Twitterプロフ画像を、Instagramで自動アップデートする方法

投稿日:2017年1月8日 更新日:

Instagramがすごい勢いで伸びてきており、最近では他大手SNSとの連携が話題になっています。そんな中で気になるのは、「操作の自動化」。様々なことを自動的にやってくれたら嬉しいですよね。

Instagramで#profileタグを付けて投稿すると、それを自動的にTwitterのプロフィール画像に設定できるようになるやり方を紹介します。本当に簡単にできる上に、今後も他の便利な機能を利用できるようになるので、是非試してみてください。

Instagramの投稿をTwitterのプロフィール画像に

 

Instagramの投稿を自動的にTwitterのプロフィール画面に設定します。これが可能になると、インスタで投稿するときに「#profile」というタグをつけるだけでプロフィール画像が自動的に変更されるので、Twitterのフォロワーに対してよりワクワク感を与えることができますね!

IFTTTを使って連携する

まずは、IFTTTというアプリをインストールします。このアプリは、SNS間の連携を本家よりも自由に行うことができる超大手アプリです。これで、他の人よりも一つ上の「シェア」をしてみましょう!

IFTTT
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

IFTTTを開いたら、まずは「Search」タブを開いてInstagramと検索(またはInstagramのアイコンをタップ)しましょう。その中に、色んな連携機能(アプレットと呼びます)があります。

 

左の画像のアプレットを探しましょう。(探しにくいかもしれませんが、左画像右側のスクロールバーの位置を参考にしてください)。アプレット適用時に、各種SNSの認証画面が出るので、そのときはアカウント名とパスワードを入力してくださいね。

「Use Instagram to update your Twitter profile picture.」、つまり「Instagramを使ってTwitterのプロフィール画像をアップデートする」という意味ですね。このアプレットをタップしてください。

右の画像の画面に来たら「Turn on」の部分を左から右にスワイプしましょう。

コンフィグ(設定)画面が出てきます。

Receive notifications when this Applet runs・・・これをオンにすると、このアプレットが適用された場合に、IFTTTから自分に通知が来ます。つまり、Twitterの画像がアップデートされたときに通知が欲しければオンにしましょう。

その下の「profile」と書いてある部分は、「#profile」というタグを付けてInstagramに投稿すると、アップデートが行われますよ、という意味です。この文字列は変更できます。例えば、ここの文字列を「tweet」にすると、「#tweet」というタグを付けたツイートが、アップデートの合図になります。

IFTTTのこのアプレットがオンになりました。では、試してみましょう。

Instagramの連携を確認する

では試してみます。バイキンマンの画像を使用してみます。

フィルターもフレームもかけてみました。笑

それではInstagramに投稿します。投稿時に「#profile」というタグをつけるんでしたね。これで、Twitterのプロフィール画像が変わればOKと。

変わりました!やったことは、「#profile」というタグを付けてInstagramに投稿しただけです!これで、Instagramにお気に入りの画像を投稿するときにこのタグを付けると、いつでも簡単にプロフ画像をアップデートできますね!

 

ちなみに、IFTTTアプリも覗いてみましょう。「Activity」の欄に「Applet ran(アプレットが走りました)」と表示されていますね。

アプレットをタップすると、どんな画像が投稿されたのか、も見ることができます。

編集後記

今回は、Instagramを使ってTwitterのプロフ画像をアップデートする方法を解説しました。かなり便利でクールな機能なので、是非使ってみましょう!

IFTTTの面白そうなアプレットがあれば、教えてくださいね!

-Instagram

Copyright© SNSデイズ , 2017 AllRights Reserved.