社はiKONのメンバー(JAY, BOBBY, SONG, JU-NE, DK, CHAN)と今後の活動に関する長
い話し合いを重ねた結果、お互いの意見を尊重し、契約期間満了による専属契約の終了に
合意しましたことをお知らせいたします。
これまで所属アーティストとして共にしたiKONには心より感謝申し上げます。
今後も様々な場での活動を期待し、応援させていただきます。
iKONの旅程を共にしてくださったiKONICの皆様にも感謝いたします。
新しいスタートを準備するメンバーたちへ変わらぬ温かい声援と激励をお願い申し上げま
す。 引用元:iKONオフィシャルサイト-NEWS

7周年記念を突破しても「再契約」の話題がニュースにならなかったことから、一部のファンの間では「もしかして満了で終わるのでは?」という不安の声も挙がっていました。

その不安が的中することにはなりましたが、iKONが「解散」することが告知されたわけではなく、あくまでも「YGとの契約は終了するが、iKON継続の準備をしていく」という内容になります。

iKON全員がYGを去るのは本当に契約満了のためか

以上の記事にあるように、公式的なコメントでは「双方合意の契約満了」だけを伝えていることがわかります。

当然ながら契約は「双方が提示する条件に合意した場合」に締結されるので、何らかの理由があって再契約に結び付かなかったということは間違いありません。

しかし、現状ではいずれのメディアでも明確な契約終了の理由を発表していません。

iKON全員がYGを去る真相を予測

前述で解説した通り、iKONがYGを去る明確な理由は発表されていないので、韓国の芸能界や経歴を踏まえてiKONがYGを去る本当の理由を予測しながら解説していきます。

YGを去る理由の予測

  • 再契約の条件が合わなかった・良くなかった
  • 事務所の対応や方向性に不満がある
  • 元iKONのB.Iの事務所に移籍する

グループと事務所の方向性や条件が合わなかった

そもそも韓国では、大手事務所に所属の人気グループですら度々事務所移籍が行われることが周知の事実です。

大きな理由としては「契約条件がアーティスト側に不利」「厳しい条件での活動を余儀なくされる」などの明確な上下関係に起因します。

当初は「条件が悪くてもデビューして活動したい」と考えていても、アーティストとして大きく成長した先の再契約で、今の自分たちの価値に合わない契約内容を提示されることは決して珍しくありません。

その結果、現在の事務所を去って、もっと好条件の事務所に移籍するという結果に結びついてしまうのです。

相次ぐアーティストの離脱に事務所の問題を疑う声も多い

iKONに続いて俳優の「カン・ドンウォン」もYGを離れることを発表するなど、最近になって有力なアーティストが続々とYGを離れていく報道が取りだたされています。

所属アーティストが離れるには当然理由があるものだと考えられ、「アーティストのマネージメントや扱い」「契約条件」「経営方針」など、様々な角度で疑う声が見られています。

女性アーティストにシフト説

その一方で、何かとスキャンダラスな男性グループユニットより、トラブルのリスクが低い女性アーティストへの注力を視野に入れての「再契約なし」ではないか、という意見もあります。

実際、iKON離脱の発表当日に新ヨジャグル登場の予告を行うなど、忙しない動きが目につきます。

ハンビン所属のIOK Companyに移籍する説も浮上

現在ソロ活動で成功している元リーダーB.I(ハンビン)が所属しているIOK Companyへの移籍を予測している声もあります。

ふたたび7人での活動を夢見た希望的観測ではあるものの、可能性としてはゼロではありません。

YGから離れたあとのiKONは今後どうなるか

YGから離れることが確定となったiKONは、解散はしないものの、先の活動は非常に不透明となっています。

グループの継続やファンコミュニティー、次期事務所についてなどを解説していきます。

6人でグループ活動は継続していく

もっとも心配されていた「解散」については、はっきりと否定をされているので安心しましょう。

これからも変わらず6人でグループ「iKON」として活動をしていくと案内されています。

オフィシャルファンコミュニティーも継続予定

グローバルファンダムプラットフォームの「Weverse」では、オフィシャルファンコミュニティーの継続と「Weverse」と各種SNSを通してファンたちとの交流を続けると発表されています。

ただし、以下の内容にご注意ください。

注意点

  • iKONIC MEMBERSHIPサービスは今後も継続予定
  • 運営会社が変わるので、商品購入は当面中止
  • iKONIC MEMBERSHIPの新規入会は一時中止
  • すでに入会済みの人は既存コンテンツの利用可能

次の所属事務所はまだ決まっていないが協議中

YGからの退所は決まっているものの、次期事務所は決まっていません。

一方で自分たちでマネージメントをするために新会社設立に動いているなど、前向きな報告もされています。

ポイント

事務所移籍は珍しくないものの、次期事務所を内定した状態で移籍することの方が多く、「事務所未決定」というのはファンの間でも不安視されています。

Kep1erのように各々が別の事務所し、iKONとして活動するのかなど、不透明な点が多々あります。

これからのiKONの動きに注目していきましょう。

snowmanの解散や退所が噂されるようになった真相を徹底解説

現在、SnowManの解散やメンバーの退所が噂されています。 今回は、SnowManの解散や退所が噂されるようになった真相を徹底解説していきます。 コンテンツ1 SnowManが解散するのではないかと ...

続きを見る

 

-芸能
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2023 All Rights Reserved.