ディズニーシーミラコスタホテルが炎上している問題の流れとまとめを徹底解説

ディズニーシーの「ミラコスタ」が結婚式と仮装の関係で炎上しています。

結婚式を挙げるためにドレスや持ち物等の様々な制限があったにも関わらず、仮装パーティーに参加した人は数万円である程度自由に写真を撮影できていたのが理由です。ミラコ炎上のまとめや問題点を紹介していきます。


ディズニーシーミラコスタが炎上した流れとまとめ

ディズニーシー チャペル・ミラコスタ

ディズニーシーのミラコスタ(以下、ミラコ)が一部で炎上しています。

結婚式やチャペルも有名なミラコですが、結婚式と開催された仮装パーティーが比較された結果の炎上です。

ディズニーランドのパレードに出演するヴィランズの手下とパレードの詳細や評判を徹底解説

ディズニー仮装でミラコのチャペルで撮影したものがあったのがきっかけ

ディズニー

炎上のきっかけは、ミラコで開催された「パラディーゾ・コスチュームパーティー」で撮影された写真です。

パラディーゾ・コスチュームパーティー(以下、ミラコ仮装パーティー)ではディズニーシーミラコで仮装が行われ、仮装・コスプレをしている人なら参加できるパーティーです。

本格的な仮装から軽い仮装まで様々な仮装で参加できるものの、不快な表現がある仮装や参加者の暗黙の了解のような「古き良きイタリア風」「ディズニー風」に仮装している人が多いです。写真撮影も専用キャストが手伝ってくれます。

仮装ファンにとってはなんとしても参加したい条件で開催され、実際にTwitterに投稿されたミラコでのドレス仮装の写真が炎上のきっかけになっています。

結婚式を挙げて撮影した写真とコス写真が同等の条件で撮影できた

ミラコ炎上のポイントですが、まずミラコホテルだけでなくチャペル・ミラコスタにてドレス風の写真が撮影されていたことが挙げられます。

結婚式で撮影した写真と仮装パーティーで撮影された写真のクオリティが何も変わらない部分に違和感を持っている人が多く、「結婚式場という特別な場なのに仮装で同じようなドレスで撮影できるのはどうなの?」と意見が出ています。

さらに、「仮装が前提条件」とはいえ仮装の種類は公序良俗に反するものでない限りは参加OKだったとの参加者の声もあり、逆に結婚式ではドレスや持ち物の部分で自由が利かない部分があったのも疑問視されています。

費用は結婚式の方がはるかに高くコスイベントは数万円で済んだ

ミラコでftw(フェアリーテイルウエディング)を挙げる際の平均費用はおおよそ400万円です。本来なら挙式を行わなければチャペル内でドレスでの写真撮影が不可能で、なおかつ写真撮影でも最低20万円のプランを申し込む必要があります。

ミラコ仮装パーティーで炎上した写真はドレスの正面写真とチャペル内で座ったものがアップされていましたが、正面写真で最低20万円、座っているショットは挙式当日の撮影は不可能で、別日に40万円以上払って撮影が行われるものです。

対して、ミラコ仮装パーティーで写真撮影にかかった費用はパーティー最低参加費用の36000円(大人2人)で、参加者の一部が「2万円で撮影できた」とツイートしていたため2万円で数十万円相当の写真が撮影できていたことになります。

ミラコでftwした人が反応しミラココス参加者がさらに反応

炎上はミラコだけにとどまらず、ミラコ仮装パーティーに参加した人や高いお金を払ってミラコでftwした人も反応しています。

まず仮装パーティー参加者がチャペル・ミラコスタで撮影したドレスの写真をアップし(複数名)、それに対してミラコでftwした人が「チャペルで撮影できるのはおかしい」と声を上げていました。

さらに、仮装パーティー参加者がこの怒りに対して「なんならもっと怒りそうなところまで入った」「私いくら払ったっけ?」「全部許可を取って撮影してもらったのに」等と煽りを含んだような弁明をしていたのも炎上しています。

仮装パーティー参加者の中で特に炎上しているユーザーの投稿には多数の鍵引用リツイートが行われ、この鍵引用の内容は見れませんが、目に見える引用からはミラコ運営の批判だけでなく弁明に対しての批判もありました。

ミラコ側は仮装にて結婚式っぽいものはNGと伝えていた

「パラディーゾ・コスチュームパーティー」の公式サイト(こちらです)には記載がありませんが、ミラコ運営側は「結婚式のような仮装はやめてください」と注意書きがあったとの報告もあります。

ただし、ソースは参加者の一部だけで、「結婚式のような」の部分に具体的な基準は出ていませんでした。実際にドレスで撮影できていた人も多いです。

写真撮影の案内に関しても不備の疑惑あり

ミラコ仮装パーティーのフォトロケーションでは、チャペルでの撮影はツアープランに組み込まれていなかったとの参加者の声が出ています。

ただし、実際にチャペルでドレス撮影ができている写真を投稿しているユーザーがいるため、ツアープランに組み込まれていなかったとしても撮影自体はOKだったと考えられます。参加者曰く運営は周知していなかったとの情報も出ています。

なぜチャペルで撮影できたかについてですが、たまたまフォトロケで近くを通りかかった人やチャペルでの撮影を狙っていた人がスタッフに問い合わせを行って「問題ありません」と回答を得て撮影できたと推測できます。

以前もハロウィン仮装と結婚式が被ってトラブルが発生している

ミラコでは度々仮装パーティーが開催されていますが、2018年にもハロウィンの仮装と結婚式の関係で炎上しています。

炎上内容は「仮装パーティーの人がミラコの結婚式写真に写り込んだ」というもので、結婚式という特別な場に自分たちと無関係で場違いな風貌をしている人の映り込みが許せなかったと推測できます(もちろんミラコでftwするにあたって写真撮影にも何十万円というお金を払っているため、結婚式を挙げた側がミラコにクレームを出す権利自体はあります)。

今回も結婚式を挙げた側・仮装した側とで対立する関係ができるような炎上が起こっていて、会場も同じミラコです。

ミラコ炎上の問題点まとめ

ミラコ炎上で特に問題視されている部分と、今後のミラコ仮装パーティーについて考察していきます。

チャペルでドレスのような写真に運営が許可を出したこと

一番の問題点は、「チャペルという結婚式でしか本来なら撮影できない場所でのドレス撮影」がOKになったことです。

さらに、ミラコ運営側が本当に結婚式のような写真は遠慮してほしいと頼んでいたのだとしたら、ドレス系統の仮装での写真撮影になぜ許可を出したのかも疑問視される部分です。

ミラコ運営側からしたら仮装パーティー参加者に最大限のサービスを提供したいと考えていたと推測できます。ただし、実際に仮装パーティーの参加費用の何十倍もの費用で撮影・挙式した人への配慮が足りないのではないかと捉える人も多いです。

撮影費用の部分で仮装参加者側がマウントを取るレベルで差が出ていること

ミラコ仮装パーティーでの写真撮影は、フォトロケーションというプログラムにて専用キャストが写真撮影を行っています。素人が撮影するよりも綺麗に撮影できていて、仮装ではあるものの撮影の自由が利いています。

ミラコ挙式のオプションにあった写真と同等かそれ以上の質で写真撮影が行われ、なおかつ費用は36000円(参加費)である部分も大きな問題点です。

顧客からすると自分は大金をはたいて手に入れた限定商品・限定サービスが大衆向けに公開されかなり安い価格で同質以上の商品・サービスを入手できたわけなので、この部分で文句が出るのは妥当です。

ミラコでのftwの特別感が薄れてしまったとの声も多い

今回の炎上を受けて、ミラコで挙式した人や挙式を考えていて実際に契約した人、意見を出している人からは「ftwの特別感がなくなった」との声も多く挙がっています。

特に、今までは撮影だけで40万円相当の写真が仮装パーティーでは2万円程度で撮影されていた部分はミラコへの不信感にもつながっています。

結婚式にふさわしいウエディングドレスではなく仮装での撮影だったのも「ブランドの価値を下げている」との意見も出ています。また、ミラコは元々は「古き良きイタリアがテーマ」にもかかわらずテーマに沿った仮装ではないのに撮影許可をチャペルで出したのかとの指摘もありました。

結婚式を挙げた側も写真以外の待遇は受けて特別挙式は挙げれている

仮装パーティー参加者及びミラコ運営を擁護する声のひとつに「結婚式を挙げた側もお金に見合った待遇は受けて結婚式という特別な場の主役として参加できているはず」というものがあります。

ミラコでftwをすると決めた場合も、料金とサービスを比較してftwというサービスの購入意思決定をしたことになるので、写真撮影以外の部分で料金相応のサービスを受けていたのは間違いではありません。

ただし、ミラコの炎上では写真撮影に問題があるとされていて、写真の比較だけなら「20万円から40万円かかるはずの写真撮影が数万円程度でできていた」とも判断できます。

あくまでも写真撮影の部分だけを切り取ると「見合ったはずのお金よりはるかに安い価格でサービスが提供されていた」ことにもなり得るため、上記意見が必ずしも適切とは限りません。

今後ミラコで仮装イベントが行われるのか

今回の炎上を受けて、ミラコ運営側にもクレーム・問い合わせがある程度は来ているのではないかと推測できます(実際にクレームを入れたという人がTwitterでも見受けられます)。

仮装パーティーが原因で起こった炎上案件で、顧客への平等を考えた場合に今回の炎上が大いに問題があると判断した場合、今後のミラコ仮装パーティーにも影響があるとは考えられています。

かなり人気の高いイベントで利益が保証されているのもあって完全に廃止になる可能性は限りなく低いですが、仮装の制限(ドレスはNG・チャペルでの撮影は不可能等)は行われることもあり得ます。

ディズニーランドのパレードに出演するヴィランズの手下とパレードの詳細や評判を徹底解説

ディズニーランド(ディズニーリゾート)にて公演されているハロウィンのパレード「ザ・ヴィランズ・ロッキン・ハロウィーン」で、ヴィランズの手下もパレードに同乗していたため話題になっています。 夜時間に公開 ...

続きを見る

 

-ディズニー
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.