LINE トークで写真や画像を送受信した際に横に表示されるマークの使い方

投稿日:

スポンサーリンク

9月15日にバージョン「7.11.1」にLINEのアップデートが行われました。そのアップデート後にLINEのトークで写真や画像を送受信した際に、画像や写真の横にマークが表示されるようになりました。

今回はそのマークについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

LINE「バージョン7.11.1」のアップデート内容

9月15日にLINEの「バージョン7.11.1」のアップデートが行われました。

今回のアップデート内容は「特定バージョンのIOSでアプリが強制終了する不具合を修正しました」という内容です。

今回の大きなアップデートデート内容は上記のみとなりますが、「バージョン7.11.1」のアップデート後にLINEのトークで画像や写真の送受信を行った際に、送受信した画像や写真の横にマークが表示されるようになりました。

今回はそのマークについての解説と使い方を詳しく説明していきます。

LINE トークで写真や画像を送受信した際に横に表示されるマークについて

LINEのトークで写真や画像を送受信した際に、画像や写真の横に上記の画像のようなマークが表示されるようになりました。写真や画像の左横にそのマークは表示され、マークは下向きの矢印が四角に囲まれたような形になっています。

このマークは送受信した写真を他の友人や知り合いにそのまますぐ送れる、いわいる「シェア機能」のようなものです。シェア機能の使い方を詳しく解説していきます。

LINE「シェア機能」の使い方

まずLINEのトークを開いて、写真や画像を送受信します。すると画像や写真の横に上記のような、下向きの矢印を四角で囲まれたようなマークが表示されます。そのマークをタップしましょう。

すると送信先が表示されます。友達、グループ、トークから探せます。シェアしたい友達が見つかったらタップしましょう。

右上の「送信」をタップするとそのままその画像や写真を送信出来ます。(シェア出来ます)一回保存してカメラロールからわざわざ探す手間が省けるので、すぐ送りたい時に便利です。

編集後記

9月15日にバージョン「7.11.1」にLINEのアップデートが行われました。そのアップデート後にLINEのトークで写真や画像を送受信した際に、画像や写真の横にマークが表示されるようになりました。

今回はそのシェアマークについての詳細や使い方を詳しく解説させていただきました。

わざわざカメラロールから写真や画像を探す手間が省けてシェアしたい画像や写真をすぐシェアしたい時に便利なボタンですので、是非試してみて下さい。

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2017 AllRights Reserved.