Twitterのウザい広告を非表示にする裏技

投稿日:

Twitterを利用していると、タイムラインに同じような広告が何度も表示されて鬱陶しいと感じたことはありませんか?今回は、そんな何度も表示される広告を非表示にする裏技を紹介します。

※Twitter Liteを使う、という選択肢もあります

「Twitter Lite」とは 使い方 違いなど

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Twitterの広告が邪魔

邪魔にならないケースも……笑

Twitter広告を大幅に減らす方法

まず、この方法で超大幅に広告を減らすことができます。

Twitterアプリの「設定とプライバシー」をタップしてください。(左上のアカウントのアイコンをタップすると表示されるメニューから行けます)

そして、「プライバシーとセキュリティ」をタップ。

 

「プライバシーとセキュリティ」を、下の方までスクロールしていきましょう。

一番下の「カスタマイズとデータ」をタップ。

そして、「広告をカスタマイズ」をオフにする。画像のように緑色が付いている状態が「オン」ですので、白い状態にしてオフにしましょう。

これで、かなりの広告を減らすことができるはずです!

広告が減る理由は、ユーザーの分析がしにくくなることにより、「ユーザーの閲覧履歴に応じて表示される広告」をTwitter側が出しにくくなるからです。

Twitter広告個別の消し方

それでは、Twitter広告を個別に表示させないようにする方法を解説します。

ここではミュート機能を使用していますが、ブロックでも大丈夫です!

まず、広告を見つけます。ちなみにTwitterでいう広告とは、ツイートの下のほうに「プロモーション」と書かれているものを言います。これは、プロモーションのために企業がTwitter社にお金を払って、ユーザーのタイムラインに強制的に表示させているものです。

広告を見つけたら、そのアカウントのページに行きましょう。

アカウントのページに行って、設定マークをタップします。

「◯◯(アカウント名)をミュート」をタップします。

ミュートとは、そのアカウントのツイートを非表示にすることを指します。

「はい」をタップ。

これで、以後このアカウントのツイートは表示されません。

何故広告を非表示にできるの?

この方法ではそのアカウント限定ですが、プロモーションツイートを表示させないようにすることができます。

これは、もともと「フォローしているがその人のツイートが邪魔だ。でも、フォロー解除するのは失礼と思われるかもしれない」という人のために用意された、ツイートを非表示にすることができる機能です。

Twitter社は、その人のツイート内容やフォロー対象を分析して、出す広告を決めています。したがって、一人のユーザーに対して同じプロモーションツイートが何度も表示される場合が結構あります

こういった場合に、Twitterのミュート機能は便利ですよね!

ミュートの確認方法

自分がミュートしているアカウントは、Twitterアプリで以下のように確認できます。

  • 設定とプライバシー>通知>ミュート中

邪魔な広告があればミュートして対応しましょう!以後表示されませんよ!

こんな方法もあるそうです……

編集後記

今回は、Twitterで表示される邪魔な広告を非表示にする方法を紹介しました。

完全に広告全部を非表示にすることはできませんが、この方法、意外と使えます!もう、「ほぼ表示されない」といっても過言ではないぐらいです。

本当に全ての広告を表示させないようにしたい場合は、GoogleChromeにAdBlock系のプラグインを積むと良いと思います!

-Twitter

Copyright© SNSデイズ , 2017 AllRights Reserved.