インスタのLIVE(ライブ)を見るとバレる?足跡、スクショなど

投稿日:2017年1月20日 更新日:

Instagram(インスタグラム)のLIVE(ライブ)機能の見る/見られる、バレる/バレない機能について解説します。

InstagramのLIVE機能には足跡機能が備わっており、LIVE配信したあとには、自分のLIVEを見に来たユーザーを確認することができます。

InstagramのLIVEを見ると足跡がつく?

InstagramのLIVE機能を見ると、結論としては配信者にバレます。足跡というか、参加履歴がつきます。

試しにLIVE配信してみました。配信者側で、ライブ中に左上の「目の形のアイコン」をタップすると、現在の視聴者を確認することができます。

 

そもそも、SNSBOYSが参加したことが、下の通知でわかりますね。さらに、LIVE終了時に、LIVEに参加した人のアイコンの一覧を見ることができます。

※画像のアイコンはデフォルトですが、これはSNSBOYSがデフォルトに設定されているだけです。つまり、アイコンを設定している人はそのアイコンが表示されます。

以上のことから、ライブ配信者は以下の3つの方法で、ユーザーが参加したことを知ることができます。

  • 視聴者が参加したとき
  • 目のアイコン
  • ライブ終了時

スクリーンショットを撮ると?

試しに、ライブ配信中にスクリーンショットを撮影してもらいました。

しかし、SNOWのように通知らしきものはありませんでした。

SNOW(スノー)でスクショは危険!通知で相手にバレる!?

ライブ配信を見てほしくない人がいる場合

ちなみに、ストーリー・ライブを表示したくない場合は、ストーリー投稿の左上のメニューで設定することができます。

逆に、ライブを見る側にはこのような形で通知が行きます。

そして、「ライブを表示したくない人」をオンにしてみると、LIVEが始まったこと自体、通知されませんでした。

Instagramのライブ機能を、一部だけ制限したい

Instagramで、自分のライブ・ストーリーを見せたくない人がいる場合は、上記のように設定画面から、個別に「ライブとストーリーを見せない人」を設定することができます。

-インスタ

Copyright© SNSデイズ , 2017 AllRights Reserved.