解説、アプリの使い方

SNSデイズ

【最新版】要注意!SNOW(スノー)に関する4つの危険と、その対処法【安全性】

投稿日:2016年9月29日 更新日:

カメラアプリSNOWは、ユニークでかわいいスタンプを用いて撮影することが可能なアプリです。

aikon

今回は、SNSであるSNOWに存在する4つの危険と、その安全な対処法についてまとめてみました。

SNOW(スノー)の運営会社は何者?安全なの?

日本でもSNOWが爆発的人気に。でも、安全なの?

SNSカメラアプリSNOWが、日本でも爆発的な人気を維持し続けています。そこで気になるのが、SNOWの使用に伴う危険。今回は、その危険について解説します。

SNOWが怖い理由

SNOWに関して、怖いな、大丈夫かな?と思う理由は、以下のものが考えられます。

  • SNSであること
  • LINEやFacebookを経由してログインしていること
  • 自分の静止画・動画をアップする場所であること

SNOWに関する4つの危険

前項のような理由から、SNOWには以下のような危険が存在すると考えられます。

  • 動画が誰かに見られる危険
  • 保存されてしまう危険
  • 位置情報が知られてしまう危険
  • SNS独特な詐欺の危険
  • 個人情報流出の危険

SNOWに関する危険とその対処法

危険に対し、一つ一つ丁寧に対応していきましょう。

動画が誰かに見られる危険

SNOWは、SNSカメラアプリですから、動画を投稿して、それを誰かが見る、ということが前提となっています。基本的には、SNOWのストーリーという機能(他SNSでいうタイムラインのようなもの)に撮影した静止画・動画を投稿する形をとります。動画を見られて困ることがあれば、絶対に公開設定を変更してください。

img_0545a

まず、画面の右下の吹き出しマークをタップ(または画面を右から左へスワイプ)し、トーク画面に行きます。

img_0560

トーク画面の右上の設定マーク(歯車のボタン)をタップし、設定画面へ。

img_05612

設定中ほどの、「プライバシー」の欄に「ストーリー公開設定」の行があります。このストーリー公開設定を変更することで、自分のストーリー(タイムライン)に投稿した画像などを、誰が見ることができるのか、を設定することができます。

img_0562

選べる範囲は以下の通り。

  • 全員→SNOWユーザーなら誰でも閲覧可能
  • 友達→SNOW上の友人のみが閲覧可能
  • 選択した友達→閲覧可能な人を友人の中から選ぶ
  • 自分のみ→自分しか閲覧することができない

一番安全なのは「自分のみ」の設定で、ストーリーに公開した動画も自分しか見ることができなくなります。でもそれではこのアプリの意味があまりなく、多くの人は次に説明する「選択した友達」でしょう。

img_0563  img_0564

画像のように、閲覧可能な友達を任意にセレクトしてくことが可能です。特定の友達にしか見られたくない方は、こちらでその友達のみを選択しておきましょう。

現状、画像・動画ごとの公開範囲設定が不可能です。なので基本的に、誰が見ているか/見ていないかは、公開設定を参照してきちんと把握しておきましょう。

※誰かに保存されるリスク、スクリーンショットを撮られるリスクも考えながら決定しましょう。

保存されてしまう危険

SNOWは、誰かに送った画像が簡単に保存されないように、スクリーンショットされた場合の通知や、自動消去タイマーの設定などを用意してくれています。

SNOW(スノー)でスクショは危険!通知で相手にバレる!?

SNOW(スノー)の使い方 加工方法 自動消去タイマー、スタンプなど

位置情報が知られてしまう危険

img_0559

SNOWをスタートすると、「SNOWの使用中に位置情報の利用を許可しますか?」というポップアップが表れます。写真や動画を撮った場所が外部に公開されてしまう場合もありますので、困る方は「許可しない」をタップしてください。

img_0567 img_0568

許可してしまった場合は、スマホの設定画面(SNOWの設定画面ではない)の下のほうに「SNOW」アプリの設定がありますので、そこをタップしてください。するとSNOWの設定画面に飛びます。

img_0569

「許可しない」を選択した状態です。「常に許可」を選択すると、SNOWアプリを使用していない場合でもバックグラウンドでGPS通信が行われることになります。特に必要でない方は、「許可しない」を選択しておきましょう。

SNS独特な詐欺の危険

img_0570cc

現状、誰でもIDを検索できるようになっています。なので、誰かが適当にIDを検索し、該当者がいればそのままメッセージを送る、ということもできてしまうんです。

img_0565aaaa img_0571

赤の他人にメッセージを送られないようにするには、設定画面のプライバシー「私にメッセージを送れる人」を選択し、全員から友達に変更しましょう。これで、友達しか自分にメッセージを送られないようにすることができます。

個人情報流出の危険

LINEやFacebookなどの連携を利用して、個人情報を抜き取る悪い人たちもいるようです。そして、LINEやSNOW、Facebookから情報が漏れてしまう、という危険もゼロではありません。念には念を入れよう、という方は以下の記事を参考にしてみてください。

SNOW(スノー)でLINEログインは危険!?一番安全な登録方法はやっぱり「メールで登録」

【裏ワザ】SNOW(スノー)のFacebookログインを丁寧に解説!安全?友達に通知は行く?情報を制限する方法も大公開!

編集後記

今回は、SNOWに関する危険について言及しました。他にも、SNOWのスクリーンショットについての危険についても記事にしていますので、気になる方は参考にしてみてくださいね。

SNOW(スノー)でスクショは危険!通知で相手にバレる!?

 

-SNOW

Copyright© SNSデイズ , 2017 AllRights Reserved.