ZOZOTOWN(ゾゾタウン)で「ツケ払い」が可能に 方法とデメリット

投稿日:

株式会社START TODAY(スタートトゥディ)が提供するZOZOTOWN(ゾゾタウン)にて、なんと「ツケ払い」が可能になりました。

今回はその方法と、デメリットについて解説します。

簡単に言うと、ZOZOTOWNに会員登録していれば、商品代金を後払い(2ヶ月後)することができます。ただし、ツケ払い手数料として324円加算されます。請求書が届くので、銀行かコンビニで支払うことになります。

ZOZOTOWNでツケ払いが可能に

ファッション通販アプリ「ZOZOTOWN」は、株式会社スタートトゥデイの提供するECサービスです。もちろんアプリも用意されていますよ!

早速アプリのスクリーンショットにも「ツケ払いできます」の文字が。支払いまで2ヶ月の猶予があるとは、太っ腹ですね。

ツケ払いとは、商品購入後に代金を支払うことができるシステムで、もともと昔馴染みの店などで「ツケにしといて」と言うような文化があったようですが、これをファッション・衣類の分野で、しかもECサイトでやるとは革新的ですね。

ZOZOTOWNでツケ払いする方法

ZOZOTOWNでツケ払いを可能にするには、以下の2つの条件が必要です。

  • ZOZOTOWNに会員登録している
  • 「ツケ払い可能」な商品である

条件と言っても、上の2つであれば簡単ですね。会員登録して、ツケ払い商品か確認するだけです。一応確認しましたが、「ツケ払いできる商品が極端に少ない」といった撒き餌的なものでは全くなく、かなりの商品がツケ払い可能でした。

とりあえずシュシュを購入してみます。まるで囲んだ「ツケ払いできます」の文字が目印ですね。

そのまま、欲しい商品をカートに入れてください。

そして、カートの中の商品を確認すると、「代金引換」「クレジットカード」の下に……

ツケ払いに関する記述がありました。会員登録をしていない方は、このまま会員登録しましょう。ちなみに、このページから出たとしても、既にカートに追加されているので問題ありません。

■会員登録に必要な情報

  • 名前(フルネーム)
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • メールアドレス

会員登録後にカートを覗いてみると、「お支払い方法」の中に「ツケ払い」とありますね。ちなみに、ツケ払い手数料として324円かかります。

日時などを指定した上で、「注文を確定する」をタップしましょう。

ちなみに、通知が面倒な方は「新着アイテムのお知らせ」のチェックボックスをオフに(デフォルトではオン)しておくといいですよ。

「注文を確定する」をタップすると、正式に注文が通り、商品発送の準備が開始されます。

ZOZOTOWNツケ払いのデメリット

ツケ払いのデメリットとして、以下のものがあります。

  • 手数料が追加で324円かかる
  • 会員登録するのが少し面倒
  • 請求書が商品発送先に届くのでプレゼントには不向き

ツケ払い手数料が324円かかりますが、これに関しては、値段の高いものをツケ払いすればあまり気にならなそうですね。

そして、商品代金の請求書が、商品の発送先に届くのでプレゼントには向いていません。ツケ払いする場合、商品到着後に届く請求書を銀行かコンビニで支払うことになります。気をつけましょう。

ZOZOTOWNの商品をキャンセルする場合

ZOZOTOWNで注文した商品をキャンセルする場合、アプリの右下の「その他」メニューを表示しましょう。「注文履歴」をタップすると、注文した商品の状況が表示されます。

注文詳細ページ下側の「注文を取り消す」をタップして、チェックマークをオンにして「確認する」をタップ。

「以下のご注文を取り消します」をタップして、「確定する」をタップしましょう。

「注文の取り消しが完了しました」と表示されると、取り消し完了です。

注文履歴・発送状況のページを見ると、上のようになっています。

編集後記

今回は、ゾゾタウンでツケ払いの注文をする方法を解説しました。これまでクレジットカードなどでは数多くありましたが、逆にECサイト自体がツケ払いを積極的に取り入れることは珍しいのではないでしょうか?

ファッションECサービスの代表として、ZOZOTOWNを運営するスタートトゥディさんの動向から目が離せませんね。

-ショッピング

Copyright© SNSデイズ , 2017 AllRights Reserved.