解説、アプリの使い方

SNSデイズ

LINEみどりくじの当選確率は?

投稿日:

「5月1日、何かが起こります!」というベッキーの言葉通り、LINEユーザー全員にくじが配られた今回の企画。今回はあげた側も当選金がもらえるということで、グリーンウィークのインパクトでかいですね!

今回は、そんなLINEみどりくじの当選確率を考えてみました。

LINE「みどりくじ」”はんぶんこ”とは?スタンプ買わなくていいの?

LINEみどりくじの当たる確率

さて、ではLINEみどりくじの当たる確率はどれぐらいなのでしょうか?今までのLINEくじ企画はざっくりと以下の通りでした。

LINEお年玉スタンプ 3割ぐらいの確率で「何かしら当選」

100万円は2000万分の3程度

LINE桜くじ 100万円は2000万分の1以下

もともとLINEペイのための企画っぽいので、高額当選はそもそもあまり期待できません。さらに今回はLINEユーザー全員にくじの資格が与えられているという点がミソですね!

ただ今回は送った人と受け取った人で山分けということで、ルールが大幅に変更になっております!

LINEみどりくじの当選金・当選本数

LINEみどりくじの当選金・当選本数は以下の通り。(括弧内は一人あたりの金額)

1等 100万円(50万円) 7本
2等 10万円(5万円) 100本
3等 1万円(5千円) 1万本
4等 千円(五百円) 10万本
5等 百円(50円) 300万本

くじの総数は増えているのに、当選本数は前回とあまり変わんないですね。

そして100円が300万本……、つまり、のべ600万人の人が50円ゲットできるという……小銭はめっちゃくれますね!笑

LINEみどりくじの当選確率

結論から言うと、ざっくり10枚のくじを送信し、10枚のくじを受け取ったと仮定すると(合計20枚のくじを開封したと考える)、確率は以下のようになります!(という予想です笑)

何も当たらない 67%
何かしら当たる 33%
50万円手に入る(少なくとも1本、1等に当選する) ほぼゼロ
5千円手に入る(少なくとも1本、3等に当選する) 0.1%

つまり、50円当たるかな?当たらないかな?程度の期待は込められますね笑

By: Evonne

計算過程はこのようになっています。

今回も、前回、前々回と同様5000万人がLINEユーザーと仮定して計算してみます。(今はもうちょっと多そうです)

そのうち、くじを送る権利があるのも5000万人!今回はスタンプ購入者限定ではありませんからね。

そして、実際にくじを送る人数を以下のように仮定してみましょう。(予想に予想を重ねています!ご了承ください!笑)

くじを送る相手の人数 割合 人数
0枚 20% 1000万人
1枚〜3枚 50% 2500万人
4枚〜9枚 20% 1000万人
10枚 10% 500万人

右の列の人数に、くじを送る平均枚数を掛けてみると……合計約1億5000万枚のくじが送信されることとなります!!!(多分です。笑)

ざっくり10枚のくじを送信し、10枚のくじを受け取ったと仮定すると(合計20枚のくじを開封したと考える)、

何も当たらない確率は、

(1億4700万/1億5000万)の20乗=0.66760797175

約67%ですね。

つまり、33%の確率で「何かしら当たっている」と思われます。

では、少なくとも1本、1等(当選本数7本)の100万円が当たる確率はというと……

1-(14999993/150000000)の20乗=0.000000000……

残念ながらほぼゼロに近いです。

では三等の1万円(当選本数1万本)が当たる確率は……

1-(1億4999万/1億5000万)の20乗=1−0.9986675107=0.00133248929

こちらもほぼゼロに近いですが、0.1%の確率で当選します!!!!笑

逆に、少なくとも1本、5等(100円 当選本数300万本)が当たる確率は33%程度です。

ただし、夢はあります!

編集後記

今回は、LINEみどりくじの当選確率について考えてみました。

かなーり適当な部分もあるので、超ざっくりとした感覚で捉えてくださいねー!誰かは必ず100万円当たるんですから!笑

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2017 AllRights Reserved.