アプリ「Huji cam」の使い方を徹底解説

投稿日:

今回はカメラアプリ「Huji cam」の詳細や日付の入れ方、撮影方法など徹底解説していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アプリ「Huji cam」とは

カメラアプリ「Huji cam」はまるで1998年代のような撮影が楽しめるアプリです。あの有名な「富士フィルム」が開発したアプリで、今この瞬間をフィルムカメラのように撮影出来ます。

使い方は至って簡単でシンプルです。ただ撮影するだけで難しい加工は一切必要ありません。

Huji Cam
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料

↑アプリは上記からダウンロード出来ます。

アプリ「Huji cam」の使い方

アプリ「Huji cam」の使い方を分類に分けて徹底解説していきます。

「Huji cam」撮影方法

最終にカメラの許可と通知の表示が出てきます。

次に進むと最初はこの緑のカメラが表示されます。被写体(撮影したいもの)に携帯のカメラのレンズを近づけると、カメラが全体表示になり撮影しやすくなります。

あとは撮影するのみです。右にある黒い丸ボタンが撮影ボタンです。

「Huji cam」で写真に日付をいれる方法

ただアプリ「Huji cam」で撮影するだけで、勝手に右下に日付が入ります。(最初の設定は98年の日付になっています)

「今の日付」もしくは「日付無し」にするには

まず右上の「Lab」をタップしましょう。次に「三マーク」をタップしましょう。

一番上の「日付」をタップしましょう。

  • 「'98」
  • 「げんざい」
  • 「なし」

から日付の種類を選択出来ます。

日付の形式を変えるには

上記と同じ手順で日付の下に「形式」をタップしましょう。

  • 「自動」
  • 「年/月/日」
  • 「月/日/年」
  • 「日/月/年」

と形式を変更可能です。

撮影した写真を確認するには

右上の「Lab」をタップしましょう。ここに撮影した写真が表示されています。

撮影した写真をカメラロールに保存するには

撮影した写真をカメラロールに保存するには、まず「Lab」をタップしましょう。次にカメラロールに保存したい写真をタップしましょう。

写真をタップすると上記画面になりますので、赤い丸で囲んである「↓」マークをタップしましょう。「保存完了」と表示されましたら、保存完了です。

撮影後に加工するには

既に撮影している写真もしくは撮影後の写真を加工することは、残念ながら「Huji cam」では出来ません

シェアするには

撮影した写真をシェアするには、まず「Lab」をタップしましょう。次にシェアしたい写真をタップしましょう。

左下の「四角に囲まれた矢印マーク」をタップしましょう。するとLINEやインスタなど表示されますので、タップしましょう。ここから投稿出来ます。

写真をアプリ内から削除するには

撮影した写真をアプリ内から削除するには、まず「Lab」をタップしましょう。次に削除したい写真をタップしましょう。

すると右下に「ゴミ箱マーク」が表示されますので、タップしましょう。「写真の削除」をタップすると削除完了です。

ライトを付けるには

赤い丸で囲んである「Flash」マークをタップしましょう。ここからフラッシュをたいて撮影が可能です。

各種マークの説明

その他の細かいマークの説明をしていきます。

  • ①→インカメラ・アウトカメラの切り替え
  • ②→無作為光の効果の活性化・無効化の切り替え
  • ③→タイマー(1回タップで3秒、二回タップで10秒と切り替え)
  • ④→写真の品質を原本と低解像度で切り替え可能

どんな写真が撮影出来るのか

上記のようなレトロなフィルム風に撮影出来ます。

編集後記

今回はカメラアプリ「Huji cam」の詳細や日付の入れ方、撮影方法など徹底解説させていただきました。レトロなフィルム風な撮影が出来て、難しい加工も一切必要ないシンプルなアプリです。

-カメラ・画像

Copyright© SNSデイズ , 2017 AllRights Reserved.