解説、アプリの使い方

SNSデイズ

アプリ「TELLER」結末など

投稿日:

今回はアプリ「TELLER テラー」の使い方や物語の結末など詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

アプリ「TELLER テラー」とは?

アプリ「TELLER」は二分で読める、新感覚チャットノベルアプリです。たった二分で展開する劇的ストーリーをお楽しみいただけます。

いわいるLINE感覚で読める物語のようなもので、短くそしてLINEのように読めるので読みやすくなっています。

レビューは「怖い」という意見が多いですが、物語を作る側の人にとっては使い方が難しいという意見が多いです。

TELLER
カテゴリ: ブック
現在の価格: 無料

↑ダウンロードはこちらからも出来ます。

アプリ「TELLER テラー」使い方

アプリ「TELLER テラー」の使い方を分類に分けて簡単に解説していきます。

「TELLER」小説の読み方

「TELLER」の小説の読み方は簡単で画面をタップするだけです。画面をタップするだけでどんどん言葉が表示されますので、タップして読み進めていきます。

小説の書き方

右上の「メモマーク」をタップすると自分でホラーなどの小説を書くことが出来ます。

左下の「写真マーク」は小説に写真を挿入することが出来ます。「タイトルを入力してください」の所をタップするとタイトルが入力出来ます。

「メッセージを入力してください」の所をタップするとメッセージを入力出来て、右下にある「プラスマーク」をタップすると、先に吹き出しを表示して吹き出しをタップすると文字を入力することが出来ます。

吹き出しを緑色にすることも出来て、登場人物を変える場合は吹き出しの色を変えると分かりやすいです。

左下の「プラスマーク」をタップすると、より物語にリアリティをもたせる「不在着信」を入れる事も出来ます。

アプリ「TELLER テラー」結末

アプリ「TELLER テラー」の結末を小説ごとに分けて簡単に解説していきます。

「花火大会の誘い」

主な登場人物は彼女の「高宮遥」彼氏の「柊健斗」が登場します。

彼女の「高宮遥」が彼氏の「柊健斗」に花火大会に行こ行こうと誘いますが、「柊健斗」はなかなか行きたがらず、やっとしぶしぶ行くことになりましたが、家を出ようとするお守りが切れたりドアが開かないなどのトラブルが発生し家から出れません。

するとニュースが入り花火大会で爆発事故が発生し、すでに彼女の「高宮遥」さんは亡くなっていたという話です。

「目」

これもカップルの話です。彼女の茜と彼氏の拓磨の話です。彼女の茜は「目」の病気を患って手術することになりました。

失明するかもしれないから「別れよう」という茜。「いやそんなの関係ない、目が見えなくなっても俺が茜の目の代わりになる」という拓磨。

なら今からあなたの「目」を貰いに行くね。という結末です。

「ずっと見てる」

家に居ると夜中にずっと「キシキシ」という物音が・・・。怖くなって友人に家を見てきてほしいと依頼。

友人は家を捜索。すると排水口に女性の髪の毛が。しかし本人は一人暮らし。防犯カメラを仕掛けることに。すると天井裏に「元カノ」が住んでいた。友人が出掛けている間に洗濯や洗い物を済ませて、帰宅すると同時に「元カノ」は屋根裏に隠れてずっと天井裏からこちらを見ていた・・・。という結末です。

「バケモジ」

登場人物は「玲二」「聡志」「誠」の三人です。「バケモジ」という文字がバケて文面がだんだんおかしくなりなんて言っているか分からなくなり、最後には亡くなるという謎の病気が流行っていると教えてくれた「誠」。

しかし最終的には全員が感染してしまうという結末。

「そこにいる」

ドロボウが一人暮らしの女性の家にドロボウに入った。その後女性は行方不明に・・・。

そして数日後赤いリュクを背負った女性をいつも見かけるようになり、エレベーターにのるといつもギコギコ音がして人数が満員に達していないのにブザーが・・・。

行方不明の女性はエレベーターの上で死体を解体されていたようです。

「白はやめておけ」

「翼」はインスタでの人気者。いつも「白はやめておけ」とコメントをくれる人が・・・。

なぜ白は嫌なのか尋ねると自分を虐待していた人が白い服を着ていたからということ。ある日インスタにまだ写真をアップしていないのに「白はやめておけ」というコメントが。

最終的に翼は・・・。血だらけの白いTシャツだけが・・・。

「優しい人には気をつけろ」

学校から帰宅する「まりあ」。すると後ろから肩を叩かれ、「あなた学校からストーカーにつけられてますよ」と親切な人が教えてくれた。その人が車で送ってくれることに。

最終的にストーカーはその親切な人だったという結末。

編集後記

今回はアプリ「TELLER テラー」の使い方や物語の結末など詳しく解説させていただきました。短編集が多くそしてチャット形式なのでかなり読みやすくハラハラドキドキするような展開のホラーとなっています。

-その他

Copyright© SNSデイズ , 2017 AllRights Reserved.