解説、アプリの使い方

SNSデイズ

「バンドルカード」は危険なのか?

投稿日:

今回は「バンドルカード」の使い方、登録方法や危険性などについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

「バンドルカード」とは?

「バンドルカード」とは、インターネットで誰でもすぐに買い物が出来るカードアプリです。コンビニやビットコインから簡単にチャージして今すぐ買い物出来ちゃいます。

カードを持たなくても買い物が出来て、年齢制限もありません。無料で発行出来て、年会費月額利用も無料です。(120日間利用が無ければ100円かかります)

クレジットカードのようにしてVisaが使えるお店で使えます。

ダウンロードはこちらからも出来ます↓

「バンドルカード」登録方法

「アカウント登録」をタップして下さい。次に「ユーザーID」「パスワード」「招待コード」を入力しましょう。

「招待コード」は入力してもしなくても、どちらでも大丈夫です。良ければ上記の「招待コード」をお使い下さい。入力したら「次へ」をタップして下さい。

  • 生年月日
  • 未成年は保護者の同意を得ていますにチェック
  • 性別(無回答でも良い)

を入力して入力完了したら「次へ」をタップしましょう。次に電話番号を入力しましょう。

入力したらSNSにショートメールが届きますので、暗証番号を確認しましょう。制限時間は三分です。再度アプリを開いて、暗証番号を入力して下さい。

入力内容を確認したら「利用規約に同意します」にチェックをいれて「登録」ボタンをタップしましょう。これで登録完了です。

では早速ネットで使えるバーチャルカードを発行していきましょう。「バンドルカードを発行する」をタップしましょう。これで発行完了です。

「クレジットカード」と何が違うの?

クレジットカードと「バンドルカード」の違いを簡単に解説していきます。まずクレジットカードは今現在手元にお金が無くても買い物出来ます。

今日買い物しても引き落としは30日~50日後になります。なので今手元にお金が無くても、限度額内は買い物出来るということです。

「バンドルカード」は今手元にお金がないと買い物出来ません。現金をチャージして使います。手元(口座)にお金があればチャージして、チャージしたらクレジットカードと同じようにしてネットなどで買い物が出来ます。

あと他の大きなの違いは一回のチャージ額(三万円まで)が低いことと、使える金額(月に十二万円まで)がクレジットカードよりは少なめとなっています。

「バンドルカード」にチャージするには

バンドルカードにチャージする方法は様々な種類があります。下記方法から自分のチャージしやすい方法を選択しましょう。

  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ケータイ払い
  • ビットコイン
  • ネット銀行
  • 銀行ATM
  • ギフトコード

「リアルカード」とは?

バーチャルカードとは別に、リアルカードを発行することも出来ます。リアルカードとバーチャルカードの違いは、まずリアルカードはリアルなカードが手元に届きます。そして使える範囲が違います。

バーチャルカードはオンラインのお店で利用出来ます。

  • ガソリンスタンド
  • 宿泊施設
  • 公共料金
  • 定期支払い
  • 保険料の支払い
  • 高速道路料金支払い
  • 機内販売

などでは利用出来ません。

リアルカードはコンビニ、スーパーなどリアルなお店で使用出来ます。もちろんAmazonなどでも使用出来ます。発行に300円かかり、到着には数週間かかります。

「バンドルカード」は危険?

「バンドルカードは危険?」という声が多いので詳しく解説していきます。

まず「バンドルカード」は危険ではありません。もちろん100%危険ではないとは言いきれませんが、カードを落としたり、ネットで買い物した際に登録したカード番号・セキュリティコードが漏れて不正利用・悪用される可能性も無きにしも非ずです。

しかしそれはクレジットカードにも言えることであります。

むしろ手元にお金が無いのに「ツケ払い」で買い物出来るカードより、手元お金がないと使えない「バンドルカード」の方が使いすぎを防ぐ面では安全といえます。

ただ「バンドルカード」は未成年でも作れてしまうので、子供にネットで買い物させたくない保護者にとっては少し危険な部分ではありますが、正しく賢く使う範囲ではとても便利で安全なカードと言えます。

しかも一回のチャージ額、次の限度額も低いので使いすぎを防ぐことが出来ます。

編集後記

今回は「バンドルカード」の使い方、登録方法や危険性などについて詳しく解説させていただきました。正しく賢く安全に使えばとても便利で安全なカードです。

ただチャージしたカードを落としたりしないように注意して下さいね。

-その他

Copyright© SNSデイズ , 2017 AllRights Reserved.